なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。

2017年05月25日

防衛銘柄、裁量で買うか?

戦争前夜のような雰囲気は、一旦、後退したように見ます。

ただ、北朝鮮は軍拡を続け、22日の中距離弾道ミサイルの発射成功で、
おそらく少なくともハワイを射程に入れました。
いつまでアメリカが我慢しているでしょうか。

一時噴いた防衛銘柄、今は落ち着いている印象です。
しかもまずまず底堅い動き。

個人的には今が買い時なのではないかと思います。

4月に噴いた防衛銘柄の代表的なものを挙げておきます。
6208石川製作所(防衛・戦争といえば石川製作所ですね)
4274細谷火工、6203豊和工業、7963興研、6911新日本無線、
8093極東貿易、6946日本アビオニクス、7721東京計器

まぁ裁量ですけどね。
小遣い程度、突っ込んでおきます。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 羽月 庵 at 03:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

加計学園:民進玉木の苦しい言い訳

何だろう。もう哀れにすら感じる。

加計学園の件、追求の(不名誉な)急先鋒ではあるが、
同時に、獣医師会との癒着も指摘されている玉木雄一郎が、
自身のブログで言い訳をしている。
私が質問したのは、日本獣医師会の既得権益を守るためか?

森友:100万円を寄付した(かどうかすら怪しい)安部夫人
加計:100万円の献金を受けた業界を擁護する(ようにも思われる)質問をする玉木雄一郎
客観的に見ればどちらに違法性がにおうか。

で、100万円の献金は「法令に基づき適切に処理されて」いるから「何の問題もない」?
問題なのは、献金の処理の仕方ではなく、
献金を受けた団体の既得権益を擁護したことなのだが。

玉木自身の行為は、法令に基づいているから問題ない。
一方で、加計学園の認可も違法性はない(玉木自身が認めている)けど問題と。

自分に甘く他人に厳しい、ダブルスタンダードの民進党そのもの。

これ、国会で延々と時間を使って何も出なかったら、
森友と併せてきっちり落とし前をつけてもらわないとな。

学園モノを延々と掘り下げるのは、民進党内で一致できるのが倒閣だけなのだろう。
民進執行部は政権交代などと未だに白昼夢を見ているようだが、
それでは政権を取って何をしたいのか、民進党からはサッパリ伝わってこない。
潔く解党して、早く共産と合流したらいい。

民進党+共産党=共に民主党 ┐(´〜`)┌

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 羽月 庵 at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

システムトレード:今年の傾向

あまりにも資産が増えないので、
足を引っ張っているストラテジーは何なのか、
すべてのストラテジーを単体で2017年1月から検証しています。

基本のテンプレート(*)は、もちろんすべて持っています。
型にはない独自のストラテジーも5本くらいあります。
このすべてを単体で検証しました。

*ストラテジーのテンプレート(型)
システムトレードを安定的に運用するには、外せない“型”があります。
詳しくはこの記事この記事をお読みください。

結果…ぱっと見た感じの直感的な印象ですが、

・トレード数自体が少ない
・去年ボロボロだったデイトレ系も含めてひどく負けているストラテジーはない
・一方で激烈に勝っているストラテジーもない

・ハズレが目立つのはトレード数が少ないせいかもしれない


といった具合でしょうか。

確かに今年は信用枠が余りまくっているイメージがかなりあります。
ボラが小さいのでしょうか。パラメータを緩くするのも違うし、仕方ないです。
去年から、このチンタラした相場、いつまで我慢すれば良いのでしょうね。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 羽月 庵 at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする