2020年09月20日

システムトレーダーがつける裁量投資の通信簿

2年くらい前から、裁量で利益を出す方法を模索しています。

主な理由は、

・どうしてもシステムでは苦手な相場ができてしまうこと
・資金量が大きくなると運用難になってくる(信用枠が余りがちになる)こと

です。

現金の何割かを現物の裁量で持ち、
裁量現物を担保に信用でシステムトレードをするというイメージです。

今日は私が実弾を入れて相場を張ってみた裁量トレードについて書きます。

手を付けた順に書くと、こんな具合です。

イベントドリブン(羽根秀樹さん、夕凪さん)
日本株バリュー(かぶ1000さん、インヴェスドクターさんなど)
日本株高配当
FXスワップサヤ取り
日本株グロース(横山利香さん)
米国株グロース中心

儲かってそうな人がいる分野は一通り手を出してみました。

で、一通り手を出してみて、
自分の性に合うもの合わないものがはっきりしてきました。

◎イベントドリブン
これは利ざやは厚くないもののシステムトレードに近く、
システムトレーダーは手掛けやすいと思います。
参考文献:イベントドリブントレード

◯日本株グロース
横山利香さんのセミナーに参加して勉強している最中です。
モノになりそうな気がしています。まだ語れるほどではありません。

◯米国株グロース中心
アメリカには日本にないような企業がたくさんあります。
GAFAMが日本にありますか?
米国株は書き始めると長くなるので、別の記事にします。

△バリュー
バリューは基本的に逆張り(下がったものを買うという意味)で耐える期間が長く、
定性分析(銘柄選択)と定量分析(株価のバリュエーション)に
相当な自信がなければ、難しいのではないかという結論に達しました。
バリュー株は板が薄く、買いにくい売りにくいというのも
(システムトレーダーとして)手掛けにくくしている原因としてあげられます。

☓高配当
高配当株はおそらく裁量初心者が最も引っかかりやすい地雷なので、
少し詳しく書いておきます。

高配当は投資対象としてダメなのではないかと思います。
配当は銀行の預金金利とは違い、約束されたものではありません。
業績が悪くなれば減らされます。累積配当を謳っている銘柄でも同じです。

高配当になるプロセスとしては、

1.株価が下がって高配当
業績が悪く株価が下がって一時的に高配当のように見える
→減配されて最終的に高配当株ではなくなる(危険性がそれなりに高い)

2.配当が増えて高配当
買った株の業績が良くなって増配した結果として(自分だけ)高配当になる

ですが、1は長期では株価も下落して配当も減るので、大失敗な投資になります。

そもそも配当は、カネの所在が、企業か自分かの違いだけです。
投資信託の配当がタコ配と言われるのと大差ありません。

結局、長期で持つ場合は、業績がわからないとカネは張れないということなのですが、
簡単に気づく「指標」である高配当は1である可能性が高く、
最も危険ではないかというのが今のところの結論です。

以上が実弾を入れたシステムトレーダー的な感想です。

高配当や資産バリューは、下がったら買うのが合理的な判断です。
銘柄選びが間違えている、あるいは(武漢ウィルスのような)社会構造の変化を見誤ると、
最終的に大ダメージを負うリスクを否定できません。

一方で、アメリカにしろ日本にしろ、グロース株を手掛けやすいと思うのは
エントリー/イグジットがトレンドフォロー的だからです。
押し目を待つにしても中長期で上昇トレンドにある銘柄を仕掛け、
上昇トレンドが終わったら決済です。

トレンドフォローなら、泥沼銘柄をナンピンし続けるということはありません。
大ダメージを避けるという意味では、
私にはバリュー<グロースかなと思っています…今は。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 09:15 | Comment(0) | 非シストレ戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

システムトレードに向く資金量

私、メインの個人口座とは別に、
持っている法人名義の口座でもほぼ同じストラテジーを運用しています。

ライブスターを使っているので、
一般信用の空売りができなかったり、増担保が多かったりと、
いろいろ制約があります。
(法人の信用取引をさせてくれる証券会社が他になかった)

こちらは年初来+8%です。

運用しているのはベーシックなストラテジーだけなので、
武漢ウィルス以前に余計なポジションを持っていなかったという違いもあります。

ただ、最近思うのは、

「システムトレードに最適な資金量があるのではないか」

ということです。

・やりたいことが一通りできる
・マルチストラテジーをストレスなく組める
・信用枠がパンパンにもならないし、かと言って異様に余ることもない
・そこそこ利回りが出しやすい

資金量が少なすぎるとできることが限られます。
一方、多すぎると信用枠が余り過ぎて余計なことをしたくなります。

心地よくシステムトレードができるのは、
1000〜3000万くらいなのではないかと思います。
意図したわけではないのですが、法人口座で運用しているのがこのくらいで、
丁度良い塩梅の金額なのかなと思って運用しています。

個人口座の果てしなく利益を追求するのとは対象的に、
個人的にやっている会社である程度の売り上げを立てるためにやっているだけです。
なので、2000万*年10%程度で十分なのです。

こういう運用ならストレスないんですけどね。
2億*年20〜30%を目標にするから大変になるのはわかってはいるのですが/笑

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 01:01 | Comment(3) | 実践的ストラテジー理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

【実弾運用録】2020年9月3週目

■システム+裁量
今週:+6.5%(年間-8.4%、9月+7.5%)

お賽銭箱を作りました。投げ銭はこちらへ(‐人‐)

**********

爆益。

需給が大きく歪むのがわかっている銘柄があり、
先週から裁量で仕込み始めていました。
運良く初動から含み損になる期間がほぼなく、逆ピラミッディング的に玉を増やして、
一連のトレードとしては生涯最高益を出すことができました(利確済み)。

今週はこのトレードの比重が大きく、
システムが勝ったのか負けたのか、米国株でどのくらい負けたのか、
正直、よくわかりません。

システムはシグナル自体が非常に少ない週でした。
裁量の大きな玉がシステムの邪魔にならないかと心配でしたが、
いつもより余った信用枠が多いくらいでした。

アメリカ株は下げているので負けは確定ですが、
2週前の急落でそれなりに売ったので、大して持っていません。
額としてはたかが知れているでしょう。

このところの下げで、最終的な保有割合のイメージに合わせて、
少しずつ拾い直しています。
エヌビディア、ドキュサイン、クラウドストライク、ペロトン。

ズームだけはなかなか落ちず、全く拾えていません。
ズームが落ちるような相場は他はもっと沈んでいると思われるので、
なかなか落ちろ落ちろとも思えず…。
相場が戻ってしまったら、強引にポジションを増やすしかないと思っています。

テスラは相場が戻るまでは買いません。

年内プラスが見えてきました。

いつもより一桁多い取引をしたので、
今後のトレードが雑にならないように気をつけないと、と思っています。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 18:17 | Comment(0) | トレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする