2019年05月28日

クソコンテンツ:柳橋塾・IPOクラブ(エンジュク)再び

以前、柳橋義昭氏のクソコンテンツっぷりを書きました。
(以前の記事はこちら

気分が悪くなるので、エンジュクからのメルマガは全て登録削除しました。

が、今度はトレーダーズウェブから案内が届きました。
何なの?(# ゚Д゚)

夕凪式イベント投資法プロフェッショナル講座【柳橋流実践編】

イベント投資は夕凪さんをパクり、IPO投資はJACKさんをパクり、
インセンティブを払うどころか、断りもないらしい。

さらにこの講座、「夕凪式イベント投資法プロフェッショナル講座」なのに、
Q&Aにはこんな文言があります。

「本講座には夕凪氏は登場いたしません」

ん? (つд⊂)ゴシゴシ

「本講座には、夕凪氏は、登場
い・た・し・ま・しぇん(`・ω・´)キリッ」


えぇ〜!!! これ、許されるの?

夕凪式イベント投資法プロフェッショナル講座ですが、
本講座には夕凪氏は登場せず、パクった柳橋氏が講師を務めるそうです。

いや、相変わらずすごいね。
腰が抜けるほど驚きました。


ちなみに、柳橋氏の手法、再現性は言うほど高くはありません。

決済について直接聞いたことがあります。

紫苑「買い時はわかりました。
売り時は…利確と、特に損切りは、いつあるいは何%ですか」

柳橋「売り時はそれぞれです」

え? 今、何と?

柳橋「売り時はそれぞれです」

はい、この人はこの程度です。
これを聞いてがっかりしたのを鮮明に覚えています。
システムトレーダーなら有り得ない回答ですね。

トレードの基本を教えずにIPOセカンダリーという最難関にチャレンジさせる
元塾生には信用取引すら知らない(≒つなぎ売りをしない/できない)人もいる
「買って上がるまで放置」のような人たちが多い


驚くべきことです。

柳橋氏は塾生に「◯円で◯株買った、◯円で売った」みたいなメールを
寄越していましたが、本当に売買しているか、怪しいものです。
後からなら何とでも言えます。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 15:04 | Comment(0) | 詐欺商材撲滅運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

【実弾運用録】2019年5月4週目

【トレード成績(株;システムトレード+裁量少々)】

■システムトレード
今週の利回り:+2.6%
年利:13.2%(完全複利で運用)

■システム+裁量
年利:15.9%(先週比+2.6%)

********************

今週は、今日(金曜日)以外はたいしてポジションを持っていないにも関わらず、
負けたのは木曜日だけで、満足できる結果が出せました。

印象としては、デイトレや1泊2日の買いが機能しているかなという感じです。

システムは、先週末の大型勉強会でいくつかアイデアがわきました。
次回の勉強会は8月なので、それまでに形にするべく、検証しています。

裁量は、時期的なものもあり、
イベントドリブントレード以外はほとんどやっていません。
ポジションはできる限り小さくしています。

今週のイベントドリブンとしては、
3249産業リートPO、そこそこの配分を頂き、
さらにリートのPOなのでリスクをとって今日からしばらくお祈り期間。
お祈りの利益も乗せているので、来週が楽しみです。

FXの片張りが苦戦しています。

方向はだいたい当てているのですが、利益につなげられていません。

為替と株、どちらも相場ものですが、値動きのクセが違い、
どのように張ると儲かるのか、試行錯誤しているところです。
FXとCFDは税金の関係で法人名義で運用していますが、
幸い、先週の暴落で株から利益が上がっているので、少しなら損を許容できます。

イメージ的にはもう少しなんですけどね。
相場とトレードを噛み合わせるのに、何かパーツが足りません。

小さいロットから始めて、勝ちパターンを作り上げます。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 17:10 | Comment(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

平時の戦略2(CFDとGMOグループの有用性)令和元年5月ver

前回に引き続き、実行中の平時の戦略をお伝えします。

今日はクリック証券のCFDを活用した戦略です。
クリック証券のCFDが良い理由は後述します。


・VIを売る

CFDの主な運用方法は「VIの売り」です。
暴落はいつか収束します。VIを売ることで暴落の収束をお金に換えようという戦略です。

暴落銘柄数100近い暴落が起き、20銘柄程度まで減少したら、
暴落が(一時的に)収束したと見なして、VIを売ります。
VIはアメリカ株の指標ですが、米国株の暴落の指標を持っていないので、
日本株のもので代用します。

注意点は、証拠金を十分に積み、レバレッジをできるだけ少なくすることです。
予想に反して再び暴落したときにロスカットにならないように。

*「くりっく株365」もCFDですが、VIの扱いはありません。
*クリック証券のCFDは他にもアメリカや中国の個別株などの扱いもあります。


・アメリカ買い/日本売り

残念ながら日本は経済政策も金融政策もアホなので、
このまま実体経済も株価も急浮上するとは考えにくいです。
そこで自国の株価にコミットしているアメリカを買い、日本を売ります。

日本売り:ベア型のETFを買わない理由
ベア型のETFは減価がひどいので、長期保有には向きません。

日本売り:先物を売らない理由
米国買い:ETFを買わない理由
相場が動いたときに資金移動をさせるのが面倒だし、
先物は限月をまたぐロールオーバーを忘れるかもしれません。

*このサヤ取りは日本の消費増税の延期が決まったら解消します。


・金(ゴールド)を売る

金はここのところレンジで動いているので、
高値圏にあれば(暴落時は高騰しやすい)売ってみるのも一つだと思います。

さらに、クリック証券のCFDであれば、金を売ると金利がもらえます。
2019年5月だと1CFD(約14万円)あたり1日+10円、これだけで年利2.6%になります。
*DMM証券のCFDは売っても買っても金利はマイナス


・クリック証券の有用性

クリック証券は、このようにCFDをフル活用できます。
また、FXサヤ取りで、トルコリラの売りで使えます。

暴落時は、平時のポジションを一度閉じて、証券口座に資金を移動させる必要があります。
今回の暴落で、資金移動に時間がかかるのが、
平時と暴落時の運用をスイッチングするのに意外に大きな障害になるのがわかりました。

クリック証券は同一口座内で移動できるので、資金移動に時間がかかりません。

また、証券会社→銀行口座の資金移動は、通常は1日以上かかりますが、
GMOあおぞらネット銀行との「証券コネクト口座」を使えば、出金も瞬時にできます。

↓↓GMOあおぞらネット銀行の口座開設↓↓


資金移動に時間がかからないと、リアル店舗のPOに参加するときなどに、
ギリギリまでシステムトレード用に資金を残していられます。
(これは資金効率を考えるとかなり重要なことです)


このように、クリック証券のCFDや、グループ内の資金移動を考えると、
GMOグループは平時の戦略ではかなり重要だと思います。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 08:29 | Comment(0) | 非シストレ戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする