なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
究極の検証ソフト「システムトレードの達人」
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
個別株のシステムトレードをするなら資金量を考慮できるソフトでなければ使い物になりません。 シス達はもちろん資金量を再現できます。
「手数料考慮」「ザラ場指値、寄り指」「動的フィルター、静的フィルター」「ダウや日経など指数によるフィルタリング」「ドテン売買」「複数ストラテジーの同時検証」「ストップ安、ストップ高の除外」「空売りや成行注文の際の資金枠の拘束」など、実際のトレードに極めて近いバックテストが可能 です。
驚くべきはサポート体制。例を挙げると「バージョンアップ無料」「追加して欲しい指標や機能の要望OK」「定期的なユーザーどうしの交流会」。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、「システムトレードの達人」を超えるソフトを作るのは、かなり難しい と思います。

2018年05月13日

党名も助成金もロンダリング;玉木と国民党

森友学園は8億円の値引きでモメている。
お隣の辻元公園…おっと間違えた、野田中央公園は
14億も値引きしているのに、こっちは知らんぷり。

ただ、辻元公園…おっと間違えた、野田中央公園の値引きも真っ青なことを
元希望の党代表、現国民民主党代表の玉木雄一郎がやってのけた。

私、玉木の肩書を「元希望の党代表、現国民民主党代表」と書いたが、
一つ書き忘れた肩書がある。

「元国民党代表」だ。

???と思ったアナタ。
是非、最後まで読んで頂きたい。

希望の党が、松沢議員を中心にしたグループと、
玉木のグループに分裂して、玉木組は民進党と合流したのはご存知のとおり。

でも、正確には、希望の党は
希望の党(松沢)と国民党(玉木)に分党た。
「国民党」だ。国民民主党ではなく。

その後、国民党が民進党と合併し、国民民主党になった。

国民党、存在すら知らない方がほとんどだろう。
それもそのはず。
国民党は、玉木が5月6日に届出、5月7日に解党した からだ。

なぜこんな面倒なことをしたか。

希望の党の政党助成金を国民民主党に引っ張ってくるためだ。

news_20180508180659-thumb-autox380-136815.jpg
これで玉木一派は年間100億前後の政党助成金を手にした。

玉木一派の分党は国民の審判を受けていない。

小池百合子にあやかり、「改憲」「改革保守」とうそぶいて選挙を通ったにもかかわらず、
今や、玉木が「保守」するのは、獣医師会の利権と憲法でしかない。
舌の根も乾かぬうちに護憲とリベラル(要はサヨク)に宗旨変えをした。
小池も追い出し、絵に描いたような背乗りだ。

おまけに連合の票をアテに希望の党を捨てて民進に出戻るのなら、
何重にも選挙民を裏切ることになるのだから、分党ではなく分派…要は追放が当然だ。

それをカネのために複雑なスキームを使って国民の目を欺く。

どう考えても脱法だろ

森友が8億だぁ?
てめぇらの100億に比べたらかわいいもんだろ。
ふざけるのもいい加減にしろよ、玉木。

香川2区の選挙民、今度はきちんと落とせよ!

参考文献
なるほど!政治資金 政党助成関連(総務省)
玉木雄一郎が100億円の政党助成金ロンダリング。国民党を1日だけ新設&解散(netgeek)
国民民主党の裏で…1日で消えた「国民党」 超短命政党、何のために?(J-CAST)

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 紫苑 at 21:31 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

野党は国会の外でどうぞ

週明けから野党が国会に帰ってくるそうな。

17連休?長いGWだったな。楽しかったか?
どの面下げて、何しに帰ってくるのか。
テレビで視聴者にボロクソに言われたからって
日和るんじゃねぇ。
もうずっと休んでろよ。カネはくれてやるから。

お前たちの仕事場は国会の外だろ?
ニコ生の党首討論とか。デモとか。集会とか。
随分忙しそうじゃねぇか。

参考:
野党はもっと国会の外に出て、
共同行動を強めることが大事だ」
(社民党党首・又市征治)


国会は自民と公明と維新で十分なんだよ。
日本の国会は、な。

*****追記*****

「親から『そろそろ国会に出ろ』と…」
(玉木雄一郎・元希望の党代表)


50近いおっさんが「国会に出ろ」と親に言われる。
国会議員とは、登校拒否の小学生程度のレベルかいな。

こんなのが野党第一党になろうかという政党の党首。
こんな奴が小選挙区で通ってる という驚き。
誰? こんな奴に入れたのは。

で、忘れてはならないことがある。
こいつ、改憲すると言って選挙に出た。今はどうだ?
国民党では「審議拒否は(基本的に)しない」と言った。

おい、香川2区の選挙民。
今度はきちんと覚えておけよ。


posted by 紫苑 at 00:40 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

憲法改正を真正面から!

憲法記念日である。

久しぶりに政治系のネタを書こう。

私は地上波と新聞はほとんど見ないが、
憲法改正は危険とか、安倍政権下での憲法改正は認めないとか、
そういったプロパガンダを垂れ流しているのだろう。
早々に電波オークションでもやれば良い。
どのくらいの地上波が生き残れるかな( ̄ー+ ̄)ニヤリ

日本は平和だと言う。

は?
アタマ、ダイジョーブですか?

北朝鮮の拉致は?
中国と韓国の軍事力による国境の変更は?
これでも平和と言えるのか。

北朝鮮に拉致されたアメリカ人3人は開放されたそうだ。
一方で、日本人は何十年も北朝鮮に拉致されて戻ってこれない方がいる。

「返してください」と言って「ハイソーデスカ」と返してくれるなら、
最初から拉致などしない。
「返してもらう」のではない。「返させる」のだ。
なぜ「返させる」ことができないのか。よく考えた方が良い。

竹島も尖閣も、日本の領土だ。
こんなことは近代史を少し学べば子供でもわかる。
それでも、竹島は今日も韓国が軍事力で実効支配しているし、
尖閣付近の領海は、中国の工作船が毎日のように侵犯している。

日本は止めてくださいと言うだけで、ほぼ何もできない。
「止めてもらう」のではない。「止めさせる」のだ。
なぜ「止めさせる」ことができないのか。よく考えた方が良い。

北朝鮮問題の報道で、どうしても引っかかることがある。
「話し合い」か「圧力」か。
あたかも選択肢は2つしかないかのような「刷り込み」をしていることだ。

経済的な圧力、最終的には軍事的な圧力を背景に、
どのように話し合って、相手国に自国の都合を押しつけるかというのが外交
である。
話し合いには、経済  軍事の裏付けが必要なのだ。

経済と外交、軍事と外交は表裏一体
その割合はグラデーションであって、二者択一のような単純なものではない。

日本の外交には軍事力の裏付けが欠けている。

切れるカードが最初から半分しかないのに、
安倍総理は外交でも素晴らしい成果を挙げた(地上波と新聞が報じないだけで)。
たた、次の日本のリーダーは安倍さんと同じことができるだろうか。

自衛権は、国際的に認められた自然権である。
なぜ放棄するのか。

憲法前文には、こう書いてある。

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した。」
*これは(意図的な)誤訳であるが、冗長になるので原文は本記事の最後に載せる

護憲派の方々に問いたい。

諸国民は、平和を愛しているのか。
諸国民は、信頼できるほど公正で信義に厚いのか。


中国は? 韓国は? 北朝鮮は? ロシアは?

前文の前提が崩れているのであるから
(そもそもこんな前提など成り立たないのだが)、
少なくとも外交や軍事に関する条文は書き換えるべきだろう。

憲法改正に危機感を覚える?
は? 私はそんな輩の脳内のお花畑に危機感を覚えるよ。

戦後の日本を軍事的に守ってきたのは、憲法(9条)ではない。
日米同盟、アメリカの軍事力である。

紫苑の推薦図書→カエルの楽園(百田尚樹)

*注釈:平和を愛する…のくだりの原文
we have determined to rely for our security and existence
upon the justice and good faith of the peace-loving peoples of the world.
日本語の憲法はふわっとした表現になっているが、
原文を読めば、かなりひどい内容であることがわかる。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 紫苑 at 21:53 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする