2019年09月26日

2019年9月の株主優待クロス

9月の優待クロスは62銘柄*3名義分、のべ約150銘柄。

エクセルで表を作って、優待銘柄の大人買いをしました。

クオカードやギフトカードなどの金券は利回り0.2%以上、
食品やカタログギフトなどの換金性の低いものは0.3%以上が
今回の目安でした。

今はシステムトレードのシグナルがスカスカなので、
まぁまぁ全力でやってみました。
全運用資産の30%少々を使い、高卒の初任給くらいの優待を取りました。
ふるさと納税に加え、優待クロスを本気で取り組むようになってから、
現金がさらに減らなくなりました。

先程終わった現渡し祭りの結果、5銘柄に相方がいないミスが判明。
かなり注意してクロスしたはずなのですが…。

トレードに理解のない家族は、優待をあげて抱き込むのも一つの手です。
クオカードやカタログギフトなど、喜ばれるのではないでしょうか。
システムトレードをやるにしても、検証と発注に時間がかかって、
どうしても協力してもらわないといけませんからね。

最後に優待クロスに使える証券会社をご紹介しておきます。

・カブドットコム証券:一般信用売りの銘柄数も株数も一番多い
・SMBC日興証券:信用は手数料が無料
・SBI証券:カブコムは在庫なしでもSBIでは残っていることもある穴場
・楽天証券:在庫はあまりないが大口優遇が取りやすいので

運用額が少額の方は日興(ネットの方)、大きい方はカブコムが良いでしょう。

このように、株式市場には500円玉や1000円札なら結構落ちています。
あとは拾うのに腰を折る”努力”をするか疎むか
という問題です。

私は貧乏性なので、100円玉でも拾いに行きますね(笑)

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 23:15 | Comment(0) | 非シストレ戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする