なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
株よりチョロい? ビットコイン関連のオススメ
ビットコインにマウントゴックスの「怪しい」イメージがあるなら、それはもったいない!
食わず嫌いをせず、騙されたと思って、BTCのファンダを学んでみてください。

 これでわかったビットコイン
ビットコインのファンダメンタル的な側面の理解が深まる本です。
理解しにくいビットコインのシステムや裏付ける技術を簡単に解説しています。

 1時間でわかるビットコイン入門
ビットコインの具体的な使い方や運用の仕方をわかりやすく解説した本です。
取り敢えず「買ってみる」ならこの本で充分です。

ビットコイン トレードグランプリ BitFlyer(ビットコインの取引所)
ビットコインのトレードならBitFlyerがダントツ
(管理人は主要なブローカーは全て開設し、比較・検討しました)
チャート見やすい、ツール使いやすい、出来高多い、手数料安い。
BF経由のネットショッピング(楽天市場など)でBTCの還元もアリ。
SBI、GMO、MUFG、電通、リクルートなどが出資しているので、資金的な裏付けも万全。
究極の検証ソフト「システムトレードの達人」
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
個別株のシステムトレードをするなら資金量を考慮できるソフトでなければ使い物になりません。 シス達はもちろん資金量を再現できます。
「手数料考慮」「ザラ場指値、寄り指」「動的フィルター、静的フィルター」「ダウや日経など指数によるフィルタリング」「ドテン売買」「複数ストラテジーの同時検証」「ストップ安、ストップ高の除外」「空売りや成行注文の際の資金枠の拘束」など、実際のトレードに極めて近いバックテストが可能 です。
驚くべきはサポート体制。例を挙げると「バージョンアップ無料」「追加して欲しい指標や機能の要望OK」「定期的なユーザーどうしの交流会」。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、「システムトレードの達人」を超えるソフトを作るのは、かなり難しい と思います。

2017年10月07日

選挙次第でアベノミクス相場再来?

たまにはトレードのことを書きましょうか。
最近はまるっきり政治一色になってしまっていますからね。

(システム)トレードにも政治は大事な要素です。

2013年のアベノミクス相場、爆益でしたよね? 私はあの1年で数倍になりました。
では民主党政権の2010年〜2011年はどうでしたか?
震災の逆張りはあってにせよ、やりにくい相場だったのではないでしょうか。
これが金融・経済政策がシステムトレードにも影響するという証左です。

今回、与党(というか、安倍総理)や維新が大勝すれば、消費税増税は凍結、
もしかしたら減税になるかもしれません。


根拠は…
安倍総理は偏向報道バリバリのマスコミや、乗っかる野党、
さらに財務省の言うなりの増税派の党内野党(野田聖子や石破茂など)を気にして、
リフレ的な経済政策を言い出せずにいます。
それでも考えの片鱗は見せています。
「プライマリーバランスの黒字化は先送りする」
「リーマンショック級の大きな影響、経済的な緊縮状況があれば消費増税は延期する」

(地上波はお得意の偏向報道であまり報じませんが)

リーマンショック級の影響?
多分ありますよ。年末か来年に、半島で戦争があるはずですから。

安倍政権で日本の財政再建はほぼ終わっています。
子会社である日銀と連結すれば、純債務はほとんどありません。
ハイパーインフレがどうといかいう輩は、
この連結決算(「統合政府」と言います)を知らないか理解できないだけです。

「ある日、突然、国債が売り込まれて暴落する」というハイパーインフレ論者、
日本国債のショートポジションを大量に仕込んでいますよね?
そのままずっと抱えていてください。大損しますから。

 ←財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済(上念司)

消費増税凍結、さらには減税ということになれば、景気拡大は確実で、
2013年のアベノミクス相場の再来もあるかもしれません。


だから、システムトレードで利益を上げるという点だけとってみても、
政権を取っても何もできなかった政党、
見た目は立派でも中身はスッカスカの政党、
信念がなく言うことがコロコロ変わる候補者には退場してもらう他ありません。

安倍総理やアベノミクスを推進する勢力に、私たちが投票で力を与えるしかありません。

このブログは運営を始めて10年くらいになります。
私、数年前とは意見が違います。当時は色々なことがよくわかっていませんでした。
昔の記事は恥ずかしいのですが、黒歴史として自戒の意味を込めて残してあります。

今回の選挙は、国民の、反日やフェイクニュースとの戦いです。
私は、比例は維新の会に、選挙区は自民(維新の候補がいない)に投票します。


↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 羽月 庵 at 20:11 | Comment(0) | 相場雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

【トレード成績】2017年10月1週目

【トレード成績(株;システムトレード)】
今週の利回り:+3.31%
年利:33.6%(完全複利で運用)

【トレード成績(ビットコイン;今のところ裁量)】
今週の利回り:+0.29%
年利(5月末スタート):46.2%(完全複利で運用)

**********

株は絶好調でした。
防衛関連銘柄の石川製作所と細谷火工をシステムでも引き当て、大きく利益を出しました。

先週日曜日、フェアトレード社主催のシステムトレーダーズミーティングに参加しました。
斉藤正章さんを囲んでのシークレットランチもあり、
ここにはユーザーの中でも特に熱心なメンバーが集まりました。

ご覧のように、私の年利は30%前後で、自分自身としては全く満足できない成績ですが、
それでも「今年の利回りではトップクラス」(西村さん)とのこと。
他の方との一番の違いは、短期の順張りかなと思います。
ただ、マーケットインパクトが確実に出るストラテジーなので、
「短期の順張り」という以外は極秘です。

ビットコインは好ましい値動きがなく、取引自体がほとんどありませんでした。
まぁ裁量の手動ですから、得意な値動きでなければ、静観が正解ということにしています。
本業は株のシステムですから、取引がなくてもポジション病にはなりません。

余談ですが…

BitFlyerにはチャット機能がついています。
今は読んでいませんが、ビットコインを始めた当初は情報収集がてら読んでいて、
取引対象がビットコインしかない人は、常に売りか買いかという感じで、
窮屈で余裕のないトレードをしているなという感想を持ちました。

余裕のないトレードは良い結果を生みません。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

**********

さて、選挙です。

私は地上波は全く見ませんので、テレビがどんな報道をしているかは全く知りません。

私が集めた情報では、

新人と元民進ノンポリ組の“希望”の党(野望の党?欲望の党?)
元民進反日サヨク組の“立憲”民主党(護憲民主党)
世界でも絶滅しかかっている社会主義共産主義の社民党・共産党

このように消していくと、自民党と維新の会しか残らないのです。

今の安倍政権は、マスコミとは別の意味で私は不満です。

手ぬるい。

ざっくり言うと、安倍政権の政策を強力にスピード感をもって推進する必要があります。
それをできるのが維新の会で、維新が国会で質問する機会が増えれば、
安倍さんももっと自身の考えている方向で政策を進められるのではないかと思います。

私は小選挙区は自民に、比例は維新の会に入れます。
(私が住んでいる選挙区には維新の候補がいない)
この選挙は、国民の、反日やフェイクニュースとの戦いです。
賛同して頂ける方は、是非、投票に行ってください。

 ←日本よ、咲き誇れ(百田尚樹&安倍晋三)

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 羽月 庵 at 23:43 | Comment(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

希望=選挙互助会、立憲民主=反日・共産

公示が近くなり、新党がだいぶ本性を表してきた。

緑の小池率いる希望の党は、190人の候補者の擁立をした。
数だけは立派だが、元民進のノンポリ組が110人。

先に離党した細野豪志や長島昭久は、まだ理解できる。
しかし、このノンポリ組は、所属する選挙互助会を
民進党から希望の党に移した
にすぎない。
こいつらノンポリは、自らの議席と引き換えに小池百合子の忠実な下僕になる だろう。

もっとも、連合を失った元民進など、どのくらい当選するのかは疑問だが。

さて、立憲民主党。

枝野幸男、辻元清美、菅直人、阿部知子、長妻昭、初鹿明博。
赤を通り越して、紅色のメンバーで、笑えるくらいだ。
有田芳生や謝蓮舫も逢坂誠二あたりも選挙後に合流か。

民進党にいた元社民党系の反日サヨクの掃き溜め となった。

もう社民系しかいないのだから、いっそのこと社民党に入れてもらえ。

これでわかりやすくなった。
(ある意味、前原と小池の数少ない功績とも言える)

維新:保守
自民:中道〜保守
希望:自称保守(党首も含め政治信条がない連中の集まりなので評価不能)
*****↑マトモそうなのはここまで↑*****

立憲民主:元社民の反日サヨク
社民:反日サヨク
共産:反日極左(破防法の監視団体)


このサヨクたちがどこまで議席を減らすかというのも、
この選挙の楽しみでもある。

 ←なぜ私は左翼と戦うのか(杉田水脈)

私は日本維新の会に投票します。
ただ、選挙区に維新の候補者がいないので、消極的に自民に投票します。
ガンバレ、国民!

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 羽月 庵 at 17:53 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする