なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。

2017年05月03日

小池百合子の馬脚

小池百合子が馬脚を現した。

都知事選は共産党に担がれ、都議選の選挙協力は公明党。
ファースト党員は元民進党。
しかも、民進の保守ではなく、民進主流のサヨクが選挙目的で移籍しただけ。
で、小池自身の籍は自民党(多分)。

さらに連合とも連携を模索し、
生活者ネットワークとは合意書を交わして連携を決めたそうだ。

ぐちゃぐちゃで右だか左だかわからなくなっているが、
自民とは最初から対決姿勢だし、最近は公明党の影も薄いので、
(今は)左なのだろう。

共産、民進主流、連合、生活者ネット。
もう真っ赤っか。
選挙のためにレッドチームを取り込むつもりだったのかもしれないが、
乗っ取られた感が強い。

民進党を出た長島昭久はこれでも小池と組みたいと言えるのか。

今はネットがあるので、第一会派でなくてもあるいは政局などやらなくても、
政治を真面目にさえやっていれば、民意が後押ししてくれるのに、
目先の選挙に勝つために、民意を捨て小細工に堕した。

中央市場の移転も、オリンピックも、何も決めていない。
対立軸を作って政局をやっただけにしか思えない。

小池百合子は本質を踏み外したので長続きしないのではないか。

もっとも、都知事選は対立候補もどうしようもなかった。
【追記】桜井誠がいましたね。

都議選は、内田の息のかかった自民か、中身民進のファーストかの2択。
選びようがない。

・売国のレッドチーム(worst)は選ばない
・都知事が左だから都議はバランスをとって右
という消去法で、自民(worse)になるのかな。

worseとworstの選択を迫られる都民は可哀想だ。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 羽月 庵 at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

【トレード成績】2017年5月1週目

【トレード成績】2017年5月1週目
今週の利回り:-1.81%
年初からの利回り:8.1%(完全複利で運用)

う〜ん、今週も撃沈。
しかも悪いことに、今週はハズレ銘柄を引かされたわけではなく、
単純にストラテジーの力負けでした。

上昇相場が強く、空売りが満遍なく引かされました。
特に今日(火曜日)などは下げるか、少なくとも陰線を引きそうなのに、
アゲアゲで終了。う〜ん…。

最近判明した問題は、トレンドフォローが全く機能していないこと。

数年前にまだ運用資産が少なかった頃に作ったストラテジーで、
その資金量では機能していたのですが今の資金量ではマズい。
出来高の薄い銘柄では機能したのかもしれないですが、大型はNGということでしょうか。

しばらく運用を停止して検証し直すことにしました。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 羽月 庵 at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

偽物と本物の区別ができる時代

良い時代になった。
ネットを調べればいろいろな“ノーカット”が見られる。
それを元に自分で判断できる。

今までは野党が政府(自民党)を激しく追求する姿を見て、
自民党はダメなんだという印象操作をされがちだった。
国会中継をノーカットで見れば、明らかにダメなのは野党だとわかる。

次の瞬間にでも隣の半島から核弾頭が飛んで来るかもしれないのに、
籠池とツルんで未だに森友を国会でやるのは、異常としか言いようがない。
森友をやるにしても、新聞社や朝鮮学校の土地を含めた
国有地売却という抽象化したレベルでやるべきなのに、
「100万が」とか「忖度が」とか「関与が」とか、ダイジョウブか?

こんな連中が、国会の質問時間の大半を使っている現実。
早く総選挙をやって、支持率6%の政党の議員を適正な人数にしたいと常々思う。

小池百合子に関しても、今までなら改革してくれそうな印象操作をされそうだった。
しかし、都民ファーストの公認を見れば、
元民進が、民進党員のときの左の(というか売国的な)主張そのままで、
(しかも都知事選のときは小池の敵対勢力だったにも関わらず)
選挙用に看板だけ掛け替えて出る輩がいるのがわかる。

小池百合子、使えるものは何でも使うのだろう。
都知事選は共産党、都議選の選挙協力は公明党、党員は元民進党。
で、自分の籍は自民党。
政治信条はないのか。さすがに節操なさすぎではないか。

本来、左翼も国を思う気持ちは変わらないはずなのであるが、日本のサヨクは売国。
まぁ売国に走りすぎてくれるのでわかりやすい。
サヨクからの情報は、読む前から発信元で選別できるので、騙されることもない。
結構なことだ。

日本には保守系の野党が必要だとつくづく思う。

日本維新の会の質疑は見応えがある。
馬場伸幸、下地幹郎、足立康史、丸山穂高。
皆、建設的な良い質問・議論・提案をする。

国会で下地議員が維新の会の方針について演説している動画
「見習いなさい、これが野党のあり方ですよ」

今は人数が少ないので質問時間が短いが、次の選挙では躍進してもらいたい。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 羽月 庵 at 05:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする