2019年10月14日

貧乏まっしぐら「タワマンを買う」

「武蔵小杉 タワマン 地下浸水で停電・断水」だそうです。

今回はタワマンと不動産のリスクについて書きます。

最初にお断りしておきますが、純粋に私の考えを書いているだけで、
決して他人の考えや行為を否定するものではありません。
あしからずご理解ください。

さて。

私、現在は地方住まいですが、東日本大震災は東京で経験しました。

震災で深く学んだことが三つありました。

・オール電化はリスクが高い
→停電されたら料理もできないしストーブも使えない

・低層階に住む
→何かあったら高層階は避難が困るしエレベーターが使えなくなったら終わり

・海抜の低い土地は(できれば)避ける
→液状化や浸水の可能性がある

私は前回のエントリーからわかるとおり、不動産を買うことにはかなり否定的です。
タワマン(の高層階)は輪をかけて何が良いのかさっぱりわかりませんでした。

・上空は風が強いのでは?
・価格の土地が占める割合が低く経年の減価が著しい
・修繕をどのようにするのか不明(できても金額がバカ高いのではないか)

タワマンを買う方は、どうやら「減価が著しい」ことを
逆手に取った相続税対策だったようですが…。

「不動産を買う」ことは、流動性の極めて低い資産に数千万円を突っ込むことです。

武蔵小杉のタワマンが停電したのは、電源を地下に置いたからだそうですが、
 #わざわざ地下に電源を置いたのは(2階以上に置かなかったのは)、
 #売れる面積を増やす、つまり、少しでも高い値段で売るためだったそうです
そんなこと、購入時に素人がわかりますか?

仮にこのタワマンに住んでいたとしても、
賃貸だったらすぐに出ていけば済む話です。

自分が思いも寄らないリスクが潜んでいるかも知れないのに流動性が低く高価

「住む」ことに対して生涯に払う合計金額が賃貸>持ち家だったとしても、
潜在的なリスクや値下がりリスクを他人に負わせているプレミアムです。

そもそも人口減にも関わらず供給過剰な不動産事情を考えると、
生涯に渡って払うコストも、おそらく持ち家>賃貸だと思います。
(詳しく計算したことはありませんが)

私が持ち家にかなり否定的なのはこういった事情です。

「夢」や「自己満足」に数千万は、高すぎるのではないかと思う次第です。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 22:49 | Comment(0) | 投資資金の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。