なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
究極の検証ソフト「システムトレードの達人」
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
個別株のシステムトレードをするなら資金量を考慮できるソフトでなければ使い物になりません。 シス達はもちろん資金量を再現できます。
「手数料考慮」「ザラ場指値、寄り指」「動的フィルター、静的フィルター」「ダウや日経など指数によるフィルタリング」「ドテン売買」「複数ストラテジーの同時検証」「ストップ安、ストップ高の除外」「空売りや成行注文の際の資金枠の拘束」など、実際のトレードに極めて近いバックテストが可能 です。
驚くべきはサポート体制。例を挙げると「バージョンアップ無料」「追加して欲しい指標や機能の要望OK」「定期的なユーザーどうしの交流会」。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、「システムトレードの達人」を超えるソフトを作るのは、かなり難しい と思います。

***シス達ユーザーの方、フェアトレードや西村剛さん経由でお越しの方へ***
「システムトレーダー・オブ・ザ・イヤー2017」グランプリを受賞しました。
フェアトレードの諸先輩方からの教えを後輩の皆さんにお伝えするべく、筋肉質なストラテジーを効率的に作るための特典をご用意しました。
応募要項はこちらに書きましたので、ご興味のある方はご覧ください。

2018年04月13日

【実弾運用録】2018年4月2週目

*****4月下旬、発売決定!!!*****

「システムトレーダー・オブ・ザ・イヤー2017」ベストパフォーマーが、
システムトレードに行き詰まった人に贈る渾身のストラテジー

・1泊2日型の買い
・デイトレの空売り
・ほとんど負けない暴落逆張り
3点セットを今春にフェアトレード社より販売決定!

「なんだ。そのロジックなら全部知ってるよ」
いえいえ。作り込み方が全然違いますよ。
2017年、その短期売買のストラテジーで勝てましたか?

ストラテジーも完成して、現在、フォワードテスト中です。

マルチ(暴落・1泊2日・デイトレ空売り)
WS000000.JPG
合計損益率1020%、最大DD18.4%(2004年5月17日)
(300万レバ2倍単利、実質検証期間2002年1月〜2017年12月)

ご予約承り中。
詳しくはこちらの記事を。

********************

【トレード成績(株;システムトレード)】

今週の利回り:+0.68%
年利:15.9%(完全複利で運用)
月:+0.5%、火:+0.0%、水:-0.5%、木:+0.5%、金:+0.1%

********************

何だろう。このモヤモヤ感。
ここ1ヶ月くらい、寄り付きは良くザラ場でヤラれる毎日。
陽線が多く、空売りに厳しい相場だからでしょうか。

今週はそのザラ場を何とか持ちこたえてプラス。
プラスと言うより「負けませんでした」という程度です。

もっとも、昨年11月から今年の2月までは恐ろしく好調で、
何をやっても勝てる状態に慣れてしまっただけで、
去年の今時分はこのような行ったり来たりだったのかも知れません。

システムトレーダー・オブ・ザ・イヤーの連覇がちらつくので、
停滞期が我慢できないのかも知れません。
ラジオでは「連覇へのプレッシャーはない」と答えましたが、多少はあるのでしょうか。

さて、去年11月からずっと続けていた
実弾運用中のストラテジーの大改修がやっと終わりました。
ほとんどのストラテジーが、
合計損益額は減らずに(むしろ増えたものもある)、PFが上がりました。

販売用ストラテジーも形になりました。

実現できていないアイデアがいくつかあるのですが、
とりあえず、検証のペースは少し落とします。
睡眠時間を極限まで削って検証するのは終わりにして、人間らしい生活に戻します。

倒れるより前にストラテジーの大改修が終わって良かったです。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 20:20 | Comment(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

他のトレーダーと違うこと

「システムトレーダー・オブ・ザ・イヤー2017」ベストパフォーマーが、
システムトレードに行き詰まった人に贈る渾身のストラテジー

・1泊2日型の買い
・デイトレの空売り
・ほとんど負けない暴落逆張り
3点セットを今春にフェアトレード社より販売決定!

「なんだ。そのロジックなら全部知ってるよ」
いえいえ。作り込み方が全然違いますよ。
2017年、その短期売買のストラテジーで勝てましたか?

ストラテジーも完成して、現在、フォワードテスト中です。

マルチ(暴落・1泊2日・デイトレ空売り)
WS000000.JPG
合計損益率1020%、最大DD18.4%(2004年5月17日)
(300万レバ2倍単利、実質検証期間2002年1月〜2017年12月)

ご予約承り中。
詳しくはこちらの記事を。

********************

先日のシス達ラジオでお話しした中で、
ブログに書いていなかった重要なことがもう一つあります。

「他の(≒結果の出せない)システムトレーダーとの違い」

私は自分と他人を比較することはあまりないので、
このような話題にはなかなか意識が向きませんでした。

短期売買を高レバレッジでやっているのは、
読者の皆さんであればご存知だと思います。
これは技術的な問題で、人それぞれ、考え方やリアルの状況にもよると思います。

では、なぜ結果を出せるか、
結果を出せない人との決定的な違いは何かと言われれば、

それは、

誰にでもできること(検証)を
誰にもマネできないくらいやった


ということではないかと思います。

ちなみに私は、トレードの才能というか、
相場観などというものは人並みか、平均以下だと思います。
ここに相場観的なことを書けるのは、システムの裏付けが感覚的にあるからです。

そういう意味では凡人です。

凡人が結果を出すには、努力するしかありません。

システムトレードは、努力が結果に結びつく、極めてまれな投資方法です。
やれば結果に結びつくのがわかっているのですから、あとはやるかやらないか。
結果を出したければ(死ぬほど)やればいいだけです。

システムトレードは落ちているカネを拾うのとほぼ同じ。
私は落ちているカネを仲間とたくさん拾いたいと思っています。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 08:31 | Comment(0) | シストレサイドストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

アオられないで! トレード≠競争

「システムトレーダー・オブ・ザ・イヤー2017」ベストパフォーマーが、
システムトレードに行き詰まった人に贈る渾身のストラテジー

・1泊2日型の買い
・デイトレの空売り
・ほとんど負けない暴落逆張り
3点セットを今春にフェアトレード社より販売決定!

「なんだ。そのロジックなら全部知ってるよ」
いえいえ。作り込み方が全然違いますよ。
2017年、その短期売買のストラテジーで勝てましたか?

ストラテジーも完成して、現在、フォワードテスト中です。

マルチ(暴落・1泊2日・デイトレ空売り)
WS000000.JPG
合計損益率1020%、最大DD18.4%(2004年5月17日)
(300万レバ2倍単利、実質検証期間2002年1月〜2017年12月)

ご予約承り中。
詳しくはこちらの記事を。

********************

たまにアウトプットをするというのは、何事でも大事なことです。

先日、ラジオの収録で西村さんにインタビューを受けていました。
(…と書くとカッコ良く聞こえますが、実際は会話を録音した程度です)

その中で、このブログに書き忘れていた大事なことがありました。

「トレードは競争ではない」

年利が良くてMVPを取ったり、
(西村さんや斉藤さんの)目標の金額に最速で達成したり、
一見、華やかに見えるかも知れません。

私が逆の立場だったら、悔しいし、憧れる。
次は自分が…ときっと思っているでしょう。
このくらいだったら良いのですが、中にはアオられる人がいてもおかしくありません。

ラジオでもお話ししましたが、

私は働き盛りで本業も順調。
仮に証券会社に突っ込んでいるカネが全額溶けても、当面の生活には困らない。
(運用は年金と貯金代わりだから、その点では困りますが)

一方で、たとえば年配の方が退職金で運用していたらどうでしょう。
私ほどリスクを取らない(取れない)のがマトモな思考です。

読者の皆さんにぜひ伝えたいことがあります。

トレードは他の誰かとカネを増やす競争では決してありません。

仮に何かと競争するとすれば「昨日の自分」「弱い自分」です。


昨日より今日、今日より明日をいかに良くするか。
競争相手は常に、過去の自分であり、
検証をサボりたい、裁量を入れたい、レバを上げたい(下げたい)弱い自分であり、
そんな自分に勝ち続ける過程こそが成功ではないでしょうか。

数字を追う必要は必ずしもありません。
あなたにはあなたなりの結果の出し方があります。

なぜシステムトレードをやろうと思ったのか。
システムトレードで得たカネで何をしたかったのか。

華やかな世界にアオられて、立ち位置を見失わないようにしてください。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 23:52 | Comment(0) | シストレサイドストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする