2019年05月18日

平時の戦略(FXサヤ取り、店舗型証券会社、仮想通貨)令和元年5月ver

ご覧のように、適切にストラテジーを作れば、
暴落はほぼ確実に儲けることができます。

問題はむしろ平時の運用でしょうね。

私が考えつく平時の運用は以下のとおりです。
(暴落への対応を基本とします)


■システムトレード

もちろん基本はシストレ。
ただし、暴落時とは根本的にエッジが違うので、
薄いエッジに合わせてレバレッジを小さくします。



■FXサヤ取り

FX戦略1.トルコリラスワップサヤ取り
 買いブローカー:みんなのFX
 売りブローカー:クリック証券FXネオ(*1)

FX戦略2.ユーロ/ズロチ間スワップサヤ取り
 (ズロチ円)買いブローカー:FXプライム
 (ユーロ円)売りブローカー:みんなのFX(*2)

(*1)トルコリラの売りにFXネオを使うのは、
売りスワップがそこそこ安いのもありますが、
一番の理由はクリック証券内は株とFXの資金移動が早いからです。
*クリック証券の有用性と資金移動はかなり重要なので、近いうちに記事にします。

(*2)当初、ユーロ/ズロチはFXプライム内で完結させる予定でしたが、
たまたまトルコ売のみんなのFXのユーロ円売りスワップが高かったので、こちらを採用。
これでみんなのFXは、トルコ売り・ユーロ買いをすることになり、
円に対してはニュートラルに近くなります。


■仮想通貨(暗号通貨)

令和オープニング暴落で、株が暴落すると、円高、ゴールド高に加え、
仮想通貨がオニのように値上がることがわかりました。
暴落の収束局面で仮想通貨はきちんと値を下げたので、そういうことなのでしょう。

合理的な理由はわかりません。
ただ、北朝鮮がミサイルと撃つと石川製作所が上がるように、
「株暴落=仮想通貨高」というイメージが投資家に刷り込まれれば十分です。

仮想通貨はどれも上昇トレンド入りをしたので、
この暴落が落ち着いたら株のヘッジに少しだけ買うのも良いかもしれません。
ビットコインと、アルトでもメジャーなリップルでも買っておこうかと思っています。

仮想通貨買・アメリカ買の変則サヤ取りも考えています。


■店舗型証券会社

あとは店舗型の証券会社で、POやIPOをこつこつ拾って、
手堅く小銭を稼ぎましょうかね。


ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 03:26 | Comment(0) | 非シストレ戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする