2021年12月31日

紫苑のオススメあれこれ(本、証券会社、ツールなど)

スマホだと、上や左が表示されないようなので、オススメを記事にしておきます。
パソコン用に作っているブログなので、できればPCでご覧頂くとうれしいです。
■当ブログのメインカテゴリー
システムトレード成績
実践的ストラテジー理論
優良投資情報&投資本
時事問題(政治系の記事)
ツイッター→紫苑@システムトレーダー
■検証ツール
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
ソフトの性能はもちろんですが、驚くべきはサポート体制。
バージョンアップ無料、追加の要望OK、ユーザーどうしの交流会、セミナー。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、シス達を超えるソフトはかなり難しいのでは。
*正規版を買うなら備考欄に「紫苑の紹介」と書いてください。少し良いことがあります。
■投資本

システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
株のシステムトレード利益が出るロジックのつくり方(斉藤正章)
私の師匠、斉藤正章さんの本。
システムトレーダー初心者から中級者へのステップアップは、一通りの「型」を揃えること。
全部自分で一から作りますか?外してはいけないパラメータはわかりますか?
この本を読めば解決します。
「型」についてはこちらの記事

なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのかわかりますか。投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動き、振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)を作るのもは何でしょうか。
シストレ以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
詳しくはこちらの記事

ネット株の心理学(小幡績)
値動きの向こう側の心理についてわかりやすく書かれています。
サンバイオの暴落を逆張りできたのは、この本を読んでいたからです。
詳しくはこちらの記事

イベントドリブントレード(羽根英樹)
相場の歪み、制度の歪み、参加者の歪みなどを利益の源泉にする方法が書かれています。
リバランス、PO、TOB、優待、IPO、他、様々なイベントの歪みを
どのように利益に抽出するか。
テクニカル的な値動きそのもの以外から収益を上げたいなら必読。
詳しくはこちらの記事
■サイト
結果を出すトレーダーは、それぞれ哲学を持っています。
哲学を感じられるブログをご紹介します。

つなわたりのまいにち(さと)
さとさんはイベントドリブントレードのエキスパート。科学的で尊敬しています。

キリギリスのように暮らしアリのように蓄える(magic)
割安高配当株はmagicさんを参考にしています。この方も素晴らしいトレーダーです。
■紫苑のFX運用戦略(当ブログでのFX運用カテゴリーはこちら

参考本&サイト
akilog(あっきんさんのブログ)
あっきんさんのツイッター
まつのすけさんの本の最後の章

戦略1:トルコリラスワップサヤ取り(+メキシコペソ買い)
リラ買い:みんなのFX
リラ売・ペソ買:セントラル短資
*トルコリラの各ブローカーのスワップポイントの比較サイト
*トルコリラのファンダはエミン・ユルマズさんのツイッターが秀逸

戦略2:ユーロ/ズロチ売り(+暴落買い)
買い・売り:FXプライム
ユーロ/ズロチのチャート
■スポンサードリンク
こちらから買って頂けるとブログ運営の費用になります
トレーダーズショップ
アマゾン
楽天市場

楽天トラベル
さとふる
posted by 紫苑 at 23:59 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

お年玉付年賀はがき、今年は抽選が2回!

いつもヘビーな記事ばかり書いているので、たまにはライトなものを。

今年はお年玉付郵便はがきの抽選が2回あるそうです。

1回目は一昨日(日曜日)。
当選番号はこちら

2回目は4月20日。

まだ使っていない年賀状を別の切手やはがきに替えるのは、
4月20日の抽選を待ってからの方が良いでしょう。

ふるさと納税をやったり、お年玉付郵便はがきの当選を確認したり、
「そこそこ持っているのになんでそんな細かい事をするの?」
と聞かれることがあります。

違いますね。

このような細かい事をこつこつ積み上げた結果として
そこそこ持てるようになった
のですよ。

人生に一発逆転などあり得ません。

ノーリスクのもの、リスクより明らかにリターンの大きいものは、
リターンが小さくてもするべきです。


ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 01:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

ハイレバ、止めます…。

今回の暴落は、かなりエゲツない動きをしましたが、
10%を超える利益を残すことができそうです。
今年は2月と8月には別のタイプの(プチ)暴落がありましたが、
どちらもうまく対応できました。

暴落は儲けられるのがわかりました。

暴落は人の心理に逆張りをしているので、
適切に作れば機能し続けるのでしょう。
中央銀行や政府も介入できる規模の値動きではありません。

問題は平時です。

平時はアノマリーを元にトレードしています。
アノマリーは、人間の心理ほど根拠が明確ではありません。
理由も、検証で見つかったアノマリーに
後付けでそれっぽい説明をつけているだけかもしれません。

要人の発言や日銀の介入でも、簡単に需給のバランスを崩されます。

**********

ところで。

リアルで交流のある方なら、
私のイメージはおそらく、空売りとハイレバだと思います。

今年は空売りが全く機能せず、組入比率を下げました。
残ったハイレバも、捨てようと思います。

正直なところ、自分が作ったイメージに縛られ、
最近はハイレバが重荷になっていました。
3月に大きな目標を達成したため、シス達ユーザーには少しだけ知られる存在になり、
ありがたいことに懇親会で声をかけて頂ける機会も増えました。

なので、フェアトレードの運営側の期待に応えるため、
忘年会のグランプリで連覇をするため…後輩トレーダーの目標になるために、
結果を出そうと、率直に言って無理をした半年でした。

**********

先の話に戻ります。

今年のパフォーマンスの大半を叩き出したのは2月と10月の暴落です。
無理をした裁量でもまぁまぁな額をやられましたが、
それを割り引いても、平時も負けていると思います。

平時は暴落時ほど、トレードの根拠が強くないので、
ストラテジーの優位性が剥落しやすいのではないか

というのが、今のところの持論です。

トレードの根拠が希薄なものに、大金を張り付けるわけにはいきません。

この暴落で資産が年初を上回ったのは天の配剤。
これを機に平時はレバレッジを落とします。
(暴落は今までどおり全力で行きますが)

今後は、日足以外のトレードを取り入れたり、
日本株以外もトレード対象にしようと思っているので、
今までの日本株のシステムトレードの比率を少しずつ落としていきます。

私に豪快なトレーダーの姿を見ている皆さんには、
期待に答えられず申し訳なく思います…。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 22:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする