2019年02月05日

サンバイオ祭りを冷静に検証する

サンバイオが5営業日ぶりに寄りました。

昨日のPTSからものすごい出来高、
今日も東証一部の大型株を差し置いて売買代金トップ。
さながら、お祭りの様相でした。

昨日のブログでお話ししたとおり、私もPTSから参戦。
寄り付きもそれなりに買いました。

私は暴落前にトレンドフォローのシステムで買ってしまっていたので、
一応、ナンピンという形になります。
トレード素人から「すごい精神力だ」などと言われましたが、
結構安心してお祭りに参加しました。

サンバイオの日足
WS000042.JPG

サンバイオの分足(2月5日;寄り付いた日)
WS000040.JPG

私がサンバイオを買えたのは精神力云々ではありません。

出来高を見れば、今日の寄り付き(と昨日のPTS)で
サンバイオ株のホルダーが”総入れ替え”になったのがわかります。

このタイミングで買えるのは、それなりの”勇者”。
さらに、少しでも株価が上がればホルダー全員プラスです。

ホルダーがほぼすべて勇者で、しかも全員強気なのです。

心強いではありませんか。

株価は材料が出る前の10月の株価(3000〜4000円)を大きく下回り、
短期的にはもちろん著しい売られすぎの水準です。


需給もテクニカルも非常に良好。
これだけ材料が揃っているのに、少なくとも当面は倒産の可能性はありません。

まさにここしかないだろうという状況でした。

ここまで書いても何を言っているのかわかならい、恐くて買えないと思う方は、

「なぜ株価は値上がるのか?」(矢口新)
「ネット株の心理学」(小幡績)

この2冊を読むと良いでしょう。

「なぜ株価は値上がるのか」は、値動きのメカニズムについて、
「ネット株の心理学」は、値動きの向こう側の心理について、
わかりやすく書かれています。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 23:35 | Comment(0) | 非シストレ戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。