なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
株よりチョロい? ビットコイン関連のオススメ
ビットコインにマウントゴックスの「怪しい」イメージがあるなら、それはもったいない!
食わず嫌いをせず、騙されたと思って、BTCのファンダを学んでみてください。

 これでわかったビットコイン
ビットコインのファンダメンタル的な側面の理解が深まる本です。
理解しにくいビットコインのシステムや裏付ける技術を簡単に解説しています。

 1時間でわかるビットコイン入門
ビットコインの具体的な使い方や運用の仕方をわかりやすく解説した本です。
取り敢えず「買ってみる」ならこの本で充分です。

ビットコイン トレードグランプリ BitFlyer(ビットコインの取引所)
ビットコインのトレードならBitFlyerがダントツ
(管理人は主要なブローカーは全て開設し、比較・検討しました)
チャート見やすい、ツール使いやすい、出来高多い、手数料安い。
BF経由のネットショッピング(楽天市場など)でBTCの還元もアリ。
SBI、GMO、MUFG、電通、リクルートなどが出資しているので、資金的な裏付けも万全。
究極の検証ソフト「システムトレードの達人」
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
個別株のシステムトレードをするなら資金量を考慮できるソフトでなければ使い物になりません。 シス達はもちろん資金量を再現できます。
「手数料考慮」「ザラ場指値、寄り指」「動的フィルター、静的フィルター」「ダウや日経など指数によるフィルタリング」「ドテン売買」「複数ストラテジーの同時検証」「ストップ安、ストップ高の除外」「空売りや成行注文の際の資金枠の拘束」など、実際のトレードに極めて近いバックテストが可能 です。
驚くべきはサポート体制。例を挙げると「バージョンアップ無料」「追加して欲しい指標や機能の要望OK」「定期的なユーザーどうしの交流会」。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、「システムトレードの達人」を超えるソフトを作るのは、かなり難しい と思います。

2017年10月13日

【トレード成績】2017年10月2週目

【トレード成績(株;システムトレード)】
今週の利回り:+2.05%
年利:36.3%(完全複利で運用)

【トレード成績(ビットコイン;今のところ裁量)】
今週の利回り:+4.01%
年利(5月末スタート):52.1%(完全複利で運用)

**********

株は絶好調です。

日々のデータは残していませんが、9月下旬から負けた日の記憶がほとんどありません。
10月は証券会社がデータを残してくれていますが、負けなし。

まぁこれだけ勝つと反動が心配ですが、
来年に先延ばしになってしまった金額的な目標に向けて、
1円でも多く稼いでもらいたいものです。

来週から、新しいタイプのストラテジーを試験的に動かす予定で、
こちらも活躍を期待しています。

ビットコインはだいぶ自動化に近づいてきました。

また、値動きも週半ばから好ましい動きになりました。

ただし、今日はボラがありすぎて、逆にやりにくい展開になっています。
種まきはしたので、相場が落ち着いたら、大きな利益になっていると思います。
…が、これがいつになることやら。しばらくは我慢の期間が続きそうです。

ヒントとしては、「さすがに買われすぎ」です。
BitFlyerのFXなら、ビットコインのショートポジションが持てます。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 羽月 庵 at 23:41 | Comment(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

急騰銘柄飛び乗り飛び降りストラテジー(よっしーさん:管理人の友人)

超久々の優良ストラテジーのご紹介です。

今、システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.comのユーザーのトップランク6人で、
季節に1回、勉強会のようなものを開催しています。

皆さん、勉強会にはビシっと一直線の資産曲線を提出してくるので、
私も身が引き締まる思いでいつも参加しています。
(本業が忙しいので、検証回数をこなすのがキツいです)

その友人の一人である「よっしー」さんがストラテジーを販売しているので、取り上げます。

昇竜拳GU戦略

よっしーさんに伺ったところ、
「強い上昇トレンドにある銘柄に飛び乗って飛び降りる」
タイプのストラテジーとのこと。

fx-onのランキングで第2位の収益率です。

なお、ブラックボックス(ストラテジー非公開)での販売ですが、
およそのストラテジーを聞いたところ、マーケットインパクトが出そうでした。
非公開でも止むを得ないかなと思います。

2011年1月から直近までの成績
収益率:501%
勝率:46.7%
PF:1.91
DD:6.33%

収益率もさることながら、DDが小さいのは良いですね。

よっしーさんは、勉強会でも独自性のあるストラテジーを熱心に検証して提出してきます。

余談ですが、私はストラテジーを作り込んでしまうので、
販売用のストラテジーをどのように作るのか、よっしーさんに聞いていました。
「同じアイデアのストラテジーを同時に2本作って、自分の使わない方を売る」
昇竜拳も、よっしーさんが勉強会で開発して実弾運用したものの亜型 とのことです。

なお、よっしーさんは反発を確認してからの逆張りストラテジーも発売しています。
RIDE ON!

よろしければお買い求めください。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 羽月 庵 at 01:55 | Comment(0) | 優良投資情報&投資本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

選挙:簡単な選び方

今日は管理人流の、一見難しい選挙の内容を簡略化して考える方法をお伝えします。

まず、今回の選挙の正しい構図は、

与党:自民党、公明党(安倍政権)
保守系野党:維新の会、日本のこころ、希望の党の半分
サヨク:共産党、社民党、立憲民主党、希望の党の左半分

こうなります。

希望は保守系野党に分類されることが多いのですが、
構成員はほぼ民進党で、選挙後に分裂、離党、乗っ取りなどで、
民進や立憲民主に合流する可能性が少なからずあります。
希望を保守だと思って投票したら、選挙後はサヨクになっていた ということがありそうです。

さて、選挙、意図的にかもしれませんが、難しく報じられます。

が、日本は、些末な政策の議論ができるほど、政治が洗練されていません。
裏を返せば、簡単に外せる、「さすがにこれはないだろう」という
政党や候補者が未だに存在している(存在を許している)ということです。

■日本国民の方を向いて政治をしているか

政治家には3種類あります。
国民のために働く先生、自分のために政治家をやる人、他国のために政治をする輩。

残念ながら、3極のうちサヨクは、
日本よりも半島や大陸の方を向いている
と思われても仕方がないことをやっています。
このような輩は、政策以前の問題です。

半島や大陸の方を向いている政党や候補者は、
どんなに耳障りの良いことを言っていても、絶対に排除しなければなりません。

次に、自分のために政治をやっている人を見分ける方法です。
これも簡単で、チェック項目はただ1点です。

■主張が何年も一貫しているか

何かを為したくて政治家をやっている(手段として政治家をやっている)先生と、
政治家を続けること自体が目的で政治家をやっている人を見分けるのは簡単です。

「主張が一貫しているか」

これだけです。

政治には、世論の風潮で、風が吹くこともあれば逆風のときもあります。
強い政治信条があれば、逆風のときでも自分の主張を曲げることはありません。
これが政治家としての矜持 というものでしょう。

具体的に例を挙げましょう。

政治の根幹をなす安全保障について、民進党と希望の党は正反対の立ち位置です。
民進党から希望の党に合流した政治家が100人以上います。
様々な言い訳をしていますが、先に離党した長島昭久を除く民進→希望組は、
その場の風次第で、いくらでも自分の意見を曲げられる人です(大衆迎合主義者、ポピュリスト)。

このような人たちに、私たちや子供の未来を託せますか?

ここから先に進める政党や候補者のみが、始めて政策論争になるのですが、
もう2つ3つしか、政党が残っていません。

あとは、積極的なフィルターをかけます。

■政策の実績(実現可能性)

最後に、与党を経験した政党や候補者は実績を評価、
野党の経験しかない政党や候補者の場合は公約の実現可能性を考えて選択します。

一般的に、野党の方が大胆な公約を掲げることができるので注意が必要です。
たとえば、共産党は政権を取れないから非現実的な主張が“ある意味”許される風潮ですし、
旧民主党は大風呂敷を拡げて政権を取りました(結果、ほとんど何もできませんでしたが)。

維新の会と希望の党の政策はかなり共通する点があり、
同じ極として扱わることが多いようですが、決定的に違う点が「実績」 です。
似たような政策であれば、実績のある方を選ぶのが合理的な判断 ではないかと思います。

**********

以上、候補者の仮面やマスコミの作る風潮に騙されずに選択する方法をご紹介しました。

以上の点を考慮すると、
積極的には日本維新の会を、
小選挙区に維新の候補者がいなければ消極的に自民(か公明)を選ぶのが良いのではないか、

という結論に管理人は達しました。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 羽月 庵 at 17:39 | Comment(0) | 相場雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする