2019年07月24日

特殊な時期のストラテジーと生き残りバイアス

これも今年書いた、特殊な時期のストラテジーです。

WS000147.JPG

ストラテジースペック
2300勝1200敗、PF3.12、合計損益194%、最大DD14.7%
(実質検証期間2001年〜直近)

これは母集団の対象上、かなりカーブフィットの可能性があります。
わかっているので、1ショットはかなり控えめです。

さらにこのような特殊なストラテジーを書くときに気をつけているのは、
トレンドフォロー的な要素を必ず入れる
ということです。
エントリーもイグジットも、です。

これは母集団を絞ったストラテジー全てに当てはまるのではないでしょうか。

例えば、日経225採用銘柄を対象にバックテストする場合を考えてみます。

今年、すでに
6773パイオニア→6645オムロン
6366千代田化工→7832バンナム
と2回の入れ替えです。

一般的に225採用銘柄が除外されると、
(というか、パッシブファンドの運用から除外されると)
パッシブファンドの売りやパッシブファンドの売りを見越した売り、
売りで値下がりしたチャートでの売りなど、
かなりの売り圧力になります。
(一部→二部の降格も同じです)

来年の225採用銘柄には、パイオニアと千代田化工は含まれません。
したがって、来年、225歳用銘柄を対象にストラテジーを作ると、
当然、パイオニアや千代田化工のキツい下げの値動きや、
その後のマネーゲーム的な値動きは考慮されません。

ゴリゴリにトレンドに逆らう(順張り的なパラメータを全く含まない)システムを組むと、
このような生き残れなかった銘柄の、検証上、(おそらく)不都合だが、
実弾運用では拾うであろう値動きを、最初から除外する可能性があります。


これを「生き残りバイアス」と呼びます。

私は、ベースとなるストラテジーは、
生き残りバイアスの可能性が高い母集団は使いません。

実弾運用しているベーシックなストラテジーは30〜40本くらいありますが、
「225採用銘柄」「TOPIX500」などを対象にしたストラテジーはゼロです。
1本もありません。

*ちなみにこのストラテジーは、8月の大型勉強会でストラテジーを公開します。
参加者でご興味のある方は楽しみにしてください。
ただし、私の注文だけでそれなりのマーケットインパクトが出ると思いますので、
そっくりそのまま運用するのは避けた方が良いと思います。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 05:13 | Comment(0) | 実践的ストラテジー理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

特殊な銘柄のトレンドフォローストラテジー完成

とある特殊な銘柄のトレンドフォローのストラテジーがほぼ完成しました。

とあるBO (2).jpg

ストラテジースペック
260勝170敗、PF5.91、合計損益41.5%、最大DD11.6%
(実質検証期間2010年〜直近)。

トレンドフォローにしては、高い勝率、高いPFです。

難を言うと、トレンドの変わり目で含み益を大きく減らしてしまっていることです。

これでもだいぶ決済条件は趣向を凝らしたのですがね…。
トレンドフォローの宿命で仕方ないのでしょうか。なかなか改善できません。

今年はこのように、
特殊な相場、特殊な銘柄、特殊な期間に絞ったストラテジーを
書くことが多いです。

以前も書きましたが、特殊なトレードは、何も考えずに検証すると
カーブフィットの可能性はもちろん高くなります。

ただし、最初にコンセプトがあり、コンセプトに従ってパラメータを当てていけば、
検証は速いし、カーブフィット度も抑えることができる
と考えています。

裁量でやっていて、明らかに期待値がプラスな値動きを、
一つ一つシステム化していく感じですね。

どうしてもチャートや検証だけだと、
煮詰まってきて、小手先のテクニックに走りがちです。
裁量はできるだけシステムトレードと重ならない分野を
トレードするように心がけているので、相乗効果があるのかもしれません。

この検証結果を今後の裁量に活かし、またシステムに還元できると良いです。

これ、11月の大型勉強会に提出するか悩みどころです。
他にも普通のストラテジーが書ければ、そちらを出そうかなと思います。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓頼むからクリックして!↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 紫苑 at 02:05 | Comment(0) | 実践的ストラテジー理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

IPOプライマリー戦略

IPO、取れるに越したことはありません。

それなりにお金を入れて、
何となく担当が買って欲しそうなものを買っています。
それでも私はそれほど「IPO、IPO」と担当に言わないようにしています。

支店に来るのは数が知れているでしょう。
支店から営業部に来るのも限られるでしょう。
営業部も何人もの営業マンがいます。
それに、私よりたくさんお金を入れている人もいるでしょう。

目ん玉が飛び出るようなIPOは、頂けるはずがないと思っています。

ただ、主幹事なら、
「〇〇、ちょっと考えてみてくださいねぇ」
程度の連絡はしてみます。

結果、配分があればオーバーに驚いてみせ、
何度も丁重にお礼を言います。

配分がなければ「全然気にしないでください」です。
(配分できなければ担当は謝ってきます)

間違っても「全然配分ないですね」などと圧力をかけることはしません。

私が店舗型の証券会社に回せる資金量では、
やっとこさ「泡沫投資家」のカテゴリーを外してもらえる程度です。
数億を入れて、活発に取引している上客ではないのです。

自覚するべきです。

それでも良好な人間関係を築いておけば、
何かの拍子に余った分を頂ける可能性は、
同レベルの客より少し高くなるのではないかと考えています。

そんなこんなで、IPOに力を入れている訳ではありませんが、
ここ半年で頂いたIPOは、

1887国土開発
…は取りやすかったようですが、

4444インフォネット

7678あさくま

と、まずまず満足できるものですね。

何より、担当と馬が合うのか、話をするのは楽しいです。

三菱モルガン、SMBC日興に口座を持っていましたが、
今週、大和にも開設してみました。

大和の担当者はどうでしょうか。楽しみです。

ということで、IPOプライマリは、資金力と人間関係構築力だと思います。
システムトレードとは別の能力が要求されます。

ツイッターやっています。
紫苑@システムトレーダー(@sion_trader)
フォローミー^^

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 紫苑 at 22:07 | Comment(0) | 非シストレ戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする