2019年05月13日

増やしてから使う

昨日の話には続きがあって、何も、
「つまでも節約し続けよう」と言っているわけでは決してありません。

相場で稼ぐ理由は人それぞれでしょうが、
カネは墓場まで持っていけないので、
最終的には「(いつか)使うため」に稼ぐのです。

ここで大事な式をもう一度書きます。

「増やしたカネ」=「運用資産」*「利回り」

例えば5000万の運用資産を年利10%で運用できたとします。

ちなみに、5000万もあれば、リスクをかなり抑えても、
年利10%ならそう難しくないと思います。
年利20%はリスクをとらないと難しい利回りです…私が知る限りでは。

年間500万の利益。月間40万ちょっと。
このくらいであれば、使い切れないとは言えませんが、
普通の感覚ではまぁまぁ良い生活ができるでしょう。

1億で年利10%なら100万。
夜の街で少々派手に遊んでもきちんと残るくらいの額です。

年間の生活コスト>年間の運用益

こうなれば労働対価収入は切ってもいい状態になります。
もちろん働き続けても良いのですが、
生活は理論上は関係ないので、自由度は格段に上がります。
ラットレースは上がりです。

要は、先に運用資産を大きくして、増えた分だけ使えば良いのです。

私は(西村さんと斉藤さんの)目標金額まで達しましたし、
そもそも高コスト体質ではないので、もう緩めても良いかなと思って、
少しずつ使うようになりました。

ですから、運用資産が少ないうちは

1円でも節約して生活コストを抑える体質になる
1円でも多く稼ぐ(スキマ時間に労働集約型の仕事をする)
浮いたカネは1円でも多く運用に回す


これが極めて重要なのです。

たった数年、ほんの少しの期間を我慢できるかが、
それ以降の長い人生のお金との関わり方を決めます。

参考文献
節約してお金持ちになる→「となりの億万長者」

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 01:49 | Comment(0) | 投資資金の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。