なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。

2017年03月26日

「総理は忖度認めろ」??? 松井知事会見の本当の要旨

日本維新の会代表・松井一郎大阪知事の党大会後の記者会見の文字起こし
動画はこちら

**********↓↓ココカラ(コピペ・拡散OKです)↓↓**********

当時の橋下・松井の当時の教育改革の流れ
この流れを受けて、私学審としては新規参入をできるだけ認める方向で審議してきた。
という話を私学審議会の梶田会長がされていました。

それはある意味ね、橋下松井でやってきたその路線を忖度していたということです。
私学審会長が。(←ここは強めに言っていた)

それが森友学園の今回の件につながっている。
これをもって松井と森友がつながっているということになれば、
ぼくも辞めなければなりません。

全く同じ状況であると、総理が今。

それであるならば、ぼく自身、今、籠池さんとの直接の関係の中で
ぼくが辞職に値するかと言えば、それは違うでしょうと。ぼくは思っているんでね。

総理もね。まったく辞職に値する話じゃない、と。
このことでね、日本国総理大臣が変わることがね、日本の国のためになるのかね。
僕はそういう風に思いますね。

ただ、総理は忖度ないいうのをね、強弁はもうやめて、丁寧に説明すべきだと思います。

メディアの皆さんもね、今日はさっきも言いましたけど、
民進党の要請を受けて忖度してるじゃないですか。読売新聞も。
なんであの辻元清美さんという名前は一切出さないのかね。
他の人は名前出すのに。そういうのを僕は悪い忖度だと思いますけどね。


**********↑↑ココマデ↑↑**********

で、続けて朝日!の記者とこんな質疑が。

朝日新聞川口「昭恵夫人が名誉校長だったことを受けて、
 財務省が配慮をしたり安い価格で売ったんじゃないか。という忖度があったのではないか」
松井知事「首相や夫人の名前は(勝手に)使われた。
 しかし財務省の職員は違法なことはしていない。職員が心の中でどう思ったかはわからない」
朝日新聞川口「それでは忖度をないと断言するのはおかしいということか」
松井知事「法律の範囲内で“サービス”しただけ。これが籠池が言う“神風”ということだと思う。
 ただ、財務省は違法なことは、首かけてまではしない。これをもって政治的関与とは言えない」
朝日新聞川口「それ自体は悪い忖度ではないということか」
松井知事「土地の値段が安すぎるとか不正があったら全くダメ。
 でも国会の答弁を聞いている限りでは不正はない」

**********↑↑ココマデ↑↑**********

朝日の新聞記者はホントにひどい。
「土地を安い価格で売る」のと、「何かしらの配慮する」のとは、次元が全然違うのだが。

松井知事の言った内容をよく吟味すれば、
大阪では橋下松井の改革の流れを私学審が忖度したように、
国政では忖度した(かもしれない)のは財務省の職員である
と言っていることがわかる。
安倍総理や昭恵夫人が忖度したのではないし、
しかもその職員がした(かもしれない)“忖度”は、法律の範囲内 だとも言っている。

これをマスコミがタイトルをつけると
TBS:維新・松井代表「“忖度”首相は認めるべき」
朝日:松井代表「首相は忖度ないと強弁し過ぎ」
産経:維新・松井一郎代表「安倍首相は『忖度』認めるべき」
こうなるらしい。

総理は、終始国会で答弁しているのは、
自分や夫人が主体的に籠池に忖度したのではないということだ。
松井知事がこの会見で言ったのは、
「籠池に」ではなく、「政治の流れを」忖度して、
財務省職員が窓口でサービスしたかもしれない、しかも適法に。
その上で、このように財務省職員のサービス程度の忖度はあったかもしれないことは
総理も認めたらどうかということだ。


ボイスレコーダーで撮っているんだろう?
新聞はこの程度の日本語も理解できないのか?

財務省の職員が忖度すると(正確にはしたかどうかもわからない)、
なぜ安倍総理や昭恵夫人が裁かれなければならない。

非常にわかりやすい内容だった。

どこまで行っても、この問題は、土地の値引きが適正だったかに尽きる。
それに関しては、近隣の土地も二束三文で売却されているので、
(二束三文が問題ないかどうかは別にして)森友にだけ特別安く売却されたのではない
ことが
証人喚問で葉梨氏が示したとおりだ。
葉梨氏の証人喚問はこちら

*なお、辻元清美のくだりについてはこちらに詳しく載っている。
毎日新聞が全文をアップ後に、
よほど都合が悪かったのか、辻本の部分「だけ」を削除した問題のメールである。

ここでは、「削除された」部分だけを抜き出してアップしておく。

「孫請業者の作業員がその委託社長がしてないといったのにもかかわらず
その三日だけきた作業員が辻元清美が潜らせた関西なんとか連合に入っている人間らしいです
作業員はわからないくせにマスコミにいわしていたそうです」

「下請け業者の社長は現場もマスコミに写し全くうめてないことをしっていて
三日だけきた作業員を辻元清美は送り込みました
(辻)元清美生コンをみればある関西こうえき連合の人間をマスコミに出し
社長の言い分はのせなかったそうです
国会議員の犯罪じゃないですか」


posted by 羽月 庵 at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

「息をするように嘘をつける」人間

23日の証人喚問をyoutubeでそれなりの時間を見た。
与党の質問も野党の質問も見た。

その上で感想。

・野党の質問は事前に打ち合わせをしていたのは明白である
さしずめ、大阪に4野党が出向いたときに打ち合わせをしたのだろう。

余談だが、卑しくも保守を辞任するのであれば、
小池晃、今井雅人、森裕子と並んで写真に映るのは何とか許容できたとしても、
福島瑞穂こと趙春花とは受け入れられないはずである。
これは私が籠池に非常に違和感を感じた点である。

・小学校開設の申請をすること自体が間違いだった
認可に政治的な関与があったとするのは籠池の主観によるによるものであるから、
これがまかり通るならほぼ何でもアリになる。
客観的には、虚偽の内容で開設を申請したから、申請は取り消されて当たり前。
籠池が松井知事を恨むのは、逆恨みのお門違い。

・土地の値引きに政治的な関与があったという物的証拠はない
自民党の葉梨氏の質問に籠池もはっきり証言している。
葉梨「政治の関与があったと言ったが、
籠池氏自身が政治家に対して値引きの交渉やお願いしたことはあるか」
籠池「買取の値下げについて、純粋な政治家の方の対応はなかった」
森友問題はこれで終わりである。

残る問題は(今後の)国有地売却の値引き額の決め方とプロセスなのだから、
もう森友自体は国会で審議する内容ではなくなった。


・寄付や講演料の受け渡しも物的証拠はない
物的証拠はないし、仮にあったとしても、
国会で受け渡しはないという答弁をした(虚偽答弁)以外には、
何の問題があるのかがわからない。

・昭恵夫人の人柄は良いようだ
籠池の奥さんが昭恵夫人に送ったメール、率直に言って粘着質でたまに失礼な内容もある。
稲田大臣が切ったのも無理はない。私なら早々にフェードアウトする。
あのメールにそれなりに対応するのは、いい人以外何者でもない。
が、いい人にありがちな脇の甘さがあり、それが政府の足を引っ張っている。

最も強く感じたのは、この籠池という男の人間性である。

大抵の人は嘘をつくときにはある程度の葛藤があるものだ。
ほとんどの人は他人は騙せても自分は騙せない。

しかし、まさに「息をするように嘘をつける」人間が稀にいる。
あまりに嘘をつき続けると、自分でついた嘘に自分が騙されてしまい、
まるでそれが真実のように錯覚してしまう…らしい。
詐欺師、マルチの自称成功者、マスコミが作った株長者などがこれに当たる。

蓮舫は二重国籍で詰められると挙動不審になるので、
「息をするように嘘をつける」人間ではない。

舛添要一も追求されると開き直ったり怒ったりしたので、
これも「息をするように嘘をつける」人間ではない。

しかし籠池という男は「息をするように嘘をつける」タイプの人間に私には見える。
借り入れが大きすぎて返済するために嘘をつき始め、
やがて自分のついた嘘に自分が取り込まれてしまったのではないか。

野党は「幕開け」だという。

ほぼ詐欺師の主観(あるいは妄想)にいつまで付き合うつもりなのだろう。
韓国の大統領選が終わるまで引っ張るつもりか?
問題を絞って、客観的に審議してもらいたい。

おそらく、共産党は問題の本質にも籠池の人間性にも気づいている。
気づいた上で、政局の材料として続けている。
しかし、民進党は未だ本質をわかっていないようだ。

*****追記*****
なお、この証人喚問は、お約束の朝日を始め、マスコミの偏向報道が特にひどい。
野党側の、主に籠池が根拠も証拠もなく主観で答えている質問しか取り上げず、
与党側の数字や理屈を積み上げる質問は報道しない。
核心を突いたのは、公明党の竹谷とし子氏と自民党の葉梨康弘氏(元警察!)の質問。
youtubeで見れば明らかにわかる。
竹内とし子vs籠池
葉梨康弘vs籠池

posted by 羽月 庵 at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

【トレード成績】2017年3月3週目

今週の利回り:+0.93%
年初からの利回り:7.4%(完全複利で運用)

微増。
大きな負けトレードも大きな勝ちトレードもない、
至って平穏な1週間でした。

19000〜19500円の狭〜いレンジを行ったり来たりで
あまりシステムトレード的には歓迎できる相場ではありませんが、負けなければ良いです。
シグナルが出なくて信用枠が余りまくっていますが、
余計なことはせず、自動的に売買を繰り返すのが、最終的には勝利への近道だと考えます。

posted by 羽月 庵 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする