なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
究極の検証ソフト「システムトレードの達人」
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
個別株のシステムトレードをするなら資金量を考慮できるソフトでなければ使い物になりません。 シス達はもちろん資金量を再現できます。
「手数料考慮」「ザラ場指値、寄り指」「動的フィルター、静的フィルター」「ダウや日経など指数によるフィルタリング」「ドテン売買」「複数ストラテジーの同時検証」「ストップ安、ストップ高の除外」「空売りや成行注文の際の資金枠の拘束」など、実際のトレードに極めて近いバックテストが可能 です。
驚くべきはサポート体制。例を挙げると「バージョンアップ無料」「追加して欲しい指標や機能の要望OK」「定期的なユーザーどうしの交流会」。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、「システムトレードの達人」を超えるソフトを作るのは、かなり難しい と思います。

2018年11月12日

【実弾運用録】2018年11月2週目

【トレード成績(株;システムトレード)】

今週の利回り:-7.16%
年利:-2.3%(完全複利で運用)
月:-2.2%、火:-1.4%、水:-1.3%、木:-0.7%、金:-1.6%

********************

先週の木曜日から7連敗。
しかも毎日1%クラスの負けが続いています。

基本的に空売りのシグナルしか出ないので
売ってしかいませんが、これが原因です。
ただ、たまに買うとこれも下げる悪循環でした。

これでもレバレッジを2/3にしたので、
今までどおりのハイレバだったらと思うと背筋が寒くなります。

まぁマイナスはまだ2%程度だし、
11月12月は得意な月なので、
暴落の影響が薄まれば年間プラスは何とかなるとは思いますが。
年間プラスが目標とは何とも情けない限りです…。

今、他のことに取り組んでいるので、
(一緒に研究している仲間との約束で詳しくは書けません)
こちらが完成したら資金を回す予定です。

個別株平時:資金1/4
個別株暴落:資金1/2
新しい取り組み:資金1/4
来年はこのような感じの資金配分をイメージしています。

今週は勝てるかな…。
とりあえず連敗を止めたい。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 09:59 | Comment(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

空売り改良のポイント

引き続き、空売りの改良をしています。

去年や今年のザラ場を見ていて思うのは、
どんなに銘柄を選んでも(パラメータを工夫しても)、
相場全体が上げてしまえば、ほぼ負ける
ということです。
しかも一昔前に比べて、一方的に動きやすい気がします。

つまり、個別銘柄の選定と同じくらい(場合によっては個別銘柄の選定以上に)
全体相場の値動きが大事で、ダメな相場は
フィルターで丸ごと削ってしまうのもアリ
かなと思うようになりました。

今までもダメそうな相場は、フィルターで軽めに削ってきましたが、
もう少し本格的にフィルターを研究して、
フィルターで少し削る量を少し多めにしてみます。

使っているストラテジーは、
ここ3年を除けば、フィルターがなくてもビシッと一直線のきれいな資産曲線で、
少し多めにフィルターで削っても、利益を生む機会が減るだけで
オーバーフィットにはなりにくい(=検証結果は歪みにくい)だろう
と考えています。

もう、平時で極限まで儲けに行くのは止めることにしました。
平時は、多少の利益は削っても、できるだけ損を出しにくい運用を心がけ、
暴落時に大勝負して儲ければいいかなと思っています。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 00:32 | Comment(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

狂気の国、韓国

韓国の最高裁が、新日鉄がいわゆる元徴用工に賠償するような判決を出した。

この判決は何重にもおかしい。

・いわゆる徴用工ストーリーは捏造である
韓国の主張するいわゆる徴用工は、朝鮮半島からの単なる出稼ぎ労働者だった。
奴隷労働もさせられていなければ、給料もきちんと支払われていた。

・終戦以前の貸し借りは1965年の日韓基本条約で終わっている
日韓基本条約で、日本の朝鮮半島(国家としての韓国+北朝鮮)はもちろん、
朝鮮人(韓国国民と北朝鮮国民)への債務はない。
半島の国民への個人賠償の義務は、一義的に韓国政府にしかない。

・事後法で裁くことはできない
戦後にできた法律や道徳で、終戦前の出来事を有罪とした。
具体的な内容以前に、そもそも法論理が破綻している。

この、ド素人の私にもわかる理屈を、
韓国最高裁の判事は、15人中たった2人しかわからなかったようだ。

韓国政府は、
「日韓関係に影響が出ないようにしたい」
「日韓両国が知恵を出さなければならない」

盗人猛々しいとはまさにこのこと。

てめぇのケツくらいてめぇで拭け。

韓国は日本に甘え、筋の通らない反日をやり続けたツケが回ってきた。
ほぼレッドチーム入りしたし、経済的にも吹けば飛ぶような国なのだから、
日本政府は冷たく対応すれば良い。



↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 紫苑 at 21:31 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする