なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。

2016年12月06日

システムトレーダー忘年会

日曜日はフェアトレード社主催のシステムトレーダーの忘年会がありました。

普段は本業のようにシステムトレードをする人たちしか話す機会がないのですが、
ファトレードのシステムトレーダーズミーティングは、
食事をして酒を飲みながら、初心者とも話をします。
初めて○ヶ月という方とお話しをしていると、自分が始めた頃を思い出します。

私がシステムトレードを始めたのは2005年。
日経先物をエクセルを使ってディーリングしていました。

日本の個別株を始めたのは2006年。
検証くんが発売され、斉藤さんの逆張り本がバカ売れした年です。

いろいろ失敗しました。

今は儲かる「型」が一般に知られています。
また、それぞれの型に外せないパラメータがあるのが“わかって”います。

当時は違いました。
逆張りのスイングがメインで、他の儲かる型など知られておらず、
外せないパラメータなど概念すらありませんでした。
一つ一つDDを引かされながら、手探りで探すしかなかったのです。

今の「初心者」の皆さんは、そういう意味では恵まれています。

ストラテジーを作るための「正しい」やり方が、すでにわかっているのです。
多少、手の込んだストラテジーを書かないといけない点を考慮しても、
私が始めた10年前より、随分やりやすくなっています。

それでもある程度きれいな資産曲線を書けないのは、検証が足りないのかなと思います。

私は新しいストラテジーを書くとき、あるいは大幅な改良をするときは、
本格的な検証に入る前にルーティーンとして数百回の検証をします。
ルーティーンに関してはこちら

質は量からしか生まれません。

システムトレードは正しいやり方で学べば確実に儲かる、
投資の世界では数少ないやり方の一つです。
初心者の皆さんには、諦めずに続けてもらいたいと思いますね。

posted by 羽月 庵 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

投資系の営業の電話

本業が自営業だからか、投資系の会社を作ったことがあったからか、
よく営業の電話がかかってきます。
一時期よりはだいぶ減りましたが、それでもかかってきます。
クソ忙しいのに鬱陶しい…。

このご時世に電話営業しないと顧客を開拓できないのは、
ロクなサービスを提供していない証拠なので、ほとんど相手にする必要がありません。


先日、なかなかおもしろい営業の電話がかかってきました。

「金投資しませんか?」

私に投資の営業?
アンタ、イイ度胸してるねぇ( ̄ー ̄)

何でも、JASDAQに上場している大阪の会社だそうで、
金先物をやりませんか? 金は8ヶ月ぶりの安値だから、今買えば…って。

1〜2分話しただけで、矛盾が山ほど出てきました。

超基本的なことですが、先物は「投資」ではなく「投機」。
投資と投機の違いすらわかっていないで電話してきてるの?
自分の売っている商品すら正確に把握していない。恐ろしいことです。

急落でなければ安値圏だから買うというのは、
ボックス相場か上昇相場の押し目でのみ有効な戦略です。
下落トレンドは損失になりますね。
それに、ボックス、上昇、下降のトレンドを判定する期間も必要ですが。

仮に買ったとして、8ヶ月ぶりの安値からどのくらい反発を待つのでしょう。
ここからさらに下がったら抵抗線を下抜けた形になるけど、損切りはどこでしましょう。
いずれにしても、何日くらいで決済するのでしょう。
その取引で期待値はどのくらいなのでしょう。
先物は投機ですからね。
買い切りはできないから、必然的に売ることを想定して買うんです。

システムトレード(DDやPF)の話を理解できていなかったようなので、
この会社は「先物を裁量で買え」と言っていることになります。

個人が裁量でプロに勝てると思いますか?
そんなことをしているから顧客がいなくなって電話営業が必要なんだよね。
ビジネスモデルが間違っているんですよ。
JASDAQはこの程度の会社でも上場できちゃうんだ…。

専門外ですが、金相場でディーリングするのは難しいと思います。
日本の金相場=ドル建ての金相場*ドル円の為替
つまり、金のファンダと為替、どちらの影響も受けます。
一つの相場の予想だけでも難しいのに、素人が二つも正確に予想できますか。
(超長期的には通貨が紙クズ化するので、上昇トレンドだと思いますが)

アンタ、言ってることが矛盾だらけだし。
それに株の信用取引の担保にもならないから資金が拘束されるし。
第一、システムトレードでそれなりに年利を叩き出しているのに、
他の相場に手を出す必要はないでしょ?
と言っても食い下がるので、日本語が理解できないと判断して切りました。

素人を食い物にしようとする姿勢がアリアリで、
先物業界もこんなことをしていては、裾野は広がりませんね。
ヤレヤレ┐(´д`)┌

posted by 羽月 庵 at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

JR九州 IPO参戦

あまりにすることがないし、運用額も微動だにしないので、
IPOにでも参加してみることにしました。

9142 JR九州

実は管理人、IPOは初参戦です。
去年の郵便局のIPOですら参加しませんでした。

どうしもIPOの手法が自分になじまず、
当たるか当たらないかわからないところに資金を拘束されるくらいなら、
システムトレードの短期売買で回した方が
効率が良く稼げるように思えてしまうからです。

ただ、今は資金が余って仕方ないし、
サブで使っているクリック証券が扱っているので参戦。
目一杯申し込んでも100万少々なので、暇な相場の暇つぶしです。

posted by 羽月 庵 at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする