2020年07月04日

【実弾運用録】2020年6月5週目・7月1週目

■システム+裁量
今週:-0.3%(年利-22.2%、6月+7.5%)

********************

ボラの高いレンジ相場で今週も爆益…にはなりませんでした。
金曜日にテラなどを引き当てるも、プラスまでわずかに届かずでした。

システムそのものは強かったのですが、
それ以上に裁量が足を引っ張りました。
配当落ちもあります。

まぁ「山越えを待って売る」ので、最後に少し捕まるのは仕方ないです。
むしろ、ここまででかなり減らせていたので、
裁量初心者としてはよくやった方ではないかと思います。

小額を王道のシステムだけで運用している別口座はほぼゼロまで戻しました。
王道のシステムだけで運用していればこんなに苦しまずに済んだのに…。

米国株は、GAFAMとSaaSクラウド系を中心に買っています。
(FとGは一時的に売り切りましたが)

特にSaaSクラウド系は買い増しをしています。
保有株は
ZM(ズーム)、LVGO(リボンゴヘルス)、FSLY(ファストリー)、
CRWD(クラウドストライク)、NET(クラウドフレア)、NOW(サービスナウ)

特にファストリーはエッジコンピューティングをやっている会社です。

エッジコンピューティングとは、クラウドと端末の間を繋ぐサービス?です。
*エッジコンピューティングの詳細はこちらを。

これから伸びていくというより必須の分野で、
他にクラウドフレア、アカマイくらいしか競合がいません。
ファストリーの顧客には大企業が多いというのも安心できます。

バリュエーションは、正直言って良くわかりません。
アマゾンやマイクロソフトも高い高いと言われ続けても株価は最高値を更新しています。
下がってくるのを待っていましたが、
全然下がらないので、諦めて(無理矢理)買いました。

ファストリーについてはともさんの解説をご覧ください。

米国株について、短期間にかなりぎゅ〜〜〜っと勉強しました。
高配当の難しさとも関係があるので、
近いうちにまとめて記事にしたいと思っています。

日本株は、売ったものの方が多かったですが、
下げに合わせて防衛関連銘柄を少し買い増しました。
大きめに持っているのは、
防衛関連、物流リート、ヘルスケア(大幸薬品、小野薬品、ライオン)
です。

システムはなかなか先に進みません。
空売りスイングを1本、短期売買で買いに偏っている部分があるのでここに売りを、
と考えてはいるのですが、
もともと作りにくかったから残っているわけで、難しいです。

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

posted by 紫苑 at 07:18 | Comment(0) | トレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

【実弾運用録】2020年6月3週目

■システム+裁量
今週:+1.0%(年利-21.9%、月間+7.8%)

********************

ボラの高いレンジ相場。
私のストラテジーは最もやりやすいようで、今週も問題なく勝てました。

水→木のアメリカの急落を裁量が被弾して利益を削りましたが、
(とは言っても、ツイッターに書いたようにだいぶポジションを落としていました)
システムのみなら5連勝でした。

システムの王道のストラテジーのみで運用している口座が
メインとは別にあるのですが、
こちらは年初来プラスまであと2%ということろまでこぎつけました。
いかに「余計なこと」が大ダメージにつながったかわかります。

裁量は利確が進みました。

日本株はもちろん、米国株もかなり持っていたGAFAMを1/3くらいに落としました。

長期用とは言っても、下がったときに買い増しできないのは、私には苦痛でした。
良くも悪くも、10年以上培ってきたトレーダー気質なのだと思います。
その点、常に(現物)フルポジのかぶ1000さんはすごい胆力だと思います。

ポジションを落とした理由は、
・日米ともに上昇の勢いがなくなってきたこと
・アメリカの各州でロックダウン解除の段階の後ろ倒しや州をまたぐ移動の隔離観察の動き
この2点です。

感染者数が増えることそれ自体は株価への影響は軽微だと思いますが、
感染者が増えることによってロックダウンの方向へ向かうのは大いに心配
です。
なので、ポジションを軽くして様子見にしました。

今月はボラの高いレンジ相場が続いていて、システムがオニのように機能しているので、
難しい相場を無理して裁量で稼がなくても良いという気持ちもあります。

唯一、リスクトレードで買い増したのが防衛関連銘柄です。

世界中で閉塞感が強まっている中、良からぬことを考える連中がいるかもしれません。
特に日本の隣国は好戦的な独裁国家が多く、地政学的なリスクは高いと思います。

6208石川製作所
4274細谷火工
6203豊和工業
7721東京計器

興研や重松も防衛関連なのですが、
最近はマスクのイメージが強く、半島情勢などに反応しないので、今回は買いませんでした。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 03:03 | Comment(0) | トレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

【実弾運用録】2020年6月3週目

■システム+裁量
今週:+1.7%(年利-22.9%、月間+6.8%)

********************

引き続き、統計が機能しやすい相場になりました。

シグナルは少ないものの、出たシグナルは高い確率で利益になりました。
特定のストラテジーが調子良かったということもなく、
売り買い、デイトレスイング、薄く広く機能してくれました。

基本的に逆張り(順張りではないという意味)なので、
今のようなボラの高いレンジ相場はやりやすいのかもしれません。

アメリカのSQも今晩(金曜日)で終わることですし、
裁量でもまた少し米国株を買ってみようと思っていました。

折しも、武漢ウィルスの感染拡大?というとってつけたような理由でプチ急落したので、
新規で、リヴォンゴヘルス(LVGO)を追加してみました。
この銘柄、ヘルスケア+SaaS。最強か?という組み合わせですね。

QQQ(≒ナスダック指数)を売って、GAFAMを追加でお買い上げでした。
今、保有しているのは、GAFAMメインで、あとはクラウドとヘルスケアだけです。
他のダウ構成銘柄も持っていません。
もうテックのキラキラだけで良いだろうという、まぁ安易な考えです。

「配当は何だろうか」という以前からの漠然とした疑問がありました。
それが、米国株を研究を進めていく中で、
(米国株のオールドエコノミーは高配当銘柄が多い)
武漢ウィルスの影響を受けて、減配という実害として現れ始めました。

配当とは何かという本質的なことも(時間があれば)書きつけようと思っています。
私が米国株の高配当銘柄を買わないのも、この裏付けによります。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 09:44 | Comment(0) | トレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする