2019年05月18日

平時の戦略(FXサヤ取り、店舗型証券会社、仮想通貨)令和元年5月ver

ご覧のように、適切にストラテジーを作れば、
暴落はほぼ確実に儲けることができます。

問題はむしろ平時の運用でしょうね。

私が考えつく平時の運用は以下のとおりです。
(暴落への対応を基本とします)


■システムトレード

もちろん基本はシストレ。
ただし、暴落時とは根本的にエッジが違うので、
薄いエッジに合わせてレバレッジを小さくします。



■FXサヤ取り

FX戦略1.トルコリラスワップサヤ取り
 買いブローカー:みんなのFX
 売りブローカー:クリック証券FXネオ(*1)

FX戦略2.ユーロ/ズロチ間スワップサヤ取り
 (ズロチ円)買いブローカー:FXプライム
 (ユーロ円)売りブローカー:みんなのFX(*2)

(*1)トルコリラの売りにFXネオを使うのは、
売りスワップがそこそこ安いのもありますが、
一番の理由はクリック証券内は株とFXの資金移動が早いからです。
*クリック証券の有用性と資金移動はかなり重要なので、近いうちに記事にします。

(*2)当初、ユーロ/ズロチはFXプライム内で完結させる予定でしたが、
たまたまトルコ売のみんなのFXのユーロ円売りスワップが高かったので、こちらを採用。
これでみんなのFXは、トルコ売り・ユーロ買いをすることになり、
円に対してはニュートラルに近くなります。


■仮想通貨(暗号通貨)

令和オープニング暴落で、株が暴落すると、円高、ゴールド高に加え、
仮想通貨がオニのように値上がることがわかりました。
暴落の収束局面で仮想通貨はきちんと値を下げたので、そういうことなのでしょう。

合理的な理由はわかりません。
ただ、北朝鮮がミサイルと撃つと石川製作所が上がるように、
「株暴落=仮想通貨高」というイメージが投資家に刷り込まれれば十分です。

仮想通貨はどれも上昇トレンド入りをしたので、
この暴落が落ち着いたら株のヘッジに少しだけ買うのも良いかもしれません。
ビットコインと、アルトでもメジャーなリップルでも買っておこうかと思っています。

仮想通貨買・アメリカ買の変則サヤ取りも考えています。


■店舗型証券会社

あとは店舗型の証券会社で、POやIPOをこつこつ拾って、
手堅く小銭を稼ぎましょうかね。


ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 03:26 | Comment(0) | 非シストレ戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

【実弾運用録】2019年5月3週目

【トレード成績(株;システムトレード+裁量少々)】

■システムトレード
今週の利回り:+6.2%
年利:10.6%(完全複利で運用)

■システム+裁量
年利:13.3%(先週比+4.4%)

********************

暴落の月曜日→火曜日で激烈に儲けたにも関わらず、
水、木、金と1%ずつくらいやられて、6%まで削られてしまいました。
どうも暴落後の相場はイマイチです。

おまけに、大きめの誤発注をしてしまいました。
-1%少々の誤発注。裁量にカウントしました。
今週はプライベートが忙しくて寝る時間もまともにとれず、
注意力が散漫だったのが原因です。

裁量で稼いでいたので冷静に対応できましたが、
そろそろ裁量の貯金もなくなってきたので心配です。

裁量も模索中ですが、相場は張らずに、
大暴落後のリバウンドと、POやIPOなどの確実な案件に絞った方が
良いのかもしれません。

忙しくてもストラテジーの改良と新作は進めています。

一つは暴落用のストラテジーです。
@区切り1.jpg
@区切り2.jpg
これは両方とも同じストラテジーですが、
「あるもの」で区切るとこんなに成績が違います。

もう一つはデイトレの空売りです。
空売り1.jpg
空売り2.jpg
2タイプ作っています。どちらももう少しですね。
直近数年に合わせているのでそれ以前がイマイチですが、
2014年までと2015年からでは、日銀さんの存在感が違うので、
直近に合わせる方が良いと判断しました。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 20:08 | Comment(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

領土を取り返すのは戦争;一般論としては正しいが…

日本維新の会の丸山穂高議員の発言が物議を醸している。

「北方領土を戦争で取り返すのに賛成か反対か」

一般論として、戦争で奪われた領土を取り返すには、
戦争か、あるいは戦争に準ずることをするしかない。
沖縄と小笠原は、占領サイドが領土的野心のない戦後アメリカで、極めて稀な例だ。

そもそも北方領土は、日本が無条件降伏をした8月15日以後、
日ソ不可侵条約を一方的に破ったロシアが、
武装解除をした丸腰の日本兵を蹂躙して不法に占拠した。
許すまじき行為だ。

「戦争で取り返す」という気持ちも良くわかるし、
「戦争でしか取り返せない」というのも事実だ。

外交とは、カネと武力だ。

右手の拳を振り上げながら、左手の札束で頬をひっぱたく。
これが「正しい」外交だ。

仮にリアルに戦火を交えなくても、
武力オプションをちらつかせることで解決できることも少なからずある。

北朝鮮が拉致した日本人を返さないのは、
チャイナが尖閣周辺の領海侵犯をするのは、
韓国が竹島を不法占拠するのは、
ロシアが北方領土を返さないのは、
日本に武力オプションがないからに他ならない。

戦後70年、日本が(見せかけの)平和の中で過ごせたのは、
憲法9条のおかげではなく、アメリカの武力のおかげだ。

アメリカが世界の警察を止めた今、
日本が、ロシアに侵略されたクリミア、
チャイナに蹂躙されたウイグルのようにならないと
誰が言えるだろう。

戦争をするしないは別にしても、戦争をできる国にしなければならない。
一般論としては正しい。

ただし、国会議員が公けの場で発言するのはどうだろう。

日本の外交に武力オプションを加える
(あるいは、戦争で北方領土を取り返す)
と思っているのなら、決意は胸の奥にしまって、
法律を作ったり、憲法改正をしたりして、実現させるのが国会議員の仕事。

あのような場で、酒を飲んで戦争の可否を問うのは、
アホ野党が、国会をサボってデモに参加するのと変わりないように、
私の目には映る。

不規則発言的に戦争や武力オプションを持ち出すのも、
おサヨクたちの格好の的になる。
9条改憲が遅れるという意味でもマズかった。

議員辞職が適切なのかは私にはわからないが、
辞職勧告に対する丸山さんの反応を見ると、
本質をわかっているのか、極めて疑問と言わざるを得ない。

丸山さんは国士だし、国会の質疑を聞いても有能そうだったので、非常に残念だ。

posted by 紫苑 at 12:16 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする