2019年03月25日

投資本読書感想文:イベントドリブントレード+裁量についての考え方

裁量に真剣に取り組んでいますと言うと、
システムトレードの集まりではいささか肩身が狭いです。

「え?裁量ですか?」みたいな反応。
あぁ〜またその反応ですか/苦笑。

裁量と言っても、感情に任せて売買している訳ではないのですがね。

PO、IPO、TOB、指数リバランス、優待、割安の水準訂正、高配当などなど。
すべてリスク限定(あるいはゼロ)で収益を上げる裏付けがあります。

システムトレードは裏付けの根拠が「テクニカル」「値動き」です。
私の裁量は同様に、値動きではありませんが、それぞれ何か別の裏付けがあります。

確かにテクニカル的な値動きはもちろん大きな利益の源泉ですが、
統計が機能しない相場ではやられてしまいます。
それをもコントロールしようとするのがバックテストですが、
私の試みは、システムトレードそのものを別の方法でヘッジしようというものです。

やっと読み終わった本です。
(最近はやることが多すぎて、本もゆっくり読めない…)

イベントドリブントレード(羽根英樹)

私たちが得意なテクニカル的な値動きそのものから収益を上げるのではなく、
相場の歪み、制度の歪み、参加者の歪みなどを利益の源泉にする方法が書かれています。

amazonは発売直後から品切れですが、トレイダーズショップなら買えます→コチラ

暴落は従来型のシステムトレードの得意な戦場です。
ただ、平時のエッジは年々少なくなってきていると思います。

エッジの薄い平時はレバを下げ、
値動きとは何か別の根拠でトレードする方法を模索するのも、
合理的な判断ではないかと思っているのですがね。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 01:11 | Comment(0) | 優良投資情報&投資本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。