2019年05月23日

平時の戦略2(CFDとGMOグループの有用性)令和元年5月ver

前回に引き続き、実行中の平時の戦略をお伝えします。

今日はクリック証券のCFDを活用した戦略です。
クリック証券のCFDが良い理由は後述します。


・VIを売る

CFDの主な運用方法は「VIの売り」です。
暴落はいつか収束します。VIを売ることで暴落の収束をお金に換えようという戦略です。

暴落銘柄数100近い暴落が起き、20銘柄程度まで減少したら、
暴落が(一時的に)収束したと見なして、VIを売ります。
VIはアメリカ株の指標ですが、米国株の暴落の指標を持っていないので、
日本株のもので代用します。

注意点は、証拠金を十分に積み、レバレッジをできるだけ少なくすることです。
予想に反して再び暴落したときにロスカットにならないように。

*「くりっく株365」もCFDですが、VIの扱いはありません。
*クリック証券のCFDは他にもアメリカや中国の個別株などの扱いもあります。


・アメリカ買い/日本売り

残念ながら日本は経済政策も金融政策もアホなので、
このまま実体経済も株価も急浮上するとは考えにくいです。
そこで自国の株価にコミットしているアメリカを買い、日本を売ります。

日本売り:ベア型のETFを買わない理由
ベア型のETFは減価がひどいので、長期保有には向きません。

日本売り:先物を売らない理由
米国買い:ETFを買わない理由
相場が動いたときに資金移動をさせるのが面倒だし、
先物は限月をまたぐロールオーバーを忘れるかもしれません。

*このサヤ取りは日本の消費増税の延期が決まったら解消します。


・金(ゴールド)を売る

金はここのところレンジで動いているので、
高値圏にあれば(暴落時は高騰しやすい)売ってみるのも一つだと思います。

さらに、クリック証券のCFDであれば、金を売ると金利がもらえます。
2019年5月だと1CFD(約14万円)あたり1日+10円、これだけで年利2.6%になります。
*DMM証券のCFDは売っても買っても金利はマイナス


・クリック証券の有用性

クリック証券は、このようにCFDをフル活用できます。
また、FXサヤ取りで、トルコリラの売りで使えます。

暴落時は、平時のポジションを一度閉じて、証券口座に資金を移動させる必要があります。
今回の暴落で、資金移動に時間がかかるのが、
平時と暴落時の運用をスイッチングするのに意外に大きな障害になるのがわかりました。

クリック証券は同一口座内で移動できるので、資金移動に時間がかかりません。

また、証券会社→銀行口座の資金移動は、通常は1日以上かかりますが、
GMOあおぞらネット銀行との「証券コネクト口座」を使えば、出金も瞬時にできます。

↓↓GMOあおぞらネット銀行の口座開設↓↓


資金移動に時間がかからないと、リアル店舗のPOに参加するときなどに、
ギリギリまでシステムトレード用に資金を残していられます。
(これは資金効率を考えるとかなり重要なことです)


このように、クリック証券のCFDや、グループ内の資金移動を考えると、
GMOグループは平時の戦略ではかなり重要だと思います。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 08:29 | Comment(0) | 非シストレ戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。