2017年06月05日

【ビットコイン】相場に振り回されない戦略

ビットコインや暗号通貨関連の記事は、こちらのカテゴリににまとめてあります。

********************

ここ2〜3週間、時間があるときは(検証の裏などで)ビットコインの相場を見ています。
ボラが異様に大きい、株を主戦場にしている管理人からすると特殊な動きです。

このボラが異様に大きい暗号通貨相場で生き残るための戦略を考えてみます。

分足か1時間足でも良いのでどこかで拾ってきてシステム化するのが、
最も安全かつ効率的に稼ぐ方法だと思います。
ただ、ビットコインのヒストリカルデータ、落ちているところが見つからない…。
読者さんでご存知の方がいれば教えてください。

ということで、今のところ、残念ながら裁量でやらざるを得ません。

しかし、私たちシステムトレーダーは相場のド素人ではありません。
検証という作業は、相場に参加する人たちの心理状態の解析です。
同じ裁量ではありますが、私たちは
ビットコインをギャンブル的に売買する人たちと一線を画すことができると考えています。

裁量ですので、株のシステムトレードのように、
小さい波まで捉えて超効率的に売買することはできません。

相場は、ファンダメンタルズによって動く投資資金が影響する傾き(トレンド)と
投機資金が影響する振幅(ノイズ、ミスプライス)とで構成されます。

ビットコインを裁量で安全に儲けるためには、
ノイズではなくトレンドに張る
ことが重要です。
(逆にシステムトレードでトレンドを利益の源泉にするのは難しいと思います)

トレンドに張るコツはいくつかあります。

・谷越えを待って買う
・ファンダの変化がない(システム的な大穴が見つからない)限り基本的に売らない
・暴落でも狼狽しない(むしろ買い増しのチャンスかもしれない)
・暴騰はさすがに山越えを確認して売る
・時間をゆったりと捉える
・細かいノイズは気にしない
・資金量は厳しく制限されるべき(暴落に耐えうるレバレッジにする)


投資(トレンド、傾き)と投機(ノイズ、振幅)の違い、
投資をする(≒トレンドを捉える)ためのポイントは、矢口新さんの本が参考になります。
「なぜ株価は値上がるのか?」
矢口さんは、管理人が勝手に株の師匠だと思っている一人です(面識はありませんが)。

基本的には、強めの上昇トレンドですから、
たまに来る押し目を丁寧に拾う
持つかピラミッディングで玉を増やす
売るのは暴騰後の山越えのみ

というリズムではないでしょうか。

オススメのビットコインブローカー:BitFlyer
チャート見やすい、ツール使いやすい、出来高多い、手数料安い。
(管理人は主要なブローカーは全て開設し、比較・検討しました)

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック