なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
株よりチョロい? ビットコイン関連のオススメ
ビットコインにマウントゴックスの「怪しい」イメージがあるなら、それはもったいない!
食わず嫌いをせず、騙されたと思って、BTCのファンダを学んでみてください。

 これでわかったビットコイン
ビットコインのファンダメンタル的な側面の理解が深まる本です。
理解しにくいビットコインのシステムや裏付ける技術を簡単に解説しています。

 1時間でわかるビットコイン入門
ビットコインの具体的な使い方や運用の仕方をわかりやすく解説した本です。
取り敢えず「買ってみる」ならこの本で充分です。

ビットコイン トレードグランプリ BitFlyer(ビットコインの取引所)
ビットコインのトレードならBitFlyerがダントツ
(管理人は主要なブローカーは全て開設し、比較・検討しました)
チャート見やすい、ツール使いやすい、出来高多い、手数料安い。
BF経由のネットショッピング(楽天市場など)でBTCの還元もアリ。
SBI、GMO、MUFG、電通、リクルートなどが出資しているので、資金的な裏付けも万全。

2017年03月20日

国会空転の責任は誰が取るのか

民進党、共産党、社民党、自由党(山本太郎)は大変なことになった。

ここ1〜2ヶ月、国会はほぼ森友学園の問題しか審議(?)しなかった印象だが、
どうやら首相はもとより政治家の関与している可能性は極めて薄いとのことだ。
森友の国有地取得 真相ほぼ掴む(和田政宗)

そもそも、国有地の払下げの値段や値段の決め方以外、
たとえば首相夫人「が」(選挙区域外の)森友に寄付したとか、
教育勅語がどうとか、虐待がどうとか、ゴミがどうとか、誰かが籠池と会ったとか、
そういったことは国会で取り上げるべき問題ではない。

このブログでも少し触れたが、
・ディスカウントした金額が適切だったのか
・どうやって金額を決めたのか
「のみ」を、他の国有地払い下げの問題も含め、一般化して 議論すべきであった。
他の国有地払い下げは、朝日新聞や朝鮮学校への払い下げも当然含む。

証拠もないウラも取らない疑惑「風」あるいは疑惑「的」な何か?で、
総理や防衛大臣の稲田、首相夫人を口汚く罵倒した民進、共産、社民、自由(山本太郎)。
どのように責任を取るおつもりですか。

確たる証拠もないのに森友学園で国会を1ヶ月以上空転させた民進、共産、社民、自由。
国会1日に使う費用は3億〜4億だという試算がある。
無意味な質問で費やした税金は安く見積もっても50億は下らないのだが、
3党+山本太郎は、どのように責任を取るおつもりですか。
質問時間で割って払いますか? それとも辞任しますか?

ちなみに野党4党が一生懸命森友をやっている間に起きたことは、
北朝鮮のミサイル発射と朴槿恵の罷免(+黄教安の立候補断念≒韓国の赤化)。

疑惑であるかすらわからない森友をやるより、他に議論すべきことがあるだろう。
民進、共産、社民、自由は国民の命を守るおつもりはありますか。

籠池が証人喚問(野党の要求した参考人招致ではなく)されると決まった途端、逃げ腰だが、
籠池と野党4党.jpg
籠池氏「国会で話します」野党議員らと面談終え(youtube)
左から小池晃(共産)、福島瑞穂こと趙春花(社民)、今井雅人(民進)、森裕子(自由)。
火のないところに煙を立てた責任は大きい。
特に福島瑞穂こと趙春花は、いわゆる「慰安婦」問題を捏造した前科があるからな。
ここまで大きくしたのだから、逃げないで最後まできちんと戦って、責任を取りなさい。

維新の会は委員会や国会で筋の通った質問(と言う名の解説)をしていたが、
私が知る限り、地上波はほとんど報道していなかった。
マスコミも国会をここまでお祭り騒ぎにした責任を取らないとなぁ。

23日の証人喚問が楽しみだ。

posted by 羽月 庵 at 03:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック