なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
株よりチョロい? ビットコイン関連のオススメ
ビットコインにマウントゴックスの「怪しい」イメージがあるなら、それはもったいない!
食わず嫌いをせず、騙されたと思って、BTCのファンダを学んでみてください。

 これでわかったビットコイン
ビットコインのファンダメンタル的な側面の理解が深まる本です。
理解しにくいビットコインのシステムや裏付ける技術を簡単に解説しています。

 1時間でわかるビットコイン入門
ビットコインの具体的な使い方や運用の仕方をわかりやすく解説した本です。
取り敢えず「買ってみる」ならこの本で充分です。

ビットコイン トレードグランプリ BitFlyer(ビットコインの取引所)
ビットコインのトレードならBitFlyerがダントツ
(管理人は主要なブローカーは全て開設し、比較・検討しました)
チャート見やすい、ツール使いやすい、出来高多い、手数料安い。
BF経由のネットショッピング(楽天市場など)でBTCの還元もアリ。
SBI、GMO、MUFG、電通、リクルートなどが出資しているので、資金的な裏付けも万全。
究極の検証ソフト「システムトレードの達人」
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
個別株のシステムトレードをするなら資金量を考慮できるソフトでなければ使い物になりません。 シス達はもちろん資金量を再現できます。
「手数料考慮」「ザラ場指値、寄り指」「動的フィルター、静的フィルター」「ダウや日経など指数によるフィルタリング」「ドテン売買」「複数ストラテジーの同時検証」「ストップ安、ストップ高の除外」「空売りや成行注文の際の資金枠の拘束」など、実際のトレードに極めて近いバックテストが可能 です。
驚くべきはサポート体制。例を挙げると「バージョンアップ無料」「追加して欲しい指標や機能の要望OK」「定期的なユーザーどうしの交流会」。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、「システムトレードの達人」を超えるソフトを作るのは、かなり難しい と思います。

2017年10月08日

選挙:簡単な選び方

今日は管理人流の、一見難しい選挙の内容を簡略化して考える方法をお伝えします。

まず、今回の選挙の正しい構図は、

与党:自民党、公明党(安倍政権)
保守系野党:維新の会、日本のこころ、希望の党の半分
サヨク:共産党、社民党、立憲民主党、希望の党の左半分

こうなります。

希望は保守系野党に分類されることが多いのですが、
構成員はほぼ民進党で、選挙後に分裂、離党、乗っ取りなどで、
民進や立憲民主に合流する可能性が少なからずあります。
希望を保守だと思って投票したら、選挙後はサヨクになっていた ということがありそうです。

さて、選挙、意図的にかもしれませんが、難しく報じられます。

が、日本は、些末な政策の議論ができるほど、政治が洗練されていません。
裏を返せば、簡単に外せる、「さすがにこれはないだろう」という
政党や候補者が未だに存在している(存在を許している)ということです。

■日本国民の方を向いて政治をしているか

政治家には3種類あります。
国民のために働く先生、自分のために政治家をやる人、他国のために政治をする輩。

残念ながら、3極のうちサヨクは、
日本よりも半島や大陸の方を向いている
と思われても仕方がないことをやっています。
このような輩は、政策以前の問題です。

半島や大陸の方を向いている政党や候補者は、
どんなに耳障りの良いことを言っていても、絶対に排除しなければなりません。

次に、自分のために政治をやっている人を見分ける方法です。
これも簡単で、チェック項目はただ1点です。

■主張が何年も一貫しているか

何かを為したくて政治家をやっている(手段として政治家をやっている)先生と、
政治家を続けること自体が目的で政治家をやっている人を見分けるのは簡単です。

「主張が一貫しているか」

これだけです。

政治には、世論の風潮で、風が吹くこともあれば逆風のときもあります。
強い政治信条があれば、逆風のときでも自分の主張を曲げることはありません。
これが政治家としての矜持 というものでしょう。

具体的に例を挙げましょう。

政治の根幹をなす安全保障について、民進党と希望の党は正反対の立ち位置です。
民進党から希望の党に合流した政治家が100人以上います。
様々な言い訳をしていますが、先に離党した長島昭久を除く民進→希望組は、
その場の風次第で、いくらでも自分の意見を曲げられる人です(大衆迎合主義者、ポピュリスト)。

このような人たちに、私たちや子供の未来を託せますか?

ここから先に進める政党や候補者のみが、始めて政策論争になるのですが、
もう2つ3つしか、政党が残っていません。

あとは、積極的なフィルターをかけます。

■政策の実績(実現可能性)

最後に、与党を経験した政党や候補者は実績を評価、
野党の経験しかない政党や候補者の場合は公約の実現可能性を考えて選択します。

一般的に、野党の方が大胆な公約を掲げることができるので注意が必要です。
たとえば、共産党は政権を取れないから非現実的な主張が“ある意味”許される風潮ですし、
旧民主党は大風呂敷を拡げて政権を取りました(結果、ほとんど何もできませんでしたが)。

維新の会と希望の党の政策はかなり共通する点があり、
同じ極として扱わることが多いようですが、決定的に違う点が「実績」 です。
似たような政策であれば、実績のある方を選ぶのが合理的な判断 ではないかと思います。

**********

以上、候補者の仮面やマスコミの作る風潮に騙されずに選択する方法をご紹介しました。

以上の点を考慮すると、
積極的には日本維新の会を、
小選挙区に維新の候補者がいなければ消極的に自民(か公明)を選ぶのが良いのではないか、

という結論に管理人は達しました。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 羽月 庵 at 17:39 | Comment(0) | 相場雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

選挙次第でアベノミクス相場再来?

たまにはトレードのことを書きましょうか。
最近はまるっきり政治一色になってしまっていますからね。

(システム)トレードにも政治は大事な要素です。

2013年のアベノミクス相場、爆益でしたよね? 私はあの1年で数倍になりました。
では民主党政権の2010年〜2011年はどうでしたか?
震災の逆張りはあってにせよ、やりにくい相場だったのではないでしょうか。
これが金融・経済政策がシステムトレードにも影響するという証左です。

今回、与党(というか、安倍総理)や維新が大勝すれば、消費税増税は凍結、
もしかしたら減税になるかもしれません。


根拠は…
安倍総理は偏向報道バリバリのマスコミや、乗っかる野党、
さらに財務省の言うなりの増税派の党内野党(野田聖子や石破茂など)を気にして、
リフレ的な経済政策を言い出せずにいます。
それでも考えの片鱗は見せています。
「プライマリーバランスの黒字化は先送りする」
「リーマンショック級の大きな影響、経済的な緊縮状況があれば消費増税は延期する」

(地上波はお得意の偏向報道であまり報じませんが)

リーマンショック級の影響?
多分ありますよ。年末か来年に、半島で戦争があるはずですから。

安倍政権で日本の財政再建はほぼ終わっています。
子会社である日銀と連結すれば、純債務はほとんどありません。
ハイパーインフレがどうといかいう輩は、
この連結決算(「統合政府」と言います)を知らないか理解できないだけです。

「ある日、突然、国債が売り込まれて暴落する」というハイパーインフレ論者、
日本国債のショートポジションを大量に仕込んでいますよね?
そのままずっと抱えていてください。大損しますから。

 ←財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済(上念司)

消費増税凍結、さらには減税ということになれば、景気拡大は確実で、
2013年のアベノミクス相場の再来もあるかもしれません。


だから、システムトレードで利益を上げるという点だけとってみても、
政権を取っても何もできなかった政党、
見た目は立派でも中身はスッカスカの政党、
信念がなく言うことがコロコロ変わる候補者には退場してもらう他ありません。

安倍総理やアベノミクスを推進する勢力に、私たちが投票で力を与えるしかありません。

このブログは運営を始めて10年くらいになります。
私、数年前とは意見が違います。当時は色々なことがよくわかっていませんでした。
昔の記事は恥ずかしいのですが、黒歴史として自戒の意味を込めて残してあります。

今回の選挙は、国民の、反日やフェイクニュースとの戦いです。
私は、比例は維新の会に、選挙区は自民(維新の候補がいない)に投票します。


↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 羽月 庵 at 20:11 | Comment(0) | 相場雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

新興株の暴落、収束か?

北朝鮮情勢を受け、昨日から今日の午前中にかけて、新興株が暴落しました。

昨日の暴落で、買いシグナルがオニのように発生しました。
感覚的にも底が近いのはわかりましたし、
もう一時的なDDにも慣れっこになってきました。

朝方、大きめに下げて始まったので、
今日中に反発しないとちょっとDDがキツくなるかなという思いはよぎりましたが、
おそらく早いうちに反発するだろうという予測はできました。

今の資産は、先週末比-0.2%程度なので、よくやっているのではないかと思います。
「上回っている」と書ければカッコ良かったのですが(苦笑)、
トレンドフォローのポジションが大きめだったので、その分を埋め切れませんでした。

自慢話を書くつもりはありません。
システムトレードを正しくやっていると、
不意な暴落にも冷静に対応して利益を上げる(資産を減らさない)ことができる

ということが言いたいのです。

余談ですが、国会中継や政治系の動画を見る(仕事中にBGM代わりに流す)と
かなり戦争のニオイがしていたので、
防衛関連銘柄の代表である6208石川製作所を仕込んでいました。
今日の寄り付きで半分売りました。
もちろん裁量ですから、株数はほんの少しです。

システムをやり込むと、裁量にも強くなります。
売るべきポイント、買うべきポイントが自然と身につくので、
値動きにアオられなくなるからだと思います。

明日、かなりの銘柄に決済シグナルが出ているので、
それでひとまず今回の暴落シリーズはお終いです。



↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 羽月 庵 at 17:44 | Comment(0) | 相場雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする