2020年02月08日

【実弾運用録】2020年2月1週目

■システム+裁量
今週:-0.7%
(月利-0.7%、年利-6.9%)

■今週の運動
なし(月初は本業の事務作業でムリ)

********************

先週の金曜日にシステムでコロナ関連を掴み、
PTSでS安に何名柄も張り付いているのを発見したときは、
さすがに心が折れかけました。

先週のブログの更新が遅かったのはこのためです。

今年は大ダメージトレードが多すぎます。

確かに、先週のコロナ関連は少し考えれば外すことができるので、
そのような工夫を怠った私が悪いのです。
わかっています。
わかってはいるのですが、それでも毎週のように
おいおい一桁違うんじゃねぇ?というトレードをもらうと折れます。

で、システムトレード上級者と達人に
金曜日の夜からメールと電話をしまくり、落ち着かせました。
相談に乗って頂いた皆さん、ありがとうございました。

さて、金曜日に掴んだコロナ銘柄の処理、週末に散々悩みました。

結論が
「とりあえずシステム通に注文は出すが、S安手前で逆指値でロスカット」
でした。

結果は逆指値を踏み越えてS手前で決済。
幸いにS安に張り付くことはなく、逃げ場を与えてもらえました。

この段階で年初来-10%オーバー。
そこから3〜4%切り返したので、
週後半は良くやったと言えるのではないでしょうか。

裁量では、こちらも主力級に悪材料。

東海ソフトが一部昇格も、同時に増資と売り出しを発表。
次から次へとうまくいかないことばかり。もう勘弁してください。

出来高に対して大きなポジションで、捌き切れるか心配でしたが、
寄り付いてから上にいったところで売り切りました。

本当に今年はいろいろ、裁量もシステムもうまくいきません。

注目しているニュースは、インフラファンドの指数ができることです。

パッシブファンドの買い需要が発生するのではないでしょうか。
板が薄くて買いにくいですが、時価総額の大きい
カナディアンソーラー、タカラインフラ、再生可能エネ
を持っています。

裁量の大ポジション
2157コシダカ(カーブスがスピンオフIPO)
2379ディップ(子会社が近々IPOか)
3098ココカラファイン(利確のタイミングを失う)
7065UPR
物流系リートいろいろ
インフラファンドいろいろ

現在、大型株に特化してストラテジーを一式揃えている最中です。

空売りと押し目買いは仕上がりました。
大型ならロング・ショートを組めそうな相場もあるので、
安定性を重視したシステムになりそうです。

月末までに一通り用意して、3月から運用するつもりです。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ


posted by 紫苑 at 12:32 | Comment(0) | トレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。