なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
究極の検証ソフト「システムトレードの達人」
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
個別株のシステムトレードをするなら資金量を考慮できるソフトでなければ使い物になりません。 シス達はもちろん資金量を再現できます。
「手数料考慮」「ザラ場指値、寄り指」「動的フィルター、静的フィルター」「ダウや日経など指数によるフィルタリング」「ドテン売買」「複数ストラテジーの同時検証」「ストップ安、ストップ高の除外」「空売りや成行注文の際の資金枠の拘束」など、実際のトレードに極めて近いバックテストが可能 です。
驚くべきはサポート体制。例を挙げると「バージョンアップ無料」「追加して欲しい指標や機能の要望OK」「定期的なユーザーどうしの交流会」。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、「システムトレードの達人」を超えるソフトを作るのは、かなり難しい と思います。

***シス達ユーザーの方、フェアトレードや西村剛さん経由でお越しの方へ***
「システムトレーダー・オブ・ザ・イヤー2017」グランプリを受賞しました。
フェアトレードの諸先輩方からの教えを後輩の皆さんにお伝えするべく、筋肉質なストラテジーを効率的に作るための特典をご用意しました。
応募要項はこちらに書きましたので、ご興味のある方はご覧ください。

2018年04月06日

【実弾運用録】2018年4月1週目

「システムトレーダー・オブ・ザ・イヤー2017」ベストパフォーマーが、
システムトレードに行き詰まった人に贈る渾身のストラテジー

・1泊2日型の買い
・デイトレの空売り
・ほとんど負けない暴落逆張り
3点セットを今春にフェアトレード社より販売決定!

「なんだ。そのロジックなら全部知ってるよ」
いえいえ。作り込み方が全然違いますよ。
2017年、その短期売買のストラテジーで勝てましたか?

ストラテジーも完成して、現在、フォワードテスト中です。

マルチ(暴落・1泊2日・デイトレ空売り)
WS000000.JPG
合計損益率1020%、最大DD18.4%(2004年5月17日)
(300万レバ2倍単利、実質検証期間2002年1月〜2017年12月)

ご予約承り中。
詳しくはこちらの記事を。

********************

【トレード成績(株;システムトレード)】

今週の利回り:-3.35%
年利:15.1%(完全複利で運用)
月:-0.6%、火:-1.2%、水:+0.1%、木:-1.3%、金:-0.3%

********************

ん〜、絶不調。

売りか買いかしかないのに、よくこれだけ勝てないものだと思います。

戦犯的なストラテジーはわかっているので、
近々、ストラテジーを師匠に見てもらおうと思っています。

単純に調子が悪いというレベルではなく、
今年に入ってからさっぱり勝てず、というか負け続け、
過去15年の最大DDを50%以上も更新しました。
やられパターンを研究しましたが、
どれも今年に合わせると2017年以前の成績が悪くなります。
おまけにメインストラテジーの一つなのでタチが悪い。

ただのDDならそのまま運用するのみですが、
相場づきそのものが変わっているとか、
検証ではわからなかった潜在的なリスクが顕在化したとか、
そういった場合は致命傷になり得ます。

もうそろそろ我慢の限界、師匠の知恵を借りるしかかなというところです。

プライベートもあまり調子良くなく、
いい季節なのに、ここ1ヶ月くらいは気分が重い…。優れない…。

さて、今朝配信のフェアトレードのラジオは聞いて頂けましたか?
私がゲスト出演して、大スランプにも関わらず^^ゞ、偉そうに語っています。

まだお聞きになっていない方はこちらを是非。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 16:51 | Comment(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

売春常連者を中学校で講演させる名古屋市+逆ギレ

ホントにこの国はどうなっているのか。

前川“ビーチ”喜平

言わずと知れた、天下りを斡旋して、
文科省の事務次官でありながら違法売春の常連だった男だ。
座右の銘は「面従腹背」。

こんな「輩」を中学校に呼んで講演させた自治体がある。
名古屋市 だ。

こんな男に分別もつかない中学生の前で語らせる(「騙らせる」が適切か)。
前川が右とか左とか、時の政権をどのように思っているかという問題ではない。
社会通念上、不適格であるのが明らかな人間を、教育に携わらせて良いのかということだ。
行政が調査や指導をするのは当然である。

これが思想統制?
エイプリルフールのネタか?
笑わせる。

名古屋市と市長の河村たかしは、自由と勝手の違いすら理解できないらしい。
思想の自由を叫ぶのなら、自由の裏側の責任はどう取るおつもりか。
子供の教育に対する責任だ。


名古屋市にお住まいの皆さんは気をつけた方がいい。
あなた方は、
天下りを斡旋した売春の常連者に中学校の講演を依頼し、
行政から注意されると逆ギレするような自治体

にお住まいなのだ。

まぁ、ニュースのソースが朝日新聞なので、
またウソか、捏造か、切り取りかも知れないが。

自由だけ振りかざして、責任を取らないのは、国会の野党も同じ。
ガセネタで倒閣するのは構わないが、お前たちに次の政権を担う能力があるのか。

野党第一党の立憲民主の重役のお歴々、
史上最悪の呼び声高い菅直人政権そのものだろう。
革マル(に侵食されたJR総連)から献金を受けている枝野、
総理になって何をするつもりなのか。

無能なら、邪魔にならないようにせいぜい黙っていろ。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 紫苑 at 08:08 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

【実弾運用録】2018年3月5週目

「システムトレーダー・オブ・ザ・イヤー2017」ベストパフォーマーが、
システムトレードに行き詰まった人に贈る渾身のストラテジー

・1泊2日型の買い
・デイトレの空売り
・ほとんど負けない暴落逆張り
3点セットを今春にフェアトレード社より販売決定!

「なんだ。そのロジックなら全部知ってるよ」
いえいえ。作り込み方が全然違いますよ。
2017年、その短期売買のストラテジーで勝てましたか?

ストラテジーも完成して、現在、フォワードテスト中です。

マルチ(暴落・1泊2日・デイトレ空売り)
WS000000.JPG
合計損益率1020%、最大DD18.4%(2004年5月17日)
(300万レバ2倍単利、実質検証期間2002年1月〜2017年12月)

ご予約承り中。
詳しくはこちらの記事を。

********************

【トレード成績(株;システムトレード)】

今週の利回り:+1.98%
年利:19.1%(完全複利で運用)
月:+1.4%、火:-0.6%、水:-1.9%、木:+2.9%、金:+0.2%

********************

やっと週間プラスに。
勝つのってこんなに難しかったっけ?と思うほどです。

年明けから負け続けていた高ボラ銘柄の空売り(販売用とは違うコンセプト)が
ようやく立ち直る兆しを見せたのが救いです。
木曜日の+3%の半分は、このストラテジーが稼ぎました。
他のストラテジーも強なってはいるものの、私の基本はデイトレの空売りで、
全体の成績も引きずられるのは仕方ありません。

ただ、まだ勝ち切れない、煮え切らない相場が続いています。

日曜日にはトップクラスのシステムトレーダーとのミーティングがあるので、
今は、検証する傍ら、資料作りに勤しんでいます。

ところで。

私、本業に影響があるので、ネットでの実名と顔出しはNGで、
ストラテジーの販売に向けてハンドルネームを考えています。
候補をコメント欄から募集します。条件は、中性的、2音か3音、和名です。

採用された方は…う〜ん、どうしよ。
懇親会で私を優先的に拘束できます(←こんなんじゃやる気にならない?)

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 21:04 | Comment(2) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする