なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
株よりチョロい? ビットコイン関連のオススメ
ビットコインにマウントゴックスの「怪しい」イメージがあるなら、それはもったいない!
食わず嫌いをせず、騙されたと思って、BTCのファンダを学んでみてください。

 これでわかったビットコイン
ビットコインのファンダメンタル的な側面の理解が深まる本です。
理解しにくいビットコインのシステムや裏付ける技術を簡単に解説しています。

 1時間でわかるビットコイン入門
ビットコインの具体的な使い方や運用の仕方をわかりやすく解説した本です。
取り敢えず「買ってみる」ならこの本で充分です。

ビットコイン トレードグランプリ BitFlyer(ビットコインの取引所)
ビットコインのトレードならBitFlyerがダントツ
(管理人は主要なブローカーは全て開設し、比較・検討しました)
チャート見やすい、ツール使いやすい、出来高多い、手数料安い。
BF経由のネットショッピング(楽天市場など)でBTCの還元もアリ。
SBI、GMO、MUFG、電通、リクルートなどが出資しているので、資金的な裏付けも万全。
究極の検証ソフト「システムトレードの達人」
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
個別株のシステムトレードをするなら資金量を考慮できるソフトでなければ使い物になりません。 シス達はもちろん資金量を再現できます。
「手数料考慮」「ザラ場指値、寄り指」「動的フィルター、静的フィルター」「ダウや日経など指数によるフィルタリング」「ドテン売買」「複数ストラテジーの同時検証」「ストップ安、ストップ高の除外」「空売りや成行注文の際の資金枠の拘束」など、実際のトレードに極めて近いバックテストが可能 です。
驚くべきはサポート体制。例を挙げると「バージョンアップ無料」「追加して欲しい指標や機能の要望OK」「定期的なユーザーどうしの交流会」。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、「システムトレードの達人」を超えるソフトを作るのは、かなり難しい と思います。

2016年05月29日

「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」

今日は仲の良いシステムトレーダーたちと飲み会でした。

メンバーは、システムトレードの達人を使っている中でも、
おそらくトップクラスの数人です。

投資の話は、いつもに比べるとだいぶ少なかったのですが、
このメンバーと話しているととても楽しい。
「できるかなぁできないかなぁ」というようなメンタルの人はいなく、
「やる」「できる」という人ばかりだからです。

「やりたい」ではなく「やる」。
正しい日本語は、「株で1億儲けたい」ではなく「株で1億儲ける」。
「1億儲ける」ことに疑問を差し挟む余地はないのです。
あとは「1億をどうやって儲けるか」。

人間は想像できることは実現できるように作られているので、
できるかできないかなど、本来は考える必要がありません。

しかし、普通の人はまず「できるかできないか」から始まる。
そうではないでしょうと思います。
「やるかやらないか」。やると決めたら「どうやるか」。


遊びでも同じです。
「やる」「できる」「どうやってやるか」と遊んでいる人の方が
一緒にいておもしろいです。

posted by 羽月 庵 at 01:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また立ち寄りました。押田です。
文中の1億のところ、いいですね!同感。
初期資産300万で10年間で1億、、、マルチでも約8500万のSammery.
現実は、売り禁と触り約定があるので、もっと下。
なかなか手強いですね。
西村さんの「マルチの教科書」はほとんど参考になりませんでした。
また来ます。
Posted by 押田 at 2016年06月01日 21:35
押田さん。いつもありがとうございます。

システムトレードと言っても、なかなか検証どおりにはいかないものですね。
まぁ所詮は過去の傾向を見ているにすぎませんから、
ある程度の優位性が担保できていれば良いと割り切っています。

マルチの組み方について、私、フェアトレードでセミナーをするかもしれません。
ご案内がいくかもしれませんので、良かったら参加してください。

またお立ち寄りください。
Posted by 羽月 庵(管理人) at 2016年06月05日 11:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック