2020年07月18日

伊藤忠のTOB、3匹目のドジョウは?

伊藤忠、2年続けて大型のTOBを行いました。
去年はデサントにTOB
今年はご存知のようにファミリーマートにTOB

*TOBなどのイベントを飯の種にする方法は、
イベントドリブントレードをお読み下さい。

そこで、伊藤忠が大株主になっている上場企業を調べてみました。

9422コネクシオ(60.3)*2018年増加(48.2→60.3)
4739伊藤忠テクノソリューションズ(58.2)
8133伊藤忠エネクス(53.9)
2692伊藤忠食品(52.1)
4215タキロンシーアイ(51.0)*2018年増加(30.1→51.0)
8898センチュリー21(49.7)
6183ベルシステム24(40.7)
2281プリマハム(39.8)
2599ジャパンフーズ(36.1)
7905大建工業(35.0)*増加傾向(25.3→29.9→35.0)
4348スペースシャワーネットワーク(34.3)
7408ジャムコ(33.3)

持ち株比率を増やしているところは赤くしてみました。

ちなみに、過去のTOB直前までの増減は、
去年のデサントは25.0→25.5→30.4
今年のファミマは34.6→39.6→41.5
でした。

伊藤忠食品と伊藤忠エネクスは、
私が尊敬するさとさんが今年の正月に取り上げています。

この表には載せていませんが、8771イー・ギャランティが24%です。
債務保証をしている会社で、今のような時期には躍進が見込めます。
が、当然、株価は上がってしまっています。知っていればなぁ。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 01:22 | Comment(0) | 非シストレ戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。