2021年12月31日

紫苑のオススメあれこれ(本、証券会社、ツールなど)

スマホだと、上や左が表示されないようなので、オススメを記事にしておきます。
パソコン用に作っているブログなので、できればPCでご覧頂くとうれしいです。
■当ブログのメインカテゴリー
システムトレード成績
実践的ストラテジー理論
優良投資情報&投資本
時事問題(政治系の記事)
ツイッター→紫苑@システムトレーダー
■検証ツール
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
ソフトの性能はもちろんですが、驚くべきはサポート体制。
バージョンアップ無料、追加の要望OK、ユーザーどうしの交流会、セミナー。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、シス達を超えるソフトはかなり難しいのでは。
*正規版を買うなら備考欄に「紫苑の紹介」と書いてください。少し良いことがあります。
■投資本

システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
株のシステムトレード利益が出るロジックのつくり方(斉藤正章)
私の師匠、斉藤正章さんの本。
システムトレーダー初心者から中級者へのステップアップは、一通りの「型」を揃えること。
全部自分で一から作りますか?外してはいけないパラメータはわかりますか?
この本を読めば解決します。
「型」についてはこちらの記事

なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのかわかりますか。投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動き、振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)を作るのもは何でしょうか。
シストレ以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
詳しくはこちらの記事

ネット株の心理学(小幡績)
値動きの向こう側の心理についてわかりやすく書かれています。
サンバイオの暴落を逆張りできたのは、この本を読んでいたからです。
詳しくはこちらの記事

イベントドリブントレード(羽根英樹)
相場の歪み、制度の歪み、参加者の歪みなどを利益の源泉にする方法が書かれています。
リバランス、PO、TOB、優待、IPO、他、様々なイベントの歪みを
どのように利益に抽出するか。
テクニカル的な値動きそのもの以外から収益を上げたいなら必読。
詳しくはこちらの記事
■サイト
結果を出すトレーダーは、それぞれ哲学を持っています。
哲学を感じられるブログをご紹介します。

*****イベントドリブン(TOB、MBOなど)*****

つなわたりのまいにち(さと)
さとさんはイベントドリブントレードのエキスパート。科学的で尊敬しています。

Stock Data Center
茶間さん(ツイッター名は「Mr.微淫」)のブログ。まだ若いのに素晴らしい分析力

Multi_layerさんのnote

Barbarian's Opinion

*****システムトレードのサイト*****
株システムトレードの教科書
公私ともにお世話になっている西村さんのサイト。
基本的なことが書かれています。初心者はもちろん、復習用にも。

*****米国株のサイト*****
やすブログ(ディフェンス重視)
もみあげの米国株投資(相場観、ニュース速報まとめ)
■スポンサードリンク
こちらから買って頂けるとブログ運営の費用になります
トレーダーズショップ
アマゾン
楽天市場

楽天トラベル
さとふる
posted by 紫苑 at 23:59 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

【実弾運用録】2021年4月2週目

■システム+裁量
今週+4.4%(4月6.0%、年間17.0%YH・LH)
ほぼシステムのみの少額口座:+3.2%(年間16.3%)

*システムのみの少額口座に追加入金
利回り、本来はDCF法?などで計算すべきなのかも知れないけど、
面倒なので、入金後の金額を年初から運用したとして計算。

**********

今週はIPOセカンダリーが噴きました。

温めていたウェルスナビ。
ここは自信があったので、ボラの高いIPO銘柄にしては
腰が抜けるほど突っ込んでありました。

ここは強いですね。
マザーズが調整したときもあまり下げませんでした。
今週の上昇はさすがにやりすぎだろうと思って8日に一部利確しました。
8日のローソク足は、教科書的には高値からの反落を示唆なのですが、
金曜日にさらに株価を飛ばして驚きました。

それからウィングアーク。
一部直接上場はIPO後の1ヶ月は強い傾向があるので、
ここもレンジを売り買いしながら玉を拾っていました。

IPO直後は、銘柄の評価やバリュエーションは定まっておらず、
売買の需給もはっきり出る傾向もあります。

理解できない銘柄はトレードできないので数は限られますが、
これ!と思えるものは、他のトレーダーより有利な勝負ができます。

対照的に、JR、JAL・ANA、金融は振るわず。
脚を引っ張りました。

今週作った新しい大きなポジションはTOB観測の東芝です。
TOBが「あれば」、4800〜5000円。
4500円でポジション作ってみました。
これに関しては完全にお祈りです(‐人‐)

米国株はハイパーグロースを切って身軽になったポジションで
半導体とGAFAMを中心に買ってみました。

GAFAMは去年の9月から鳴かず飛ばずでしたが、
1月のネットフリックスの好決算を受けてやっと上昇かという動きをみせました。
そこにWSB騒動が直撃。
不遇を囲っていましたが、ようやく復調しました。

システムは順調。

売り買い持つように意識的に組んでいるので、
相場自体の影響は受けにくくなっています。
ボラがあれば利益になるといった具合です。

来週も米国株は基本的に上昇基調でしょう。

値動き次第ですが、私は少なくとも再来週の前半には、
裁量は相当量のポジションをたたんで降ります。
押したら買い直し、押さなかったら(可能性は低い)システム1本で。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 18:49 | Comment(0) | トレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月09日

【田中泰輔レビュー】何が変わる?米株コロナ禍相場クライマックスへ

裁量に必須なグローバルマクロ。
そのグローバルマクロの第一人者である田中泰輔さんを
このカテゴリーでフォローしていきます。

何が変わる?米株コロナ禍相場クライマックスへ
(マーケットディーパー 令和3年4月8日)

基本的には今までと同じ内容でした。

ここまでの相場の復習:
去年3月から今年3月までの株、ドル円、債券(10年金利)

これからの相場の展望:
デフレギャップ解消の時期がどんどん前倒しに→残りの上昇トレンドは3〜6ヶ月
中腹を取る意識→すでにある程度高いので時間分散より早期参入
ただし幅広い銘柄が上がる

新しい話は季節調整指標がそれなりに歪むかも知れないということです。

サブプライムショック後の相場の経済指標を見ると、
季節調整をしたとしても、歪む可能性がそれなりにあります。
3〜5月の指標(発表は4〜6月)は上振れ、
6〜8月の指標(発表は7〜9月)は下振れるでしょう。

ただし、上振れるから良い/下振れるから悪いという単純なものではありません。
たとえば相場がそれなりに上がったときに
市場が織り込んでいない上振れの指標が発表されると、
景気加速がイメージされ、インフレ懸念・長期金利上昇→株下落
となる懸念があります。

一方で相場がまだ若い段階で上振れれば、
景気加速がイメージされるのは同じですが、
株にはサポート的に解釈されるでしょう。

要は、サプライズ的な上振れ下振れが、相場にどうぶつかってくるかで
解釈や反応が変わります。
特に相応に上がった相場に上振れ指標がぶつかってきたときは要注意です。

という内容でした。

難しく深い内容なので、何度か見ることをオススメします。



ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

posted by 紫苑 at 04:02 | Comment(0) | 米国株とグローバルマクロ投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする