2020年10月10日

トレードは旅路;なぜトレードをするのか

なぜトレードをするのか

このブログにも何度か書きましたが、
私にはトレードを始める前からトレードで稼ぐ明確な理由がありました。

・本業からカネを少し切り離したかった
・老後が心配だった

億トレになり、本業も軌道に乗った今、この理由では
少なくとも今ほどのリスクをとってトレードを続ける意味があまりありません。

ではなぜ続けるのかと言われれば…。

今日はそんなテーマでブログを書いてみます。

米国株で非常に参考にしている師匠的な方の一人、
じっちゃまこと広瀬隆雄さんがとれも綺麗な文を書かれていました。

↓↓↓ココカラ↓↓↓

おとなが苦労話をするのは、それが楽しい思い出だからです。

およそカネで買えるような享楽に、心の底から満足に浸れるようなものはありません。
カネで買えるような享楽である限り、
あなたの人生の「宝」となり、永遠に輝きを失わない良い思い出にはなりません。

もしそういうカネで買えるモノや体験が、自分の人生のハイライトなのであれば、
あなたの人生は、とっても精神的に貧しいものだったでしょうし、
この世にあなたが存在しようがしまいが、どうでもいいような、
つまらない人生だったに違いありません。

苦労を経たうえで獲得する充実こそが、本当に痛快な体験だということは、
昔から文学のテーマとして鉄板ネタとなっています。

人生は旅路であり、何かを掴むまで試行錯誤や苦心惨憺している時期こそが、
あとで振り返ってみると一番楽しく、懐かしい
わけで、
成功してから、ないしはリッチになってから味わえる享楽など、
実はぜんぜん感興のかけらもないのです。

つまりおとなが苦労話を語っているときは、「人生の楽しさ」を語っているのです。


↑↑↑ココマデ↑↑↑

どうですか? 美しい文章ではありませんか?

私が15年前に体系的に学んだ成功哲学にもこのようにありました。

「成功とは、自分にとって価値ある目標を前もって設定し、
段階を追って実現していくこと」


成功とは旅路である

広瀬さんの言うことが私に根ざした成功哲学と一致して、
「人生は旅路」という表現が自分に沁み込んできました。

広瀬さんの全文はこちら
「おとなが苦労話をするのは、それが楽しい思い出だから」

必ずしも果てしなくカネが欲しいわけでも、
仕事を辞めたいわけでもないのにトレードを続けるのは、
トレードが私にとってまさに終わりのない「旅路」だからなのかもしれません。

サブプライムショックでシストレを運用停止にした2008年も、
デイトレ空売りで資産が半分になった2010年も、
シストレグランプリの優勝した重圧に負けた2018年も、全てが私の旅路。

今年の武漢ウィルス相場も、10年後に振り返れば、
キラキラ輝いて見える旅路になっているのかもしれません。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 00:02 | Comment(0) | シストレサイドストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

東海地区(システム)トレーダー忘年会のお知らせ

毎年恒例になってきた

「東海地区システムトレーダー忘年会」

のお知らせです。

日時:12月31日(火)14:00〜17:00
場所:名古屋駅周辺を予定しています!
費用:4000円の予定です


主催は、ゆうしさん、忘太郎さん、私・紫苑です。

今年、成績の良かった人も芳しくなかった人も、一緒にお話ししましょう。

現在、ゲストとして打診しているのは、
フェアトレードの西村社長、GOMATAROUさんなどです。
もちろん、東海地区以外やシステムトレーダー以外の方のご参加も歓迎します。

ちなみに8時からは私は錦に遊びに行くので、ご興味のある方はどうぞ。

参加ご希望の方はコメント欄からご連絡ください。
詳細をお送りします。

<追記>
会場の都合もあり、12月22日24時で募集を締め切ります。
ご参加、お待ちしております。


ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 23:59 | Comment(0) | シストレサイドストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

意志の力

日曜日にフェアトレードの忘年会がありました。

ここでも何度か取り上げている
「システムトレーダー・オブ・ジ・イヤー」

毎年、ドラマがあります。

今年の3位は10年くらい一緒にシステムトレードの研究をしている方でした。

いつもにこにこしている気の良いおじいちゃんです。
お酒がそれほど強くないのか、懇親会ではいつも少し酔っ払って、
「紫苑さん、今年はどう?」
「紫苑さん、空売り教えてよ」
と話しかけてくれます。

基本に忠実なストラテジーを書く方です。
ストラテジーコンテストなどでも入賞したことがあり、
ようやく利回りに結びついたという感じでしょうか。

今年も身内のような方から入賞者が出て、私たちもほっこりしました。

驚いたのは優勝した方です。

優勝したのは(おそらく)全盲の方です。
毎回、杖をついていらっしゃるので、お顔は何度も拝見していました。

シス達は、独自の音声解析ソフトを作って検証されたそうです。
それでも
「最初は(シス達が)何を言っているのかわからなかった。
わかるようになるまで毎日何回もサポートに電話し続けた」
と仰っていました。

資産曲線などもおそらく見えないのではないかと思います。

私たちよりもはるかにハンデを負っているにも関わらず、
デイトレだけで年利110%と驚異的な数字を叩き出されました。
(仮に資産規模が小さかったとしても)

人間の意思の力を強く感じたグランプリでした。

何度も書いていますが、
システムトレードはやればやっただけ結果が出る極めて稀な投資手法
です。

五体満足で何年もやって満足な結果を出せていないのは、
今年のグランプリの方を見て、はっきり言えば恥じ入るべきです。
もちろん私も恥ずかしくない結果を残せるように、日々、検証に励むのみです。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 22:22 | Comment(0) | シストレサイドストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする