なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
究極の検証ソフト「システムトレードの達人」
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
個別株のシステムトレードをするなら資金量を考慮できるソフトでなければ使い物になりません。 シス達はもちろん資金量を再現できます。
「手数料考慮」「ザラ場指値、寄り指」「動的フィルター、静的フィルター」「ダウや日経など指数によるフィルタリング」「ドテン売買」「複数ストラテジーの同時検証」「ストップ安、ストップ高の除外」「空売りや成行注文の際の資金枠の拘束」など、実際のトレードに極めて近いバックテストが可能 です。
驚くべきはサポート体制。例を挙げると「バージョンアップ無料」「追加して欲しい指標や機能の要望OK」「定期的なユーザーどうしの交流会」。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、「システムトレードの達人」を超えるソフトを作るのは、かなり難しい と思います。

***シス達ユーザーの方、フェアトレードや西村剛さん経由でお越しの方へ***
「システムトレーダー・オブ・ザ・イヤー2017」グランプリを受賞しました。
フェアトレードの諸先輩方からの教えを後輩の皆さんにお伝えするべく、筋肉質なストラテジーを効率的に作るための特典をご用意しました。
応募要項はこちらに書きましたので、ご興味のある方はご覧ください。

2018年04月20日

【実弾運用録】2018年4月3週目

*****4月下旬、発売決定!!!*****

「システムトレーダー・オブ・ザ・イヤー2017」ベストパフォーマーが、
システムトレードに行き詰まった人に贈る渾身のストラテジー

・1泊2日型の買い
・デイトレの空売り
・ほとんど負けない暴落逆張り
3点セットを今春にフェアトレード社より販売決定!

「なんだ。そのロジックなら全部知ってるよ」
いえいえ。作り込み方が全然違いますよ。
2017年、その短期売買のストラテジーで勝てましたか?

ストラテジーも完成して、現在、フォワードテスト中です。

マルチ(暴落・1泊2日・デイトレ空売り)
WS000000.JPG
合計損益率1020%、最大DD18.4%(2004年5月17日)
(300万レバ2倍単利、実質検証期間2002年1月〜2017年12月)

ご予約承り中。
詳しくはこちらの記事を。

********************

【トレード成績(株;システムトレード)】

今週の利回り:+1.26%
年利:17.4%(完全複利で運用)
月:-1.2%、火:+1.9%、水:+1.4%、木:-1.8%、金:+1.0%

********************

今週もわずかにプラス。

ただ、ここ1〜2ヶ月と違うのは、
火曜日後場あたりから、突如、システムが噛み合い始めた感じがしたことです。
復調の兆しが見え始めました。

今週末は、フェアトレードのシステムトレーダーズミーティング。

目標金額を達成したり、ストラテジーを販売したりと、
他のトレーダーの方にいろいろ聞かれることと思います。
調子が悪いままだと威勢が悪くなるので、復調が間に合って良かったです(笑)。

ストラテジーの販売は週明け早々に決まりました。

これから最終チェックをして、
購入者の方にロジックのポイントがわかるような資料を作ります。
どちらも今日中。忙しい…。

ちなみに、ハンドルネームは「紫苑(しおん)」にしました。

由来はいろいろあるのですが、自己満足的な側面が大きいので、
ご興味のある方がいれば(いないと思いますが)直接聞いてください。

もっとも、この名前を使うのはネットだけです。
リアルで交流のある方は今までどおり本名で構いません。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 19:19 | Comment(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

【システムトレード】停滞期と突破するきっかけ

*****4月下旬、発売決定!!!*****

「システムトレーダー・オブ・ザ・イヤー2017」ベストパフォーマーが、
システムトレードに行き詰まった人に贈る渾身のストラテジー

・1泊2日型の買い
・デイトレの空売り
・ほとんど負けない暴落逆張り
3点セットを今春にフェアトレード社より販売決定!

「なんだ。そのロジックなら全部知ってるよ」
いえいえ。作り込み方が全然違いますよ。
2017年、その短期売買のストラテジーで勝てましたか?

ストラテジーも完成して、現在、フォワードテスト中です。

マルチ(暴落・1泊2日・デイトレ空売り)
WS000000.JPG
合計損益率1020%、最大DD18.4%(2004年5月17日)
(300万レバ2倍単利、実質検証期間2002年1月〜2017年12月)

ご予約承り中。
詳しくはこちらの記事を。

********************

今日は前回の続き、資産の停滞期と突破するきっかけについて書きます。

私が、利回りを叩けたり、目標額に到達できたのは、
「相場が向いた」
「運が良かった」
直接的な要因はそれだけだと思っています。

資産の停滞期は「相場が向かなかった」。
突破するきっかけは「相場が向くようになった」。

こう書くと元も子もありませんが、客観的な事実です。

ただ「相場が向くようになった」ときに
チャンスをチャンスとして最大限に活かせるような努力、
「相場が向かない」ときには、できるだけダメージを小さく、
できればわずかでも稼げるような努力は続けていました。

5年〜10年に1回、過去の統計どおりの相場がやってきます。
私が資産を倍以上に増やした年は、過去12年で3回あります。


特に2013年のような、ド素人がご丁寧にネギをしょって、
大挙して相場に押しかける年は、システムトレードの大チャンスです。
これが「停滞期を突破するきっかけ」です。

ド素人祭りが終わってしまうと、
しばらくはプロやセミプロ同士の厳しい戦いになります。
これが「資産の停滞期」、去年や一昨年のような相場です。

繰り返しになりますが、10年に1度くらいは、
2013年のようなボーナス相場が、必ずやってきます。


だから、フェアトレードの皆さんもよく言っていますが、
トレードを継続すること、継続できるトレードをすることが、
資産を増やす最大の秘訣です。

そして、チャンスを最大限に活かすように、
プロ同士の戦いにはせめて負けないように、
やはり日々の検証をやりましょう(死ぬほど)ということです。

ボーナス相場はまた必ずやってきます。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 02:32 | Comment(0) | シストレサイドストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

システムトレードの正しい資産の増やし方

*****4月下旬、発売決定!!!*****

「システムトレーダー・オブ・ザ・イヤー2017」ベストパフォーマーが、
システムトレードに行き詰まった人に贈る渾身のストラテジー

・1泊2日型の買い
・デイトレの空売り
・ほとんど負けない暴落逆張り
3点セットを今春にフェアトレード社より販売決定!

「なんだ。そのロジックなら全部知ってるよ」
いえいえ。作り込み方が全然違いますよ。
2017年、その短期売買のストラテジーで勝てましたか?

ストラテジーも完成して、現在、フォワードテスト中です。

マルチ(暴落・1泊2日・デイトレ空売り)
WS000000.JPG
合計損益率1020%、最大DD18.4%(2004年5月17日)
(300万レバ2倍単利、実質検証期間2002年1月〜2017年12月)

ご予約承り中。
詳しくはこちらの記事を。

********************

昨日、フェアトレードの社員さんと電話で話をしました。
販売用ストラテジーの細かい部分を詰めるためです。

その中で、
・資産が増え方=推移
・(金額的な)停滞期
・停滞期を突破するきっかけ
など、資産の額を中心にした話にもなりました。

ラジオでも少しお話しましたが、
金銭的に一番厳しかったのは500万までです。

システムトレードを始めたばかりの頃は、
先物をエクセルでいじった時期もありましたし、
個別をやっても半端な逆張りとデイトレの空売りだけでした。
買ったり負けたりでなかなか思うように増えませんでした。
思い返せば、完全にノウハウ不足だった時期です。

フェアトレードの勉強会やセミナーに参加するようになり、
ストラテジーの型が増えました。
ただ、依然として資産は思うように増えず、ノウハウを実弾運用に生かせず、
「500万まで増えれば思うような運用ができるのに」と、
この時期が一番ジリジリした記憶があります。

この時期のもう一つの問題は、
負けると余計に思うような運用ができなくなる点です。
手数料のインパクトも小さくありません。

負けられない。

販売用ストラテジー、合計損益額を伸ばそうと思えばもっと叩くことができます。
しかし、バックテスト上の結果を良くするために、
利ざやの薄い部分をトレードすると、負けやすくなります。
できるだけ負けない(負けにくい)ようにしました。


停滞期と突破するきっかけは、次の記事で書きます。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 20:14 | Comment(0) | シストレサイドストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする