2020年01月19日

東証再編で「ゲーム」のルールが変わるか

去年あたりから取り沙汰されている東証の再編。

日曜日の産経新聞に、続報らしきものが載っていました。
産経新聞の記事はこちら

今までの(野村が漏らした)観測報道では、

・東証一部の(時価総額?)上位→プライム
・東証一部の下位や新興市場→スタンダード、グロース

ということでした。

産経のこの記事によると…

・現東証一部の銘柄はスタンダードやグロースへの降格はない
・新東証一部(プライム)でもTOPIXの構成銘柄にならない銘柄がある

要するに、新東証一部(プライム)の中で、
本物の一部と二部に分けるということです。
これなら降格と大差ねぇんじゃ?と思うのですが…。

この再編でのシステムトレードへの影響、かなりあると予想されます。

日本株トレードという「ゲーム」のルールが変わる可能性が高いです。

以前も何度かトレードゲームのルールの変更について書きました。
検証しても意味のない期間1
検証しても意味のない期間2
短期売買のストラテジー、〇〇年以前の検証は意味がない?

一つはフィルターへの影響、
一つは東証一部の中小型株への影響です。

長くなりそうなので、次回以降に(気が向いたら)書きます。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ


posted by 紫苑 at 15:59 | Comment(0) | 実践的ストラテジー理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする