2019年08月18日

バリュー系の投資法、初心者はご用心

最近、勉強のためにバリュー系の長期投資のツイッターやサロンに参加しています。

定性分析が素晴らしく、結果につなげていて、
私が必死で勉強してもあのレベルになれるのかなと尊敬します。

ただ、どうしても違和感が拭いきれないことがあります。

ほとんどの方が常にフルポジションにしていることです。

フルポジと言っても信用は使わず、現物だけなので、
仮にリーマンショック級の暴落があっても何もせずに持ち続ければ良い
…という理屈です。

常に(現物)フルポジにするのは、
「相場が上に行くか下に行くかわからないから」
「目の前に割安な株があるから」
「銘柄選択を間違えなければ投資はプラスサムのゲームだから」
というのが理由だそうです。

彼らをdisるつもりは全くないのですが…とお断りしておきます。

が、どうしてもこの「常に余力なし」が理解できません。

・相場が上に行くか下に行くかわからない(相場の方向を予想しない)
・指数には勝てる

と言うのであれば、

相場が上昇/下落する可能性が50%ずつと仮定すると、

相場が上昇(50%)
1.銘柄選択で指数に勝てる→大勝
これは問題ありません。

相場が下落(50%)
2.銘柄選択で指数の下落を補って余りある→勝ち
3.銘柄選択でも指数の下落を補えず→(一時的な)負け

少なくとも、3の部分の余力は残しておくべきだとするのが
合理的なリスク管理ではないかと思います。

暴落が起きれば、割安株だろうが資産株だろうが、全部暴落します。
ここで買うのが一番儲かるのです。

平時にフルポジにしない機会損失と
暴落時に余力を残しておかない機会損失と
天秤にかけ、効用の最大化を考える必要がある
のではないでしょうか。

もちろんバリューの常時余力なしの方は
利益の最大化を図るという考えが最初からないのかもしれませんが。

繰り返しますが、バリュー系で結果を出されている皆さんは尊敬しています。
disるつもりも毛頭ありませn。

ただ、素人や初心者がマネをすると、特に今のタイミングでマネをすると、
現物のみフルポジだったしても(=オニのような暴落で退場させられなくても)
精神的に耐えられないのではないか
と思います。

まず、私も含めて、定性分析の素人さんは
銘柄選択が本当に正しいか、株価が本当に割安か、わかりませんからね。

常時余力なし(フルポジ)は、投資術に穴がない場合にのみ有効な戦略です。
この点は、システムトレードも同じです。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ



posted by 紫苑 at 21:19 | Comment(0) | 非シストレ戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

【実弾運用録】2019年8月3週目

【トレード成績(株;システムトレード+裁量少々)】

■システムトレード
今週の利回り:+1.5%
年利:25.6%(完全複利で運用)

■システム+裁量
年利:29.8%(先週比+1.4%)

********************

先週金曜日に大きめの買いポジションを建て、
今週はやや大きめのDDからスタート。
その後も相場全体は出入りの激しい展開でしたが、
システムは気持ちプラス、裁量はゼロくらいでした。

システムはこれだけ値幅があると利益が出せるようです。
売りでも買いでもとれました。

裁量は日立化成に材料が出て大幅プラス。
また、こんな相場でもリートは強く、
普通の個別株のマイナス分を補ってくれました。

緻密にやっていれば、
ココカラファインの上ヒゲとユニゾのホワイトナイトは
利益にできたはずなので反省点です。

個別株は…難しい相場でもありますが、下手過ぎて泣けてきます。
そもそも5月から11月は買わない予定だったのに、
いろいろなものに煽られてつい余計なことをしてしまいます。

結局、大きな利益になったのは、
暮れから春先まで持ち続けた分とイベント投資だけなので、
得意な部分に絞るべきです。
ルールを忘れないようにしないと。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ


posted by 紫苑 at 21:12 | Comment(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

投資詐欺の本当の問題

年利について少し補足すると、
数百万と数億と、同じ利回りを出すのは難しいのは確かです。

数百万から今まで、平均年利30%以上を叩けても、
今から10年後まで同じ利回りを出すのは相当難しいでしょう。

そいう意味で、数億円を高利で回せる案件は貴重なのかも知れません。

ただし、今回は信用リスクや流動性リスクがありすぎて、
億単位で突っ込むには、運用資産は数百億必要かと思います。
ざっくり1%以下ということですね。

まぁ数百億あれば、数%でも十分な利益でしょうから、
そんな危険なところに突っ込む理由は別の意味でなくなる可能性もあります。
(その領域まで達していないのでわかりません)

さて、カンボジアの土地とは少しそれますが、
他人に運用を任せることにはもっと重大な問題があります。

それは

他人に運用を任せると
増えても減っても、
自分の技術はほんの少しも上達しない


ということです。

運用先の真贋を見分ける「技術」が磨かれると主張されるかも知れません。

例のカンボジアの知人は

「投資案件が本物か偽物かの判断は
案件を持ってきた人が金持ちかどうかで判断する」

と言っています。

確かにそうなのかもしれませんが、
詐欺師は「見せる」のが上手ですからねぇ。
私、そういう人を数十人単位で見てきましたから。

カネを自分の手元に置いて、自分の才覚と責任で運用するのが、
結局は一番安全で一番の近道
ということです。
楽して儲けられるなどということはないと思っています…今のところは。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ


posted by 紫苑 at 02:44 | Comment(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする