2020年03月13日

システムトレーダーのプライドを賭けて相場に張り向かう

現在、13日(金)の引け後です。

壮絶な1週間でした。

次々に投下される悪材料。
サウジとロシアの原油のいざこざは本当に余計でした。

年初来-37%

暴落そのものでももちろんダメージはありますが、
暴落前までの損失と、暴落前に作ったポジションに、
じわじわと苦しめられました。
(もう切ったのでこれで苦しむことはありません)

2月末に緊急で行った資金管理の全面的な見直しが…奏功したと言って良いのでしょう、
*見直しについては前回のエントリー
大損害を出しながらも、何とか相場に踏みとどまっています。
2月までの資金管理なら、もう相場にはいなかったでしょう。

ギリギリで踏みとどまらせてもらったのは、ひとえに、
斉藤正章さん、フェアトレードの田村さんと西村さんのおかげと
深く感謝する次第です。

それでも、今日(金曜日)の壊れた東証を見ていると、
14年かけて築き上げてきたものが、目の前で音を立てて崩れていくようで、
とても悲しい気持ちになりました。
今までやってきたことは何だったのだろうと言う思いがこみ上げ、
画面を見ていると、不覚にも涙が出そうになりました。

それでも、気持ちを強く持ち、冷静に対応するように、
自分に言い聞かせました。

追証にならないようなポジション整理
ギリギリまでストラテジーの改良と調整
ミスらないように慎重に発注
本業に支障をきたさないようにメンタルコントロール

あとは、何かあったときの覚悟です。

実は、このように文章を書くのも非常に辛い作業なのですが、
何年か経って今日を振り返れるように、
また、他のシステムトレーダーの参考になればと思い、
重い筆を動かしています。

13(金)引け後に確認した暴落銘柄数は1469。
2時前では2000を超えていました。

2008年金融危機の最大値が10月8日の2355。

銘柄数でも2008年に匹敵するし、
逃げ場のなさ、一直線に下げていく様は、2008年を超えました。

歴史的な相場に、曲がりなりにもシステムどおりにトレードしているのは、
2008年に比べると成長したのかなと思います。
当時は、貧弱なストラテジーしかなかったので、
急落する相場に為す術がなく、減っていく口座の残高をただただ呆然と眺め、
最終的には強制決済で終わらせました。

今回は、どんなに損失を出しても、
ルール通りに決済しおおせたいという思いがあります。

もうどこかでカネの問題ではなくなってきているのかも知れません。

相場にプライドを曲げさせられるか。
それともシステムトレーダーとしての意地を張り通せるか。

今晩のダウ次第でしょうか。

人事は尽くしています。
あとは天命を待つのみ。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 19:09 | Comment(0) | 暴落総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。