2019年07月14日

投資で勝てる人と勝てない人の違い

ニッセイが興味深いレポートを書きました。
個人投資家1万人調査 勝ってる人の7つのルール

ここ3年、勝ち続けた人と負け続けた人の違いを調査したそうです。

勝てる人の特徴は、
米国株にも投資、中長期保有、レバレッジはかけない、独自の選択ルールがある

負ける人の特徴は、
短期売買、国内中心、FX、レバレッジをかける、テクニカル重視、話題の株に飛びつく

要するに、勝ち続けられる人は、
「純投資で強いセクターを長期保有する」
ということです…一般的には。


一方で、ゴリゴリにレバレッジをかけ、国内の短期売買中心で、
ボラの高い(おそらく)話題の株を売買して勝っている私たちシステムトレーダーは、
かなり異端というか貴重な存在ということになります。

私が裁量を始めたのはここにあります。

このニッセイのレポートにあるような
「勝ち続けた人」の要素を少し取り入れること。

システムトレードは信用でやるとして、
信用の担保を、現金ではなく純投資の長期保有にすると
さらに資産の増え方が加速するのではないかと思います。

まぁ理論上は、ですが。
時間と体力の限界があるかもなので、
システムトレーダーでもできる純投資が確立できると良いのですが。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 22:11 | Comment(0) | 非シストレ戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

選挙はbadかworseかworstの選択

参議院選挙だ。

今回ほど投票先に困った選挙もない。
それでも、有権者の義務として、あるいは未来の世代のために、
何とか答えを捻り出さないといけない。

そもそも「投票すべきところがないから選挙に行かない」という考えは、
「世界は白か黒の二つに分けられる」と同じくらい幼稚だ。

選挙はgood、better、bestの選択ではなく、
所詮、bad、worse、worstの選択でしかない。

「どれもダメなのはわかっているが、
それでも一番マシな政策は何か」ということだ。


■worst:問題外

・共産党
「中国やロシアのような国に住みたいか」という選択
私は住みたくない
ちなみに破壊活動防止法の適用団体

・立憲民主党
鳩山由紀夫や菅直人の政権の主要メンバーがいる政党
民主党の頃の日本に戻りたいかという選択
有り得ない

立憲民主党については言いたいことは山程あるが、
書くと長くなるので今回は主要メンバーのご紹介だけ。
ご興味のある方はネットで調べて頂きたい。
枝野幸男、辻元清美、謝蓮舫、山尾志桜里、菅直人、
福山哲郎(陳哲郎)、ハイハイ青山、チャック初鹿
よくもまぁこんなに集めたものだな。

・社民党
拉致被害者を見殺しにした社会党の成れの果ての政党
自称慰安婦問題を焚き付けた福島瑞穂が
未だに看板を張っていることでお里が知れる
有り得ない

・NHKから国民を守る党
社民党と連携を模索した時点でNG
「社民党を看板のかけかえをする」

以上、政策の検討以前、問題外。

もっとも肝心の政策も、国会質疑を見ていると、
スキャンダル追求がメインで、政策の話を始めると頓珍漢。

もりかけ、平均賃金、年金2000万。
よくもこれだけ的を外せるものだと、ある意味感心した。
私には恥ずかしくてムリなレベル。


■worse

・れいわ新選組
山本太郎の政策は全く支持できないしキャラクターも吐き気がする。
が、誰かの入れ知恵とは言え、政策論争をしたいらしい。
放射能への言説(デマ)や、MMTを見ていると、理解力が乏しいのかと思う。

・国民民主党
何をしたいのかよくわからない政党
党首の玉木雄一郎がその時々の小さな風になびきすぎ、
言うことがコロコロ変わる。
保守をやりたいらしいが、共産党とツルむ小沢一郎と組んでみたり。
まぁ皇位継承の政策を見ると、理解力がないのか、共産色が強いのか。

・公明党
ここも何をしたいのかよくわからない政党
国政では自民党と組む一方で、地方では強い政党になびく。
都知事都議選では小池と組み、大阪では維新と組む。
維新と切れかけれるも、国政で潰される可能性があるとわかるとすり寄る。
おそらく政策で何かを実現することではなく、権力の近くにいることが目的なのだろう。
憲法改正の事実上の反対勢力なのも頂けない。


■bad:検討に値する


・日本維新の会
政策は支持できるし(ただし緊縮路線は除く)、大阪で実績も出している。

良い点:
真面目に政治をやる姿勢が見られる
国会質疑が本質を突いて鋭い
大阪都構想は応援する

悪い点
緊縮路線が国政で通用するのかは大いなる「実験」になる
外交に問題がある橋下徹の影響が色濃く残っていると言わざるを得ない
協調性に欠ける議員が目につく


・自民党
自民党は左から右まで広いので評価の対象は安倍さんにする。

良い点:
安全保障を含む外交はピカイチ
景気はある程度良くなり、雇用状況は大幅に改善した

悪い点:
内政は非常に疑問(アイヌ、外国人労働者など)
憲法改正はホントにする気があるのか
特にこの時期の消費増税は最悪


消去法で2択にしかならない(≒マトモや野党がいない)のが日本の不幸だ。

維新については

丸山穂高氏の即時除名、ロシアへの謝罪、鈴木宗男氏の入党、
を考え併せると、ロシア寄りなのかなと思えたこと

足立康史氏の靖国神社についてのツイートがプロ意識を著しく欠き、
その対象が恩義のある百田さんや有本さんだったこと

どちらかなら目をつぶって維新に入れていた。
が、合わせ技一本で、今回はNGということにした。

消費増税の自民党(安倍さん)に投票することになった。

消費増税をどう考えるかだが、
・まぁうちは2%程度なら困らないし。
・少し景気が悪くなった方が、本業のスタッフ募集も楽になるし。
・本業は景気の影響はあまり受けないし。

ということで、増税はスルー。

今までは日本全体や次の世代のことも考えて断固反対だったのだが、
ZやZの口パクのオールドメディアのプロパガンダに乗せられる情弱が多いので諦めた。
増税の私への影響は、トレードが多少やりにくくなる程度で、本質的には困らない。

まさしく輝かしい外交の実績と、憲法改正への最後の淡〜い期待を込めて、
自民党というより安倍さんを選択する。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 紫苑 at 08:16 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

【実弾運用録】2019年7月2週目

【トレード成績(株;システムトレード+裁量少々)】

■システムトレード
今週の利回り:-0.4%
年利:15.3%(完全複利で運用)

■システム+裁量
年利:22.4%(先週比-0.5%)

********************

やっちまいました。

やや大きめの誤発注をやらかしました。
今週の負けはまるまる誤発注です。
きちんとトレードしていればゼロくらいでした。

いくら裁量でコツコツ稼いでも、
システムの誤発注でゴッソリ持っていかれるようでは…。

トレード結果には載せていないCFDは、
日本売りアメリカ買い、韓国売りアメリカ買い、金売りをやっています。

日本は消費増税、韓国はホワイト国外し+私の感情です。

金はやらかし気味ですね。
まぁ長期的に見ればレンジだと思いますから放置です。

FXは片張りは難しいですね。
全然勝てる気がしません。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ


posted by 紫苑 at 20:19 | Comment(0) | トレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする