なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。

2016年06月04日

不必要な情報は有害でしかない

4589アキュセラ
5月26日から6月1日までの数日間、寄らずストップ安のままでした。

この株、5月25日の上ヒゲの付け方が、何というか…「異様」で、
ストップ安→悪材料発表に、インサイダー的なにおいをかなり感じます。
真偽の程はわかりませんが。

私、この株、どう見ても短期売買なら買う要素しかないので、
6月2日に寄ったときに買いたかったのです。
しかし、外国の企業だからか、私が使っている証券会社に扱いがなく、
実際には買えず、下がることを念じながら(買えないから)、
板を見ているしかありませんでした。

アキュセラのような危なそうに見える銘柄を買える理由は
ネット株の心理学(小幡績)
なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
に詳しいです。
「(短期の)株価≒需給」という捉え方ができなければ、
システムに限らず、トレード(投機)で利益を上げるのは不可能
でしょう。

さて、アキュセラ、買えなかったからというのもあり、ネットの掲示板を見ました。
ネットの掲示板を見るのはとても久々…おそらく10年ぶりくらいでしょうか。

魑魅魍魎の世界でした(笑)。

買い煽り、売り煽り、ボヤキ、嘆き、怒り…。
システムトレードには不必要な情報しかありませんでした。

「不必要」どころか、売り煽りは読んでいるだけで弱気になるので「有害」です。
特に暴落銘柄を逆張りで買っていこうというときには、
疑念が生まれるので見てはいけないものだと感じました。

無駄な情報は有害でしかありませんね。

ちなみにこの日のアキュセラ、1100円で寄ってから長い上ヒゲをつけましたが、
それでも1175円で引け、日経が300円近く下げる中、7%弱の陽線をつけました。
そりゃ、そうだよね〜。買えなくて残念。

posted by 羽月 庵 at 00:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 実践的ストラテジー理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押田です。
「検証しても意味のない期間」のところが面白かったのでリンクを張らせてもらいました。
事後承諾の形になってしまいましたが、問題があれば削除します。
当方のブログ
http://blog.goo.ne.jp/oshida-ss-labo
です。
Posted by 押田 at 2016年06月10日 12:03
押田さん、管理人の羽月です。
いつもコメントをありがとうございます。
また、ブログでのご紹介もありがとうございました。
検証期間については、勉強会などでも全期間での検証結果を出される方がいて、
以前から疑問に感じていました。
数字合わせではないので、意味のある検証をするように心がけたいものですね。
Posted by 羽月 庵(管理人) at 2016年06月10日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438593327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック