なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
株よりチョロい? ビットコイン関連のオススメ
ビットコインにマウントゴックスの「怪しい」イメージがあるなら、それはもったいない!
食わず嫌いをせず、騙されたと思って、BTCのファンダを学んでみてください。

 これでわかったビットコイン
ビットコインのファンダメンタル的な側面の理解が深まる本です。
理解しにくいビットコインのシステムや裏付ける技術を簡単に解説しています。

 1時間でわかるビットコイン入門
ビットコインの具体的な使い方や運用の仕方をわかりやすく解説した本です。
取り敢えず「買ってみる」ならこの本で充分です。

ビットコイン トレードグランプリ BitFlyer(ビットコインの取引所)
ビットコインのトレードならBitFlyerがダントツ
(管理人は主要なブローカーは全て開設し、比較・検討しました)
チャート見やすい、ツール使いやすい、出来高多い、手数料安い。
BF経由のネットショッピング(楽天市場など)でBTCの還元もアリ。
SBI、GMO、MUFG、電通、リクルートなどが出資しているので、資金的な裏付けも万全。

2017年06月23日

【トレード成績】2017年6月4週目

【トレード成績】2017年6月4週目
今週の利回り:+2.37%
年初からの利回り:15.4%(完全複利で運用)

感覚的には、今週はかなり好調でした。

それでも+2%かぁ。
年利100%を稼ぐにはこれをずっと続けなければならない。
管理人は年利100%(1年で倍以上になる)を何回か達成していますが、
こんなに大変なものだったかな…と思います。

新しいコンセプトのストラテジーが完成間近です。

おそらく日本でもトップランクのシステムトレーダーとのミーティングが
また8月にあるので、それまでに恥ずかしくないような仕上がりにしなければ。

ビットコインもまぁまぁ儲かっています。
買うタイミング、売るタイミング、ポジション量(資金管理)など、
システムトレードで相場の基本は身についているので、
ビットコイン&裁量用にアレンジすれば、裁量の遊びでも勝てます。

相場の基本はシステムトレードで学んで頂くとして、
ビットコイン用のコツは、まとめてみようかなとも思っています。

ビットコインや暗号通貨関連の記事は、こちらのカテゴリににまとめてあります。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 羽月 庵 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

森友・加計・テロ準の本質:これが民進党

森友も加計も、民進党は何を論点にしたかったのだろう。

森友は、辻元清美(民進党)の北朝鮮系生コン業界との癒着が浮上すると、
笑えるくらいわかりやすく急速にフェードアウト。
加計は、玉木雄一郎(民進党)の獣医師会との癒着が浮上すると、急速に論点をずらす。

どちらも掘った墓穴に自らが落ちた。

森友問題の本質は、8億円の値引きが適正であったか。手続きが適正であったか。
この国有地売却の価格やプロセスの透明化という本質はほとんど議論されず、
籠池がどうの、昭恵夫人がどうのという次元の低い議論に終止した。
どうやら民進党を始めとする野党の諸君は、抽象化した議論は苦手のようだ。

加計学園の件にいたっては、何が問題なのかサッパリわからない。
そもそも、加計学園は玉木雄一郎自身が早々に「違法性はない」と認めていた。
玉木が別所哲也に追求され「違法性はない」動画

「1校に限定」させたのは、政府ではなく獣医師会側の「強い要望」であり、
1校となれば、役所的には、ポッと出の京都産業大より、
10年以上も取り組んできた加計を優先させるのは当然だとのこと。
また、玉木が根拠にする石破4条件こそが岩盤規制そのものなのだから、
風穴を開けるのに特区を利用するのは何ら問題ないのではないか。

前川喜平や元部下の牧野美穂のリークが、
守秘義務違反か公益通報かが問題になっているようだ。
ただ、これも民進党は公益通報だと言っても虚しいだけだ。

2010年の尖閣諸島近海で、海上保安庁の巡視船に中国の自称“漁船”が衝突した事件。
当時は、民主党政権、総理大臣は菅直人だった。
中国への“配慮”で菅政権が隠蔽した動画を、義憤から公開した海上保安官・一色正春氏。
一色正春氏は書類送検・退職(起訴猶予)、一色氏の上司は懲罰を受けた。

違法性のない加計学園より、明確な犯罪行為の尖閣諸島中国漁船衝突事件の方が
はるかに公益性が高いと思われるので、一色氏が書類送検なら、
前川や牧野も同等かそれ以上の対応をするのが合理的と考えるが、いかがだろうか。
少なくとも、元民主党が前川や牧野の公益通報を主張するのは論理が破綻している。

そもそも、どちらも違法性はないのだが、難癖をつけたのは
・国会の審議時間を潰してテロ等準備罪の審議をしない(採決させない)
・あわよくば安倍内閣を倒閣する
のであるが、
所詮は難癖なので論理的な追求ができず、イメージ戦略に終止するしかない。

肝心のテロ等準備罪の審議は、
維新の会・東徹議員の質問中に法相問責決議案を提出し、審議を妨害する暴挙を働いた。
「テロ等準備罪、他党の質問を問責決議案提出で妨害する民進党・真山勇一」動画

ちなみにこの問責決議案を提出するタイミング、
他の野党(共産・自由・社民)にとってもダメだったようで、
“身内”の社民党の幹部からも批判される始末だ。
民進党の国会戦術に他の野党幹部「どうしたいの?」

民進党の支持率はさらに落ちて4.2%(前月比▲0.8%)と風前の灯火で、
都議選のように、国政選挙前後で離党者が相次ぐだろう。
しかし、民進党の肩書きを下ろしたからと言って、人間が変わるわけでは決してない。

先日、民進党を離党した長島昭久の離党後のぶっちゃけトーク。
報道特注【長島昭久議員インタビュー】離党のワケ
長島は民主・民進の中でもマトモだと言われていたが、
民主・民進に籍を置く(置いた)連中は、この程度かと思わざるをえない。

山尾志桜里が能力高いとか、ガソリンレシート拾ってきたのがうっかりとか。
辻元清美がリアリストだとか、勉強熱心だとか(勉強しても反日・売国なら日本には不要)。

極めつけは「選挙のために小池百合子と組みます」
選挙については、次回の国政選挙での日本維新の会の議席を見ればわかる。
今はネットがあるので、真剣に仕事をしていれば結果が出る時代だ…と思う。
民主・民進にいるような連中は、煎じ詰めると「選挙互助会」だのだろう。

元民進の肩書きは忘れてはならない、見落としてはならない。
現に、都議選では、都民ファーストに民進離党組が相当流れ込んでいる。

「ちょっと待て その無所属は 元民進」
「気を付けろ 暗い夜道と 元民進」


↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 羽月 庵 at 02:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

【トレード成績】2017年6月3週目

【トレード成績】2017年6月3週目
今週の利回り:-0.08%
年初からの利回り:12.7%(完全複利で運用)

今週は大当たりと大外れを引き、わずかにマイナス。

市場全体のボラが少ないせいか、
シグナルが少なく、信用枠が余りまくっています。
ストレスがたまりますが、このような相場は本来はシステムトレードは苦手。
苦手な相場をしのいでいるので、強くなったということでしょうか。

この開いているのか閉まっているのかわからない相場、いつまで続くのでしょう。

ビットコインの方は、裁量ですが少し儲かっています。
ビットコイン売買特有の法則のようなものがあり、少しずつ身につけているところです。
ビットコインや暗号通貨関連の記事は、こちらのカテゴリににまとめてあります。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 羽月 庵 at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする