2020年02月24日

中国肺炎(新型コロナウィルス):もはや中共寄りの安倍政権

「非常時に一生懸命にやっている政府を批判するな」とか、
「安倍政権でなければ対応はもっと悪かった」とか、
そういった論調があるのには驚く。

高須先生が、中国からの渡航を禁止する署名を集めてくださったが、
政府からは
・中国の人たちの入国完全停止をする気は全くない
・倒閣につながる可能性があるので署名と署名人のコメントは受けとれない
との回答だったそうだ。
高須先生のツイッター

中国肺炎は感染力の強いインフルエンザ程度であるかも知れないが、
(感染したら高確率で死ぬエボラとは違うかも知れないが)
分母が増えれば必然的に死亡する人も増える。

日本より感染者率の格段に高い中国を渡航禁止にしないということは、
国内の分母を増やし続け、結果として死者を増やし続けることに等しい。


手洗いとうがいをせよと国民に呼びかける。
医療関係者には、タダで(税金で?)外国人も治療せよと言う(言った)。
一方で感染者を減らす努力はしない。


私には理解できない。

この期に及んで何を考えているのだろう。
国民の命を守れないのは国の体をなしていない。

改正入管法、アイヌ新法、消費増税、
習近平の国賓待遇での来日、
憲法改正ヤルヤル詐欺。

私はもう(安倍さんではなく)安倍政権は支持しない。

元防衛大臣の岩間毅が中共のフロント企業の500.comから
カネをもらったとかもらわなかったとかいうことからも明らかなように、
政権や自民党にも、思想が中共や半島にかなり偏った売国奴が多く、
安倍さんが抑えきれなくなっているのだろうと思う。

「中国を親戚」と言い、
日本人の税金で備蓄したマスクを100万枚チャイナに送った
幹事長の二階俊博を筆頭に。
自民・二階幹事長、中国を「親戚」に例え支援の意向

親戚が、
毎日のようにナイフを持って人んちの庭に来るか?(尖閣に軍艦)
敷地に石を投げてくるか?(宮古に戦闘機)
マスク100万枚や防護服10万着の「お礼」に。
少なくとも、私の親戚には、そんな恩も恥も知らない無礼者はいない。

アイヌ利権の官房長官・菅、
野党国対とズブズブの自民党国対・森山
あたりも怪しいと思っている。

この程度であっても、
安倍総理が日本の歴代の総理の中でトップクラスなのも、
ポスト安倍がいないのもわかっている。

だから私(たち)はあと何十年、日本に住めるか、
あと何十年、日本が「日本」で有り続けられるのか、
非常に危惧している。

維新も保守の仮面を被ってはいるが、中身はどうだろうか。
日本第一党あたりが党勢を急拡大しなければ、日本は沈む可能性が高い。

もともと中共に侵略(サイレントインベージョン)された場合を想定して、
30年後の選択肢の一つに移住があったが、
今回の件で、より真剣に移住を考えるようになった。

近いうちに移住の候補先には旅行がてら行く必要があるだろう。

相場で食えるように努力しているのも、
一つは移住してもトレードで食っていけるようにするためだ。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 紫苑 at 09:44 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。