2020年09月19日

システムトレードに向く資金量

私、メインの個人口座とは別に、
持っている法人名義の口座でもほぼ同じストラテジーを運用しています。

ライブスターを使っているので、
一般信用の空売りができなかったり、増担保が多かったりと、
いろいろ制約があります。
(法人の信用取引をさせてくれる証券会社が他になかった)

こちらは年初来+8%です。

運用しているのはベーシックなストラテジーだけなので、
武漢ウィルス以前に余計なポジションを持っていなかったという違いもあります。

ただ、最近思うのは、

「システムトレードに最適な資金量があるのではないか」

ということです。

・やりたいことが一通りできる
・マルチストラテジーをストレスなく組める
・信用枠がパンパンにもならないし、かと言って異様に余ることもない
・そこそこ利回りが出しやすい

資金量が少なすぎるとできることが限られます。
一方、多すぎると信用枠が余り過ぎて余計なことをしたくなります。

心地よくシステムトレードができるのは、
1000〜3000万くらいなのではないかと思います。
意図したわけではないのですが、法人口座で運用しているのがこのくらいで、
丁度良い塩梅の金額なのかなと思って運用しています。

個人口座の果てしなく利益を追求するのとは対象的に、
個人的にやっている会社である程度の売り上げを立てるためにやっているだけです。
なので、2000万*年10%程度で十分なのです。

こういう運用ならストレスないんですけどね。
2億*年20〜30%を目標にするから大変になるのはわかってはいるのですが/笑

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 01:01 | Comment(3) | 実践的ストラテジー理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、いつもブログを参考にさせてもらってます!

資金量について思案していた為コメントしました、
ある程度まで来ると複利での運用は効率が悪くなり
大型にするとは期待値小で、時間軸を伸ばすとファンダ面が強くなり、と悩んだりしてます。

紫苑さんが裁量を取り入れたのは、
資金効率の点から始めたのでしょうか?
Posted by 凡人株 at 2020年09月21日 10:46
凡人株さん
コメントありがとうございます。
私が裁量を始めたのは資金効率の側面以外にもいくつか理由があります。
・システムトレード自体がいつか機能しなくなる時が来るかも知れないというずっと先の心配(アルゴやAIなどで)
・システムトレードではどうしても苦手な相場ができること
・システムトレードは一通りやりきった感があるので、ここから先、システムトレードを伸ばすよりも裁量を伸ばした方が効率が良いのではないか
といったところです。
Posted by 紫苑 at 2020年09月21日 14:47
ご返事ありがとうございます。

色々意見が聞けて参考になります、
今後も参考にさせて頂きます。
Posted by 凡人株 at 2020年09月21日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。