2019年01月22日

株の値動きと相場のメカニズム

この記事は「シストレ初心者へ」といカテゴリーです。
私、紫苑が、株とは何ぞやという方を
システムトレードの入り口までご案内するカテゴリーです。
他の記事も併せてお読み下さい。

**********

相場の初心者が一端のシステムトレーダーになるためには、
おそらく三つのステップが必要だろうと思います。

1.相場や値動きを正しく理解する
2.テクニカル指標を理解する(重要な指標のみで良い)
3.システムトレードの基礎を学ぶ


今日は、相場や値動きを正しく理解するために重要な本を紹介します。

さて、相場の世界には、師匠が二人+恩人が一人います。

余談ですが、私は狭い分野に深くのめり込むタイプで、
それぞれの分野に師匠がいます。
本業にも師匠が三人いますし、
能力開発に一人、遊びに一人、古くは、数学、受験英語、麻雀にも。

相場の話に戻しましょう。

相場の師匠の一人は矢口新さん。

この方は、現場叩き上げの債権と為替のディーラーでした。
現在はファンドマネージャーとして活躍されているとのことです。
リアルで会ったことはありません。心の師匠です。

たくさんのトレーダーの投資本を読み漁った時期がありました。
相場…値動きをこの方ほどしっくり説明できる人はいませんでした。

矢口さんの著書の中でも特に秀逸だったのは
「なぜ株価は値上がるのか?」

株価が上がり下がりする理由はわかりますか。
業績が良い/悪いからでも、材料が出たからでもありません。

投資と投機の違いはわかりますか。
それによって2種類の値動きが生まれるのはわかりますか。

そして私たちシステムトレーダーの利益の源泉は何かわかりますか。

自分がなぜ株を買いなぜ株を売るのか。
自分は相場とどう向き合うのか。

そんなことが書いてある本です。

私が、システムトレードと裁量を区別できるのも、
この本に書いてある基本的なことを、感覚として理解しているからです。

そして、この本の内容をさらに投機に特化させた本が
「ネット株の心理学」(小幡績)

*この本には真似をしてはいけない内容も含まれています
*あくまで投機を概念として理解するための本として活用してください

「なぜ株価は値上がるのか?」は、
いつまでも色褪せることなく、私のトレードの基礎になっています。
初心者から上達者まで、是非読んでもらいたい本です。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 01:39 | Comment(0) | シストレ初心者へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

「株を始めたいのですが」

この記事は「シストレ初心者へ」といカテゴリーです。
私、紫苑が、株とは何ぞやという方を
システムトレードの入り口までご案内するカテゴリーです。
他の記事も併せてお読み下さい。

**********

私、株や投資の相談をよく受けます。

システムトレーダーからの、
ストラテジーについての具体的なノウハウについてどうこう
というももちろんなのですが、
システムトレードって何?とか、株を始めてみたいですとか、
そういった相談もあります。

しばらく、株…というより、相場モノの基本について書いてみるつもりです。
(飽きて途中で放り出しちゃうかも)

株とは何か。

どこぞのセミナーに行くと、
会社を応援するためのものだとか、将来性を買うものだとか、
中にはヨーロッパの大航海時代の話から始まるかもしれません。

そんなことは知っている必要はありません。
ウンチクは語れますが、株で儲けるには何の役にも立ちません。

株で儲けるためには、儲けるために必要な技術だけ集中して学べば良いのです。
テストで良い点を取るために、テストに出るところだけを集中して学ぶのと同じです。

株で儲けるのも、何かの技術を習得するのと同じです。
結果を出している人を探し、教えを請い、教わった方法を何度も繰り返す。

株で言えば、

・本当に儲かっている人を探す
・正しく儲ける方法を学ぶ
・学んだ方法を何度も繰り返す


実にシンプルです。

ただし、株の世界の問題は魑魅魍魎がウヨウヨしてることです。

まず、セミナーに出たとして、
目の前でしゃべっている男が、本当に儲かっているかわかりません。

また、本当に儲かっていたとしも、
その男の投資法がたまたま相場に当たって「運良く」儲けただけかもしれません。
正しい儲け方ではないということです。

さらに、その男が天才的な才能の持ち主で、
あなたはその投資法を再現できないかも知れません。たとえばcisさんのように。
儲け方を学んでも繰り返せないということです。

あるいは、再現性は高かったとしても、
あたなの生活スタイルに合っていないかもしれません。

株の世界では、師匠を探すのが、まず尋常ではなく大変なのです。

私は、今でこそ、このように偉そうにブログを書いていますが、
システムトレードを始める前は完全に相場の肥やしでした。
ザラ場は普通のサラリーマンよりチラチラ眺めることはできますが、
腰を据えて、デイトレに励むことはできません。

そういう意味で、普通(以下)の才能で、トレード環境も普通です。

それでも何度も間違いながら師匠を見つけ、
300万から始めて、ある程度の規模の資産まで大きくしました。

そういう意味で、少なくとも参考程度にはなるかと思います。
人にモノを教えられる程、株や相場を理解しているかはわかりませんがね。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 18:18 | Comment(0) | シストレ初心者へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする