2019年02月17日

システムトレードで使うテクニカル指標(各論:ボリンジャーバンド)

この記事は「シストレ初心者へ」といカテゴリーです。
私、紫苑が、株とは何ぞやという方を
システムトレードの入り口までご案内するカテゴリーです。
他の記事も併せてお読み下さい。

**********

今日はボリンジャーバンドについて。

私はボリンジャーバンドそのものはあまり使いませんが、
単に私が使いこなせていないだけかもしれません。
概念としては使える可能性があります。

ボリンジャーバンドは、簡単に言うと「移動平均線+ボラティリティー」です。

例えば、25日のボリンジャーバンドは、
25日移動平均線から、通常、+/-1SDと+/-2SDを描きます。

WS000051.JPG

つまり、上から

25日移動平均線+25日ボラティリティー*2
25日移動平均線+25日ボラティリティー*1
25日移動平均線
25日移動平均線ー25日ボラティリティー*1
25日移動平均線ー25日ボラティリティー*2
(図は+/-3SDも表示されています)

となります。

ボラティリティーは直感的に認識しにいのですが、
可視化したものがボリンジャーバンドです。
ボラティリティー(値動き)が大きくなると、
上下のバンドの幅が広がっているのがわかります。

次回は一般的な統計(学)の標準偏差について書きます。
多少、数学的な話になるのでアレルギーがあるかもしれませんが、
一つ一つ丁寧に理解すれば簡単なことです。
カネのためなので、苦手でもがんばってください。

参考文献:
テクニカル指標の成績表(矢口新)

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 09:31 | Comment(0) | シストレ初心者へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。