なぜ株価は値上がるのか?(矢口新)
なぜ株価は上がるのか。業績が良い?材料が出た?…違います。
投資と投機の違いはわかりますか。
株価の値動きには振幅(ノイズ)と傾き(トレンド)があるのは知っていますね。
では振幅と傾きを作るものは何でしょうか。
そして私たち(システムトレーダー)は何を利益の源泉にするべきでしょうか。
システムトレードの本ではありませんが、システムトレード以前の「トレードの基本」が書かれています。
相場の本質の理解が深まる必読の一冊。
システムトレード発見のポイント(斉藤正章)
システムトレードには利益の出る“型”があるのは知っていますか。
例えば、暴落の逆張り。例えば、デイトレの空売り。押し目買い。
全ての方を独学で一から作りますか。
また、それぞれの“型”には、絶対に外してはいけない条件式があります。
型に必須の条件式、全部自分で見つけますか。
この本には、このようなことが書かれています。
究極の検証ソフト「システムトレードの達人」
システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com システムトレードの達人システムトレードの達人 | fx-on.com
発売当初から、10年以上、愛用しているソフトです。
個別株のシステムトレードをするなら資金量を考慮できるソフトでなければ使い物になりません。 シス達はもちろん資金量を再現できます。
「手数料考慮」「ザラ場指値、寄り指」「動的フィルター、静的フィルター」「ダウや日経など指数によるフィルタリング」「ドテン売買」「複数ストラテジーの同時検証」「ストップ安、ストップ高の除外」「空売りや成行注文の際の資金枠の拘束」など、実際のトレードに極めて近いバックテストが可能 です。
驚くべきはサポート体制。例を挙げると「バージョンアップ無料」「追加して欲しい指標や機能の要望OK」「定期的なユーザーどうしの交流会」。
ソフトの内容、サポートの体制を考えると、「システムトレードの達人」を超えるソフトを作るのは、かなり難しい と思います。

***シス達ユーザーの方、フェアトレードや西村剛さん経由でお越しの方へ***
「システムトレーダー・オブ・ザ・イヤー2017」グランプリを受賞しました。
フェアトレードの諸先輩方からの教えを後輩の皆さんにお伝えするべく、筋肉質なストラテジーを効率的に作るための特典をご用意しました。
応募要項はこちらに書きましたので、ご興味のある方はご覧ください。

2018年03月29日

「官僚は死んでも構わない」

前回のエントリーで、
丸川珠代氏の質疑の際の、佐川さんの答弁を紹介した。

「連日連夜、朝までという日々でございまして…
本当に休むこともできないような…
月曜日から金曜日まで毎日ご質問を頂いている中で、
全くそういう(答弁を変更する)余裕がなかった」


見過ごせない重要な答弁だ。

希望だか立憲民主だか(どうせ民進党)の山井と柚木が、
泣き芸(質疑中に泣き真似をした)までして反対した裁量労働制。
「働きすぎで死人が出る」と例によって、
切り取り、印象操作、誤読の「反対ありき」の質疑だった。

おいおい。どの口が言う。
「連日連夜、朝までという日々でございまして…
本当に休むこともできないような…」
それとも、官僚や役人には死人が出ても構わないのか?

二枚舌。

天下り斡旋&買春常習犯のビーチ前川や
詐欺で立件中の籠池の吐く言葉は無条件で信じるのに、
総理、閣僚、官僚、証人の佐川さんの答弁は一切信じない。


ご都合主義。

火のないところに煙を立て、
国会を空転させ、官僚を疲弊させる。
実際に死人も出た。

切り取り、捏造、印象操作の報道をもとに国会質疑。
その質疑の長い答弁の一部を切り取った印象操作の報道からの国会質疑。
悪意に満ちたスパイラル…が、この1年以上の野党とマスコミ。

殺し文句は「疑惑は深まった」

どうやら彼らは自分たちこそが常に正しく、
事実が自分たちの思うものではなかったという思考に至れない
らしい。
道端にひっくり返っている駄々っ子か? ┐(´д`)┌

希望?立憲民主?共産?
こんな連中に誰が投票したの。



↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 紫苑 at 23:19 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

無能を晒した野党と無双だった佐川氏

佐川さんが喚問された。

youtubeでノーカットをほぼ全て見たが、
 #自由党の森裕子や立憲民主の陳や辻元などの質疑も
 #吐きそうになりながらも一応見た
佐川さんの優秀さ(答弁能力の高さ)と、
野党の無能さが好対照に光る証人喚問だった。

佐川さんが「ビーチ前川化」することだけが心配だった が、杞憂に終わった。

まとめると

総理と夫人の関与:「一切ない」(去年の焼き直し)
改竄:「訴追される可能性があるので話せない」


以上。

新しい証拠もないのに、
やっただろ!やっただろ!やっただろ!
怪しい!怪しい!怪しい!
…アホか?

国会質疑は詰め将棋だからね。
詰むように逆算して、質問を組み立てていかないといけないの。
憶測と思い込みからは何も生まれないの。
アホだから理解できないのかもしれないけど。

それでもどうしても総理と夫人に関係づけたい野党はまだ続けるそうだ。
無理筋で無能ぶりを晒すだけだからお止めなさい。
どうしてもやりたいなら、辞職して、朝日新聞の紙面ででもやってください。

森友に関しては維新も何かおかしい。
論理的ではない。何かあるのかと勘ぐりたくなる。

今回の証人喚問で最も印象に残ったのは、
丸川珠代氏の質疑での佐川さんの答弁。

丸川「答弁を変更せずに文書の書き換たのか」

佐川「連日連夜、朝までという日々でございまして…
本当に休むこともできないような…
月曜日から金曜日まで毎日ご質問を頂いている中で、
全くそういう(答弁を変更する)余裕がなかった」


この答弁を聞いて、私は溜飲が下がった。
このことについては、明日、別の記事を書く。



↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 紫苑 at 23:36 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

バカ丸出しの森友追求

森友問題で、
「安倍総理や昭恵さんの関与があった」って
頭悪いのか?

財務省が削除した部分をきちんと読んでみろ。
政治家の関与など微塵もないのがわかる。

値引きの件なら、
隣の辻元清美が関わっている野田中央公園の値引きは
どうなんだ。

野党は詐欺師(籠池)の話を聞いて何をしたいんだ。
昭恵さんを喚問して何か解決するのか。

全部1年前に終わった話。

新しいのは、
「財務省が、佐川 さん(←敬称は追記) の答弁に合わせて
役所ぐるみで公文書を改ざんした」
だけ。

倒閣したいだけで、ネタなんて何でもいいのだろう。
倒閣やるなら論理的にやれ。

アホか。

国民をバカにするのも大概にしろよ。


**********

この件は、去年から、維新の会も珍しく論理構成がおかしかった。
何かあったのかと疑いたくなる。
認可したのは橋下徹だから何かあるのか。



↓クリックして応援して頂けるとうれしいです↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 紫苑 at 07:20 | Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする