なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
株よりチョロい? ビットコイン関連のオススメ
ビットコインにマウントゴックスの「怪しい」イメージがあるなら、それはもったいない!
食わず嫌いをせず、騙されたと思って、BTCのファンダを学んでみてください。

 これでわかったビットコイン
ビットコインのファンダメンタル的な側面の理解が深まる本です。
理解しにくいビットコインのシステムや裏付ける技術を簡単に解説しています。

 1時間でわかるビットコイン入門
ビットコインの具体的な使い方や運用の仕方をわかりやすく解説した本です。
取り敢えず「買ってみる」ならこの本で充分です。

ビットコイン トレードグランプリ BitFlyer(ビットコインの取引所)
ビットコインのトレードならBitFlyerがダントツ
(管理人は主要なブローカーは全て開設し、比較・検討しました)
チャート見やすい、ツール使いやすい、出来高多い、手数料安い。
BF経由のネットショッピング(楽天市場など)でBTCの還元もアリ。
SBI、GMO、MUFG、電通、リクルートなどが出資しているので、資金的な裏付けも万全。

2017年05月27日

ビットコイン初心者へ:良書

ビットコインや暗号通貨関連の記事は、こちらのカテゴリににまとめてあります。

********************

前回、ビットコインを「利殖の対象」という曖昧な表現を使いました。

私のビットコインに対するスタンスは、
「年単位での保有する」一方で「売るために買う」ので、
投資とも投機とも言いにくいためです。

いつもやっているシステムトレードのような短期売買であれば、
投機対象の内容や詳細など、ほぼ無視して構わないのですが、
長期保有するのであれば、ファンダのチェックは絶対に欠かせません。

しかし、投資仲間に聞いても誰一人明確な答えを持っていないどころか、
良書すらわかりませんでした。

そこでとりあえず大型の書店に行き、まずは手当たり次第に立ち読み。
その中で良さそう本を何冊か買ってみましたのでご紹介します。

**********

「これでわかったビットコイン: 生きのこる通貨の条件」1080円

ブロックチェーンの仕組みについて簡単に理解できる本です。

ビットコインの信用を裏付けているのはブロックチェーンというシステムですが、
このシステムについて比較的簡単に解説してあります。

ネットワーク関連の内容なので、
どうしてもカタカナが並んで、素人では読みにくくなります。
この本はビットコインの専門用語(のカタカナ)には記号≪≫をつける工夫がされているので、
一般的なカタカナ(外来語)と区別ができ、理解を助けてくれます。

ビットコインへできうる可能性のある攻撃についても一般化して書かれているので、
ビットコインシステムの脆弱なポイントが理解できます。
システムへの信頼性はトレンドの強さや持続期間に、
脆弱性は暴落につながるので、この点への理解は重要です。

ただ、マウント・ゴックスの破綻についての記述がほとんどありません。
実際に起きた暴落への検証は大事ですから、これは別の本を読む必要があります。

**********

「1時間でわかるビットコイン入門」1080円

著者は「ビットポイントジャパン」という、ビットコインの取引所の社長です。

実際にビットコインを使ったり運用したりする方法について書かれています。
具体的な内容の本です。

ブロックチェーン(ビットコインを裏付けるシステム)についてはあまり触れられていません。

ブロックチェーンについて書き始めると内容が難しくなるし、
使うだけなら知っている必要は必ずしもないからです。
おそらく、著者は、ブロックチェーンは信頼に足る技術なので、
一般の人には必要ない知識だ判断したのでしょう。

私は、長期に保有(使用)するのであれば、
ファンダ的な裏付けの理解は必要だと考えます。

ファンダ的なことを知らなければ、
バックグラウンドがわからなければ、何か問題が起きたとき
…たとえば暴落したときに、原因は何か理解できないので、
どう対応するのが適切なのかわからないからです。

先に紹介した「これでわかったビットコイン」と併せて読むと理解が深まります。

**********

以上、良書の紹介でした。
知らないでおくにはもったいないと思います。
食わず嫌いではなく、本だけでも読んで、判断するのが良いのではないでしょうか。

マウントゴックスについては、別に記事を書きます。

オススメのビットコインブローカー:BitFlyer
チャート見やすい、ツール使いやすい、出来高多い、手数料安い。
(管理人は主要なブローカーは全て開設し、比較・検討しました)

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

2017年05月26日

【トレード成績】2017年5月4週目

【トレード成績】2017年5月4週目
今週の利回り:+4.43%
年初からの利回り:9.7%(完全複利で運用)

先週今週で行って来い。
久しぶりに気持ちよく勝てました。
こんな週が続くと楽しいのですが、最近の相場は苦しい期間が長いですね。

今年もサボることなく検証を継続中です。

ここ数ヶ月の成果として

・スイングタイプの空売りを2本追加
・トレンドフォローを全面的に改修
・新しい切り口のシステムを開発中(共同開発なので詳しく書けない)

こんな具合です。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

posted by 羽月 庵 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレード成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

防衛銘柄、裁量で買うか?

戦争前夜のような雰囲気は、一旦、後退したように見ます。

ただ、北朝鮮は軍拡を続け、22日の中距離弾道ミサイルの発射成功で、
おそらく少なくともハワイを射程に入れました。
いつまでアメリカが我慢しているでしょうか。

一時噴いた防衛銘柄、今は落ち着いている印象です。
しかもまずまず底堅い動き。

個人的には今が買い時なのではないかと思います。

4月に噴いた防衛銘柄の代表的なものを挙げておきます。
6208石川製作所(防衛・戦争といえば石川製作所ですね)
4274細谷火工、6203豊和工業、7963興研、6911新日本無線、
8093極東貿易、6946日本アビオニクス、7721東京計器

まぁ裁量ですけどね。
小遣い程度、突っ込んでおきます。

↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 にほんブログ村 株ブログへ

posted by 羽月 庵 at 03:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする