2018年02月21日

【負けない逆張り】販売用ストラテジー作成中続編

現在、フェアトレード社と販売用ストラテジーの作成中です。

コンセプトは、

「私が300万で運用を再スタートするなら
どんなストラテジーを使うか」


です。

・1泊2日型の買い
・デイトレの空売り
・ほとんど負けない暴落逆張り
基本とも言える3つのストラテジーですが、
まぁ普通の方が運用しているストラテジーとは作り込み方が全然違います。

1泊2日と空売りは過去の記事をご覧ください。

今日は、「ほとんど負けない暴落逆張り」がある程度完成したのでご報告します。

勝率90%、平均損益率10.4%(1.04%ではない)、合計損益率217%、
DD8.2%、PF22.49(2.249ではない)、平均保有日数3.09日
諸事情により、資産曲線はお見せできません(_ _;)

あなたが暴落が得意でないとしたら、理由の分析はできていますか。

私が一般的なシステムトレーダーを観察したところによれば、
暴落が苦手なシステムトレーダーの共通点は

1.暴落とは言えないタイミングで仕掛けている
2.暴落を逆張りして儲けた成功体験がない(少ない)


この2点です。

露骨な表現を遣えば、
資金は少なく、ストラテジーは未熟なのに、欲は一人前で、真の暴落の手前から仕掛ける。
申し訳ないですが、だから負けるのですよ。

負けるべくして負ける。
そして300万程度では、少し減ったらたちまちできることが限られてくるわけです。

慣れていないうちは、ほぼ絶対に勝てるタイミングでしか買わない。

バフェットも言っていますよ。
「ルール1:絶対に損をしないこと」
「ルール2:ルール1を忘れないこと」

暴落の逆張りで勝てたという成功体験を積むのがこのストラテジーです。
もちろん儲かります。負けませんから(勝率90%オーバー)。

細かいパラメータは違いますが、私もほぼ同じようなストラテジーを実弾運用しています。

これで3本揃いました。
これからマルチでの検証に入ります。

*販売用ストラテジーのカテゴリーを作りました→こちら

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 05:20 | Comment(0) | 販売用ストラテジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

販売用ストラテジー作成中

以前もここでちらっとお話しましたが、
フェアトレード社に依頼されて、販売用のストラテジーを作っています。

オニのように忙しいし、ストラテジー販売より実弾運用の方がはるかに儲かるので、
本当は自分のノウハウを公開するのは嫌なのですが、
懇意にして頂いている西村さんのたってのお願いということで、お受けしました。
やるからには、買った方に喜んで頂けるように、本気で作りますよ!

売るものは、もちろん、私が得意な短期売買です。

私が短期売買をいかに得意にしているかと言うと…

去年の「システムトレーダーオブザイヤー2017」でグランプリを受賞しましたが、
2位の方(こちらは友人)と3位の方との差は僅かでした。
ただ、お二人と私が決定的に違うのは、
お二人はトレンドフォロー系のストラテジーでうまく相場に乗ったのに対し、
私は短期売買を中心に稼いだ点です。


去年や一昨年は、短期売買が機能しにくい年だと言われています。
確かに生ぬるいストラテジーでは機能しなかったでしょう。
しかし、機能させる方法も確実にあります。

現在、リリース予定なのは

・1泊2日型の買い
・デイトレの空売り
・ほとんど負けない暴落逆張り

この3本セットです。

運用資産300万、手数料1000円、DD10%(努力目標)と
いつもより制約がキツいですが…

運用資産:少ないのでトレードを絞る必要がある
手数料:1ショットが少額で手数料の占める割合が多い(短期売買だと特に)

現在、こんな感じで仕上がりつつあります。

■1泊2日買い
販売用ESP1泊2日最終形レバ10(白箱タイプ)_20180213165548.jpg
勝率70%、平均損益率2.31%、合計損益率433%、DD14.7%、PF3.043

このパフォーマンス、いかがですか?

これは私が現在も実弾運用しているストラテジーを、
少ない資金量(300万円)向けにマイナーチェンジしたもの
です。
つまり、多少の改良は必要なものの、
(どんなストラテジーでも資金量に合わせたパラメータの調整は必要です)
資金量が増えて使い続けることができるストラテジー
ということです。

■デイトレ空売り
販売用空売りデイトレ(白箱タイプ)_2018021853552.jpg
勝率64%、平均損益率1.13%、合計損益率141%、DD5.9%、PF2.176

私と付き合いの長い方は、私のイメージはデイトレの空売りでしょう。
空売りのストラテジーを公開してくれと何度も言われたことがあります。

実際、2008年の金融危機以降、デイトレの空売りを運用の基本としています。
デイトレの空売りには絶対の自信があり、販売用にも1本書き下ろしました。
一般的なシステムトレーダーが苦戦した2016年と2017年をご覧になってください。

このストラテジーでデイトレ空売りのエッセンスを学べば、
資金量が増えれば、よよりパフォーマンスの出せるストラテジーを
より簡単に作ることができます。

(大口の手数料優遇はかなり大きい)

*私の実弾運用中のストラテジーは過去の記事をご参照ください

どうでしょうか。
これでもリスクは控えめにしているので、
もっとリスクを取れる方ならもっと相場からカネを拾ってくることができます。

2016年と2017年に短期売買で負けたとすれば、ある明確な理由があります。
明確な目的をもってストラテジーを作っていれば、
短期売買でも…というか、短期売買だからこそ、このパフォーマンスを出せます。

「負けない大暴落」は現在作成中です。

3月中、遅くとも4月には販売予定です。乞うご期待。
販売までの間、進捗状況をこちらでたまにご報告します。

販売数は絞るつもりです(最終的には西村さんと相談しますが)。
どうしても欲しい方はご予約を承ります。販売価格を見て、キャンセルもOKです。

せっかくの機会ですから、
売って欲しいストラテジーなどのご要望もお受けします。
要望が具体的で、かつ作れそうなものなら、採用する可能性は十分あります。
質問もお受けします。

いずれも下のコメント欄よりどうぞ。

*販売用ストラテジーのカテゴリーを作りました→こちら

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 09:02 | Comment(17) | 販売用ストラテジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする