なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
究極の検証ソフト「システムトレードの達人」
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
個別株のシステムトレードをするなら資金量を考慮できるソフトでなければ使い物になりません。 シス達はもちろん資金量を再現できます。
「手数料考慮」「ザラ場指値、寄り指」「動的フィルター、静的フィルター」「ダウや日経など指数によるフィルタリング」「ドテン売買」「複数ストラテジーの同時検証」「ストップ安、ストップ高の除外」「空売りや成行注文の際の資金枠の拘束」など、実際のトレードに極めて近いバックテストが可能 です。
驚くべきはサポート体制。例を挙げると「バージョンアップ無料」「追加して欲しい指標や機能の要望OK」「定期的なユーザーどうしの交流会」。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、「システムトレードの達人」を超えるソフトを作るのは、かなり難しい と思います。
*シス達正規版を買うなら、備考欄に「紫苑の紹介」と書いてください。ほんのり良いことがあると思います。

2019年04月21日

4月21日システムトレーダーズミーティング打ち合わせ中!

4月21日のシステムトレーダーズミーティングで
講師を務めることになったのは、以前にお伝えしたとおりです。

お申し込みページはこちら

先日、フェアトレードの西村さん・中原さんと打ち合わせをしました。

大まかに、

・1億円達成までの道のり
・1億超えで見える世界
・システムトレードで勝てない人(自分)へ

という3部構成でお話しをすることに決まりました。

「1億」「1億」と書いているのはインパクトがあってわかりやすいからで、
自分としては1億はただの数字、通過点であって、
1億を超えたからといって取り立てて大きな変化はありません。
このあたりもセミナーでお話しますが。

道のりでは、運用資産の推移と検証の内容やトレンドを13年分話します。

自分の運用のステージを、初心者、中級者、上級者と3つに分けました。
(上級者かどうかは大いに疑問がありますが、便宜上、このように分けたということです)
それぞれのステージでもらった大きなDD、
初→中、中→上とそれぞれ覚醒したポイント(だいたいDDがきっかけ)、
覚醒後の検証の変化をお話しします。

自分自信でも、日経平均のチャートを見ながら、
プライベートも思い返し、過去を懐かしく振り返れました。

1億で見える世界では、まとまったお金(1億円というより)を手にしたことで、
どのような世界が見えるか、あるいはどのように見られるかをお話しします。

この種のセミナーでは、とかく儲けることばかりフォーカスしがちですが、
私の現状をお話しすることで、
「儲けた先の世界」をリアリティーをもって考えられるのではないかと思います。

最後のシステムトレードで勝てない自分(人)へというパートでは、
私が今まで会ってきたシステムトレードで結果を出せない人、
あるいは、結果を出せない時期の自分の共通点をお話しします。

また、率直に言って、ここ数年は統計がききにくい相場が続いています。
統計がききにくい相場が「続いている」だけなら単純に我慢すれば良いだけですが、
統計がききにくい相場に「なった」のなら大問題です。
もし後者であるなら、相場へ別のアプローチも考えられる訳です。

今、私がシステムトレードで取り組んでいること、
あるいは相場へのアプローチについてもお話しします。

という具合に、かなり具体的になってきました。

当初は、セミナーの講師を引き受ける自信がなかったのですが、
これなら、少なくとも中級者までなら満足頂ける内容に仕上がると思います。
当日、お会いしましょう。

お申し込みページはこちらです。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 23:59 | Comment(0) | シストレサイドストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

クソコンテンツ:柳橋塾、IPOクラブ(エンジュク)

久しぶりにクソコンテンツを紹介します。

エンジュクの柳橋義昭氏(てっぺん柳橋)

■人間性への疑問1:見解が180度変わるツイッター

まずは氏のツイッターを。
3月の日本国土開発(1887)は見送り銘柄ですね。
私はパスします。。。(;´Д`)
3:31 - 2019年2月17日
https://twitter.com/yanagibashi01/status/1097096183359524865

日本国土開発は見送り・・・申し込む人はいるのかな?(;´Д`)
19:56 - 2019年2月17日
https://twitter.com/yanagibashi01/status/1097344036292112385

日本国土開発を申し込んでいる人はいるのかな?(;´Д`)
18:32 - 2019年2月19日
https://twitter.com/yanagibashi01/status/1098047666523582465

億トレーダーavexfreakさん国土を手にしてますね。
私も注力して獲得したけど、この株数までは取れなかった。。。(;´Д`)
20:30 - 2019年2月27日
https://twitter.com/yanagibashi01/status/1100976435324305410

日本国土開発。複数取れたけど、希望株数には届かず(;´Д`)
20:43 - 2019年2月27日
https://twitter.com/yanagibashi01/status/1100979713865015297
魚拓↓
yanagi_uso.JPG

情勢に対応して、投資の見解が変わるのはまぁあるかなと思います。
たとえば、買い推奨を見送ったり、売り推奨をホールドしたり。
このくらいなら理解もできます。
他の投資家の意見を聞いて、見解を変えることもあるでしょう。

ただし、投資行動がここまで正反対になるのであれば、
いくらツイートとは言え、訂正はするべき
だと思います。
個人投資家ならまだしも、卑しくも、セミナーの講師として
カネをもらっている立場の人間がして許されることとは思えません。

極めて不誠実です。

■人間性への疑問2:柳橋塾→「体調不良」→IPOクラブ

氏は2018年11月まで「柳橋塾」という会員制のセミナーの講師をしていました。
体調不良を理由に、塾を終了させました。

が、12月にはラスベガスへ旅行。

そして、塾の最後の懇親会で「IPOクラブ」の発足を発表。
2019年1月から、金額を数倍にして半年更新(42万=7万*6ヶ月)、
コンテンツは塾とほぼ同じと思われるIPOクラブを始めました。

IPOクラブへの参加資格は、当初は柳橋塾の卒業生のみとの触れ込みでした。
卒業生だけですぐに満員になる皮算用だったのだと思います。
しかし、集客が非常に悪かったようで(定員40人が発足時は10〜20人)、
結局、一般にも募集するようになりました。

卒業生は、高額な受講料と発足の経緯に納得できなかったのではないでしょうか。

これでは本当に体調が悪いのか?と疑われても仕方ありません。
値段を上げて客数を制限したければ、正直に言えば良いだけです。


■コンテンツへの疑問:受講生のパフォーマンスを把握していない

IPOクラブへの入会、当初、私は検討しました。
高額でしたが、トレードで下手をすればすぐに吹き飛ぶ額だし、
本当に結果を出している人であれば、自分で試行錯誤するより早いからです。

コスパについて(受講料を回収できるか)調べるために、
エンジュクと氏にいくつか質問しました。

そのやり取りの中で入会しないことに決めた決定的な理由があります。

それは

柳橋塾の受講生のパフォーマンスについて答えられない

ことです。

利回りについての質問は完全無視でした。

わからなければ「わからない」「早急に調べる」などと回答すれば良いと思います。
この重要な質問を無視するのは、不誠実です。

回答なしを私なりに解釈すると(回答がないので解釈するしかない)、

・受講生の利回りを把握していないとすれば
セミナーの内容の(適切な)改善が難しい

・受講生の利回りを把握しているが
(悪すぎて)答えられらないのならそれも大問題

・利回りがわからなければ
募集サイトの謳い文句「再現性が高い」は氏の単なる主観


以上から、月7万円も払い、貴重な時間も使って参加するに値しないと判断しました。

余談ですが、公私共に付き合いのあるフェアトレードの西村さんに、
試しに同じ質問をしましてみました。
「概ね把握している」ということでした。

■まとめ

私は氏やエンジュクと関わることは、金輪際、一切ありません。

それは、手法の巧拙ももちろんありますが、
このような人間性や姿勢に不信感で一杯だからです。


もっとも、あちらさんも私のような「うるさい」人は、
「客」にはなりえないので、お断りでしょうがね。

エンジュク関係者や柳橋義昭氏本人がこのブログを見て、
釈明や弁明や反論があるなら是非聞きたい。
それが納得できるものであれば、このエントリーを消します。

以上、自腹を切ったクソコンテンツの紹介でした。
(久しぶりにクソコンテンツを引かされて気分が悪い)

IPOのセカンダリーについては、
氏の提唱する手法とは全く違うアプローチを数人で研究しています。
こちらの方がおそらくセカンダリーの核心のはずなので、
完成すれば(大変そうですが)、確度が高いと思います。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 06:31 | Comment(0) | 詐欺商材撲滅運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

【実弾運用録】2019年3月3週目

【トレード成績(株;システムトレード+裁量少々)】

■システムトレード
今週の利回り:2.33%
年利:6.5%(完全複利で運用)
月:+1.4%、火:+1.4%、水:-0.6%、木:+0.1%、金:-0.1%

■システム+裁量
年利:12.2%(先週比+2.3%)
年間見込み配当:対年初資産比1.4%

********************

最近、本業が忙しくて、ほとんどシステムトレードの内容を確認できていません。

前半は謎に調子よく(何が良かったのだろう?)、
後半はシグナルがほとんど出ませんでした。
最近のシグナルの少なさは尋常ではなく、
シス達のシグナルを回しても、スッカスカな一覧です。

さて、問題の裁量。

任天堂PO、デサントTOB、システム情報昇格で稼いだのに、
裁量ではほぼ資産が増やせていません。

敗因は、インデックス買いと外しまくっているのと、IPOセカンダリーです。
特にIPOセカンダリーは、どこまでがボラで、どこからがトレンドなのかわかりにくく、
損切りができずに下げにダラダラ付き合ってしまいます。
IPOセカンダリーはしばらく止めます。

空中戦のような取引は、苦手というか、
ザラ場に張り付いていられないので無理なのでしょう。

結果、イベント投資と割安高配当に落ち着くのかなというところです。

先週末から下げるかなという雰囲気だったので、
少し裁量のポジションを落としました。
結果的にはダマシでしたが、明らかに買うタイミングではないので、
減らしたままにしてあります。
日本株は異様に弱いというのもあります。

米国株関連のETFを買いました。
ダウとS&P500の連動ファンドです。
日本株をごちゃごちゃいじるより、こっちの方が手っ取り早い気がします。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 21:00 | Comment(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする