2019年08月12日

投資詐欺の本当の問題

年利について少し補足すると、
数百万と数億と、同じ利回りを出すのは難しいのは確かです。

数百万から今まで、平均年利30%以上を叩けても、
今から10年後まで同じ利回りを出すのは相当難しいでしょう。

そいう意味で、数億円を高利で回せる案件は貴重なのかも知れません。

ただし、今回は信用リスクや流動性リスクがありすぎて、
億単位で突っ込むには、運用資産は数百億必要かと思います。
ざっくり1%以下ということですね。

まぁ数百億あれば、数%でも十分な利益でしょうから、
そんな危険なところに突っ込む理由は別の意味でなくなる可能性もあります。
(その領域まで達していないのでわかりません)

さて、カンボジアの土地とは少しそれますが、
他人に運用を任せることにはもっと重大な問題があります。

それは

他人に運用を任せると
増えても減っても、
自分の技術はほんの少しも上達しない


ということです。

運用先の真贋を見分ける「技術」が磨かれると主張されるかも知れません。

例のカンボジアの知人は

「投資案件が本物か偽物かの判断は
案件を持ってきた人が金持ちかどうかで判断する」

と言っています。

確かにそうなのかもしれませんが、
詐欺師は「見せる」のが上手ですからねぇ。
私、そういう人を数十人単位で見てきましたから。

カネを自分の手元に置いて、自分の才覚と責任で運用するのが、
結局は一番安全で一番の近道
ということです。
楽して儲けられるなどということはないと思っています…今のところは。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ


posted by 紫苑 at 02:44 | Comment(0) | 詐欺商材撲滅運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

「カンボジアの土地」から考える投資詐欺の特徴

「カンボジアの土地を買いませんか?」

詳しい内容は前回のエントリーを。

この、おそらく詐欺案件から学ぶこと。
私にとっては「どう断るか」ということです。

私がカンボジアの土地に突っ込む合理的理由がない理由、
二つ目は流動性リスクです。

年利30%の株と年利30%の不動産があったとします。
どちらを選択するべきでしょうか。
年利30%の日本の土地と年利30%のカンボジアの土地ならどうでしょうか。

不動産より株、カンボジアより日本です。

同じ利回りなら換金性が高い方が良い投資案件だからです。

カンボジアの土地に突っ込んだ場合、現金化できるのは数年後です。
数年間は相手側を「信じて」待ち続けなければなりません。

私も20年くらい前に詐欺案件を引かされたことがあります。
他にも毎年のように詐欺案件がニュースになります。
バカバカしいですがこのような詐欺案件を分析してわかったことがあります。

共通するのは、この「流動性リスク」でした。

高利回り+低流動性≒詐欺

このように考えてほぼ間違いないと思います。

高いインカムゲインを餌に元本をブン獲る作戦の詐欺なのです。

まぁ仮に今回のカンボジアが本物だったとしても、
同じような建て付けの詐欺案件はゴロゴロしています。
カンボジアで増えても、そのうち同じような詐欺案件で引かされて、
最終的には終わり、いつかは同じことです。

ということで、知人には、

・利回りがシステムトレードより低いこと
・流動性リスクが高いこと

を理由に断ります。

まぁ100万くらい…と思わなくもないのですが、
ここできちんと断らないと次やその次がありそうで…。
面倒なことです。

ま、断ったら何を言われるか、ある意味、楽しみではあります。

*流動性リスクについての考え方は、詐欺ではなくても大事だと思います。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 01:00 | Comment(0) | 詐欺商材撲滅運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

推定詐欺話「カンボジアの土地を買いませんか?」

「カンボジアの土地を買いませんか?」

異業種交流会の知人に飲みに呼び出され、言われたことがコレ。
あぁ久々にきたなぁ。面倒くさいやつ…。

7年で5倍くらいになるそうだ。
まぁ途上国の土地ならあり得るかもね。

驚いたのはそのスキーム。

カネを現金で知人に渡し、知人が彼の友達に渡し、
その友達が現金でカンボジアに持ち出し、
カンボジアの現地法人の口座に入金して買うんだと。
で、契約書は半年後。

おいおいおいおい。本気か?
どう考えてもムリだろ。

1口150万。

そもそもそんなに儲かるなら自分でやれば?
額も小さいし。

もう詐欺の臭いしかしません。

万万が一、マトモな投資案件だったとしても、
私にはカンボジアの土地を買う合理的な理由がありません。

理由は三つあります。

おそらく詐欺ですが、知人に理屈で断るためにも、
良い機会なので冷静に分析してみます。

買えない理由の一つは利回り

カンボジアの土地
7年で5倍→年利約25%(複利計算)

私、システムトレードを中心に13年で35倍
複利計算だと年利30%強

単純に利回りだけ比較しても買う理由がありません。

(つづく)

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 08:55 | Comment(0) | 詐欺商材撲滅運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする