2019年07月20日

IPOプライマリー戦略

IPO、取れるに越したことはありません。

それなりにお金を入れて、
何となく担当が買って欲しそうなものを買っています。
それでも私はそれほど「IPO、IPO」と担当に言わないようにしています。

支店に来るのは数が知れているでしょう。
支店から営業部に来るのも限られるでしょう。
営業部も何人もの営業マンがいます。
それに、私よりたくさんお金を入れている人もいるでしょう。

目ん玉が飛び出るようなIPOは、頂けるはずがないと思っています。

ただ、主幹事なら、
「〇〇、ちょっと考えてみてくださいねぇ」
程度の連絡はしてみます。

結果、配分があればオーバーに驚いてみせ、
何度も丁重にお礼を言います。

配分がなければ「全然気にしないでください」です。
(配分できなければ担当は謝ってきます)

間違っても「全然配分ないですね」などと圧力をかけることはしません。

私が店舗型の証券会社に回せる資金量では、
やっとこさ「泡沫投資家」のカテゴリーを外してもらえる程度です。
数億を入れて、活発に取引している上客ではないのです。

自覚するべきです。

それでも良好な人間関係を築いておけば、
何かの拍子に余った分を頂ける可能性は、
同レベルの客より少し高くなるのではないかと考えています。

そんなこんなで、IPOに力を入れている訳ではありませんが、
ここ半年で頂いたIPOは、

1887国土開発
…は取りやすかったようですが、

4444インフォネット

7678あさくま

と、まずまず満足できるものですね。

何より、担当と馬が合うのか、話をするのは楽しいです。

三菱モルガン、SMBC日興に口座を持っていましたが、
今週、大和にも開設してみました。

大和の担当者はどうでしょうか。楽しみです。

ということで、IPOプライマリは、資金力と人間関係構築力だと思います。
システムトレードとは別の能力が要求されます。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 22:07 | Comment(0) | 非シストレ戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。